お知らせ2018年8月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界初!! 電波漏洩対策助成金制度の店頭受付開始

~新4K8K衛星放送に向けたご準備はお済みですか~

株式会社ノジマ(神奈川県横浜市、代表執行役社長・野島廣司、URL:http://www.nojima.co.jp/、以下「ノジマ」)は、新4K8K衛星放送で新たに使用される中間周波数帯に対応した取付工事の助成金対象の工事の受付を8月1日から開始いたしました。

新4K8K衛星放送を視聴するには

新4K8K衛星放送を視聴するには

※一般社団法人 放送サービス高度化推進協会(A-PAB)

2018年12月1日から新4K8K衛星放送が開始いたしますが、2018年4月1日より、左旋を受信する設備の漏洩基準を定める法令が改正されました。
それに伴いすべての新4K8K衛星放送を視聴するためには、「3224MHz」に対応したテレビ受信設備(ブースター、分配器、分波器、テレビ端子)が必要となります。しかし、現在使用している既存設備では電波が漏洩し、既存の無線サービス等(無線LAN等)へ干渉が生じることが懸念されております。

アンテナ

このため、不適切な受信設備を改修し、対策を進めるために、一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)が国の補助金を受け、助成支援行っております。
今回ノジマでは、業界で初めて、中間周波数漏洩対策助成金交付の受付をノジマ全店の店頭で開始いたします。

電波漏洩対策 助成金制度とは?

新4K8K衛星放送(左旋円偏波)の中間周波数帯(BS/CS-IF)の電波が漏洩し、既存の無線サービス等(無線LAN等)へ干渉が生じることが懸念されています。このため、電波が漏れる不適切な受信設備を改修し、電波漏洩による他の無線サービス等への干渉を防止する対策を進めるものです。
A-PAB では、国の補助金を受け、改修に要する経費の一部を助成するなどの支援を行います。

電波漏洩対策 助成金制度

※一般社団法人 放送サービス高度化推進協会(A-PAB)

実際の助成金制度には、対象範囲や適切な工事のための様々な条件があります。
詳しくは、A-PABのホームページ(https://if.apab.or.jp/)、電波漏洩対策コールセンター※1 (0570-048-068)、または当社までお問合せください。

※1電波漏洩対策コールセンター(ナビダイヤル:通話料視聴者負担)
電話番号:0570-048-068   ※平日9:00~17:00(12月29日~1月3日はお休み)

関連情報

新4K8K衛星放送概要

一般社団法人 放送サービス高度化推進会ホームページ
http://www.apab.or.jp/

A-PAB公式動画ページ
https://www.youtube.com/watch?v=PsDqXJcr84k

総務省公式動画ページ

https://www.youtube.com/watch?v=W2ICa3bfPQI

取り扱い店舗

ノジマ全店

http://www.nojima.co.jp/shop/

ノジマは、今後も事業展開させていただいている地域と共に歩み、お客様の快適な生活のサポートになるよう努めてまいります。

<本件に関するお問合せ先>
株式会社 ノジマ 
人事総務部 総務グループ
広報担当 田中
取材・お問い合わせ窓口
URL: http://www.nojima.co.jp/corporation/massmedia/