暖房器具の違いは何ですか?

更新日時 : 2019-02-05 18:34

この質問に対する回答

暖房器具の違い

一言に暖房器具と言っても、電気で暖めるものや石油で暖めるものなど、様々な種類があります。

代表的なものをまとめてみました。

エアコン

エアコンは外気の熱を吸い取って部屋の中へ送ることで、部屋を暖めます。

本体金額は取付工事も必要になるため高いですが、省エネ性能や暖房性能がとても高いのが魅力です。

もちろん冷房も使え、機種によっては空気清浄や除湿、加湿まで出来るものもあり、高性能な空調機器と言えるでしょう。

電気ヒーター

電気ヒーターは輻射熱を利用し暖房器具から赤外線を放射することで、太陽光に照らされているように、当たっている部分を温めます。

部屋全体を暖めることは出来ませんが、持ち運び可能なのでいろんなシーンでお使いいただけます

基本的には本体価格は安いものが多いですが、大きな力を使うため電気代が高くなります

また、近くにカーテンや衣類のような布製のものなどがあると燃えてしまう可能性があるので、十分な注意が必要です。

オイルヒーター

オイルヒーターは空気を暖め、暖まった空気を循環させることで、じんわりと部屋を暖めます。

電気代が高い点と、部屋全体が暖まるまで時間がかかってしまうのが難点ですが、ヒーター自体はほとんど熱くならないのでお子様やペットのいる部屋でも安心です。

石油ファンヒーター

石油ファンヒーターは石油の力で熱を生み出し、ファンでその熱を拡散させ、部屋を暖めます。

部屋が暖まるスピードは速く電気代自体は安いですが、石油がないと使用できず、石油を買う手間とコストがかかります。

また火を使うため、吹き出し口に物を置かない、換気をする、などの注意が必要です

火事や、一酸化炭素中毒になる危険性があります。

※実際に石油ファンヒーターによる事故は多く発生しています。

そのため、安全性の観点から、ノジマでは現在取り扱いしておりません。

併用して使う方法

他の暖房器具と組み合わせて使うことで、効率よく暖をとる事ができます。

例えばエアコンとホットカーペットを組み合わせると、設定温度を上げなくても心地よい暖かさが得られます。

また、冷房と同じように扇風機やサーキュレーターで空気を循環させると、効率よく部屋全体を暖めることができます。

まとめ

まとめるとこのようになります。

ライフスタイルにあった製品を選んで、冬も快適に過ごしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この回答は役に立ちましたか?

この情報で解決できなかった場合

店頭で相談する

家電に関するご相談は、お近くのノジマ各店舗までお気軽にお問い合わせください。商品知識や経験の豊富なスタッフが、お客様のご要望に合わせて丁寧に対応いたします。

店舗案内

よくあるご質問

検索機能から直接キーワード検索をしていただくか、各分類カテゴリ、製品カテゴリからの絞り込み機能をお試しください。

よくあるご質問トップ