nojima

コンプライアンス

<<サステナビリティの取り組みに戻る

方針

法令順守宣誓書

ノジマグループは、コンプライアンスの徹底を重要課題と認識し、グループにて、「内部通報制度」を活用し、問題を早期に発見し、適切に対処しています。「リスク管理規程」「コンプライアンス規程」その他関係規程に従い、グループ全体のコンプライアンス体制を推進。取り組んでいます。

コンプライアンス推進体制

コンプライアンス推進体制図

当グループは、コンプライアンスを担当する取締役兼執行役員と専任の部署コンプライアンスグループを設置し、全社グループのコンプライアンス状況の把握と、問題が発生した場合の対策を迅速に実施できる体制を構築しています。毎週、コンプライアンスを担当する取締役兼執行役員が委員長を務める懲戒委員会を開催し、コンプライアンスに関する情報を共有しています。また、コンプライアンスグループが把握する情報は、定期的に内部監査室へ報告しています。
内部通報制度を設置し、全スタッフが安全にかつ迅速に報告できる体制を維持しています。

コンプライアンスの取り組みと実績、計画

  • 全従業員を対象に、「コンプライアンステスト」を毎月実施しています。
  • 社内の学習ツールで「ハラスメント防止対策」や「内部通報制度」に関する動画を配信しています。

内部通報制度

  • 内部通報制度の体制、周知と安心できる利用(匿名性、通報内容のレポーティングライン、改善の仕組みなど) ※産業医への報告を含む
    当社では、「オープンで公正」「社会に貢献する」という経営理念の基、ノジマグループ全従業員やその家族から内部通報を受け付ける「ノジマグループ共通ホットライン窓口」を設置しています。不正の早期発見と再発防止策を講じることをとおし、法令遵守はもとより、社会的規範をまっとうし、倫理観を高く保ち、お客様のニーズに合致した商品・サービスの充実に取り組んでまいります。
  • 2020年度の内部通報件数は211件あり、内容に応じて懲戒委員会を開催し、懲戒社報での情報共有と再発防止に努めています。
  • 消費者庁の内部通報制度認証に2019年10月18日に登録しました。

WCMSロゴ

<<サステナビリティの取り組みに戻る

TOP