nojima

地域社会に向けた取り組み

<<サステナビリティの取り組みに戻る

地域・社会貢献活動

方針

「社会に貢献する経営」を経営理念に掲げ、地域社会の発展に貢献するという目的から、5分野のスポーツに支援することで、地域・社会貢献活動を実施しています。また、地域社会の一員として、職業体験を通じて、お子様の成長を積極的に支援しています。

地域・社会貢献活動の取り組みと実績

デジタル振興基金

昭和59年より、社会貢献活動の一環として、出店している地域の自治体へ毎年省エネ製品と家電等を寄付しております。その他、LED製品の普及を業界に先駆けて進めたり、神奈川県庁と連携して店舗駐車場に電気自動車の充電スタンドを設置する等の活動をしております。

寄贈実施年度 寄贈物品 寄贈額 寄贈先自治体数
2020年度 マスク(200万枚)/防護服(400着)/4Kテレビ(50インチ) 1億円(相当) 9都県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨木県・静岡県・山梨県・長野県・新潟県)
2019年度 4Kテレビ(49インチ/55インチ)/電池(単三、単四)/健康器具/電卓/ICレコーダー/LED電球/OAタップ/SDカード/ドライブレコーダー/蓄電池 5,800万円 115
2018年度 4Kテレビ(49インチ/55インチ)/蓄電池/翻訳機 5,400万円 108
2017年度 防災セット/ポケットラジオ/ロボットクリーナー/LEDデスクライト等 5,100万円 100
2016年度 電池(単三、単四)/IHクッキングヒーター/コンベクションオーブン/43インチテレビモニタ/水/洗濯機/ダンスステーション 4,200万円 99
2015年度 LEDデスクライト/LEDシーリングライト/USBポート付ACチャージャー/シンプル電話機 2,300万円 84
2014年度 LEDモニターテレビ(19インチ) 3,000万円 82
2013年度 ポータブルAC電源/コンパクトソーラーライト 1,400万円 85
2012年度 扇風機/LED電球 2,782万円 83
2011年度 コンパクトソーラーライト/LED電球 4,068万円 76
2010年度 電動スクーター/LED電球/電球型蛍光灯 2,300万円 67
2009年度 電動スクーター/LED電球/電球型蛍光灯 1,440万円 55
2008年度 IT振興券(※) 600万円 42
2007年度 IT振興券(※) 182万円 38

(※)IT振興券・・・店舗で額面相当の商品と引換え可能な金券

ノジマメガソーラーパークの整備

メガソーラー
相模原市と共同でメガソーラー(大規模太陽光発電所)を整備し、平成26年より運転を開始しました。愛称使用料として年額100万円を市に納付するとともに、売電収入の5%相当額もあわせて納付させていただきます。これらは、地球温暖化対策推進基金として積み立てられ、地球温暖化対策を支援するための財源としてご活用いただくこととなっております。

「横浜型地域貢献企業」に認定

横浜型地域貢献企業の認定

横浜型地域貢献企業に2012年3月12日に認定されました。
「横浜型地域貢献企業認定制度」は、横浜市によるCSR認定制度です。地域貢献の視点で雇用や環境などの事業活動に取り組んでいる企業を、一定の基準のもとに「横浜型地域貢献企業」として認定するものです。当社の、横浜市を中心とした地域におけるCSR・社会貢献に関する数々の取り組みが高く評価され、「最上位認定」を取得いたしました。

「スポーツで日本を元気に!」

ノジマのスポーツ支援

スポーツを通じた地域活性化や文化振興活動として、神奈川県内初のなでしこリーグ入りを目指し、女子サッカーチーム「ノジマステラ神奈川相模原」を設立。また、「ノジマ相模原ライズ(アメリカンフットボール・Xリーグ)」、「横浜DeNAベイスターズ(プロ野球)」など、地元・神奈川県のチームを中心にスポンサー契約を締結し、積極的な支援を行っています。
また、2016年4月には、ゴルフのシニアツアーの活性化と、地元・神奈川県箱根町への貢献の観点から、「ノジマチャンピオンカップ箱根シニアプロゴルフトーナメント」を主催することとしました。
今後もスポーツを通じて、地域を、日本を元気にできるよう、様々な試みを行ってまいります。

「スポーツを通じた地域・社会貢献」

ノジマステラ神奈川相模原の活動

子会社が運営する女子サッカーチーム「ノジマステラ神奈川相模原」は、赤い羽根共同募金の活動への協力や、地域イベントへの参加等、主に地元・ホームタウンの相模原市を始め神奈川の皆様とのふれあいを通じた地域・社会貢献を行っております。・ノジマチャンピオンカップ箱根シニアプロゴルフトーナメントを平成27年に発生した箱根山の火山活動により、観光客減などの影響があったことを受け、以来「箱根の街を元気に!」をコンセプトに開催しております。・スポンサーとして支援しておりますアメリカンフットボール・Xリーグ1部に所属する「ノジマ相模原ライズ」は、相模原市内を中心に、地域清掃活動やイベントへの参加や小学校でのあいさつ運動に積極的に取り組んでおります。

「お子様を対象に職場体験学習を実施」

職場体験学習

ノジマで働くことを通じて、職業や仕事の実際について体験したり、スタッフやお客様と接したりすることで、勤労観や職業観を育み、進路や物事の決定に必要な能力を身に付けることができます。
より店舗を身近に感じていただくことはもちろん、地域社会の一員として、今後も様々な企画で、将来の担うお子様の成長を応援していきます。

「ニフティで情報モラル授業を実施」

情報モラル授業

グループ会社のニフティでは、2008年6月から「インターネットを安全に使うために」というテーマで、小学校向けに情報モラル教育の授業を行っています。
また、主に小・中学生を対象とした子どものためのサービス「キッズ@nifty」では、情報モラル教育授業で使用している教材や、教材に授業を進行する音声を付けた動画を公開しています。
そのほかにも子どもの悩みに子どもが答える「キッズなんでも相談」や、インターネット利用時のルールやマナーを紹介するコンテンツなどを提供し、子どもたちの安心・安全なインターネット利用を支援しております。

主な地域・社会貢献活動

■新型コロナウイルス関連
■災害等への対応
■地域活動への協賛等
  • 横浜市消防音楽隊応援スポンサー(2021年4月~)
    https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/shobo/shokainado/ongakutai/05.html

    横浜市消防音楽隊協賛事業紹介動画にて紹介されています。

  • 小中学生向けキャリア教育教材『おしごと年鑑2021』に協賛(2021年6月発行)
    ノジマのコンサルティングセールスの仕事内容についても掲載されています。
    おしごと年鑑2021
  • ニフティ、夏休みに小学生親子向け「情報モラル授業」をオンラインで実施
    ~インターネットやSNSの正しい使い方を学び、家庭でのインターネットルールを作成~(2021年7月)
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000178.000023383.html
    情報モラル授業
  • 全国初!産官学連携環境プログラミングコンテスト 「さがみはらエコ・プロちゃれんじ」を支援(2021年1月)
    https://www.nojima.co.jp/news/category/info/57840/
  • 相模原市、日産自動車、東京電力と共に電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結(2021年1月)

    相模原市災害連携協定締結式
    相模原市災害連携協定締結式

  • キッザニア東京 ノジマ出展『家電専門店』パビリオンオープン(2020年9月)
    https://www.nojima.co.jp/news/category/info/57585/

    キッザニア東京への出展
    キッザニア東京への出展

  • 小学生を対象にプログラミングワークショップ「プログラミングキャンプinYOKOHAMA」を実施(2019年7月)
    https://www.nojima.co.jp/news/category/info/22027/
  • 神奈川県警察と共同で 振り込め詐欺対策会を実施(2018年11月)
    https://www.nojima.co.jp/news/category/info/11390/
  • みなとみらいスマートアートフェスティバル 実行委員会として参加(2018年~)
  • 神奈川県の小学生を対象にした絵画コンクール「かながわ夢絵コンテスト」企業サポーター(2018年~)
    https://yumecon.net/

    かながわ夢絵コンテスト
    第25回 かながわ夢絵コンテスト

  • みなとみらいさくらフェスタへの協賛(2016年~)
  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団への協賛(2016年~)
  • 横浜ビジネスグランプリへの協力(2013年~2019年)
    http://www.idec.or.jp/kigyo/ybg/2013/gaiyou.html

<<サステナビリティの取り組みに戻る

TOP