【2019年10月から】携帯解約金9,500円が1,000円以下に!?本当に乗り換えしやすくなるの?

更新日時 : 2019-07-20 13:40

この質問に対する回答

通信料金と端末代金の完全分離型の改正電気通信事業法の第二弾が発表されました。政府の出した抜本対策として、解約金を9,500円から上限1,000円以下にすると示しました。
今夏に答申をまとめ、秋までに省令を改正すると日本経済新聞が報じました。

携帯解約違約金とは、いわば「2年縛り」と呼ばれるもので、2年間の自動更新での契約において「途中解約すると9,500円の違約金がかかる」というものです。

9,500円が1,000円以下になれば、本当に乗り換えしやすくなるのでしょうか?まとめました。

政府の目的とは?

まず、なぜ今まで9,500円と高額だった解約違約金を大幅に値下げるのでしょう?
それは、違約金を下げることにより、他社への乗り換えの間口を広げることが目的です。

今までの携帯料金は各社様々なプランがあり、更に違約金がネックとなり、
消費者には、「わからないから、このままでいいや」と諦めさせてしまうことが多くなってしまうことがありました。

そこの間口を広げることにより、乗り換えする抵抗感をなくし、適正な競争をさせることにより、
今までわかりづらく、端末の値引きにかけていた原資が通信料金だった為、
通信料金が高額になる問題などの携帯市場の歪みを正していく目的があります。

乗り換えしやすくなる?

解約違約金が安くなれば、他社への乗り換えも抵抗なくできます。
プランもほぼ横並びになったので、消費者に合った携帯会社を選べるようになります。

3キャリアのプランの違いはこちらをご参考ください。

【2019年版】携帯会社、新プランどれが一番安いの?タイプ別に解説!

法改正でのデメリットは?

良いことばかりではなく、デメリットも考えられます。料金は安くなっても、新プランは端末代金が別料金になります。

iPhoneに関しては一括にすると10万円近い金額。分割にしたとしても下取りが必須で半額、または2/3の料金。
更に通信料金に上乗せされていた、かつての値引き分の原資がなくなる為、2万円程安くなる可能性があります。

ただし、これらの支払いをしている間は、乗り換えをすると解約違約金とは別に端末代金の残債分が請求されてしまいます。
その間に解約すると解約違約金が安くなっても、端末の残債分が乗り換えを阻んでしまう可能性があります。

結局2回の法改正で消費者は安くなるの?

端末代金+通信料金の完全分離型となった新プラン。各社プランもシンプルになり、計算はしやすくなりました。

乗り換えにおいての解約違約金も高額だったものが少額になり、乗り換えの敷居も低くなりました。

そうしたことで消費者にとっては安くなったのでしょうか?

答えはわかりません

なぜなら、携帯電話は使用されるお客様によって千差万別なのですから。

では、消費者はどうすれば良いのでしょう?

是非、お近くにノジマがあるかたは、近隣のノジマへご相談ください。
お客様に見合った最適なプランをご案内させて頂きます。

お近くの店舗を検索いただけます
店舗案内

※記事は2019年6月8日のものです。表記は全て税抜きです。

この回答は役に立ちましたか?

この情報で解決できなかった場合

店頭で相談する

家電に関するご相談は、お近くのノジマ各店舗までお気軽にお問い合わせください。商品知識や経験の豊富なスタッフが、お客様のご要望に合わせて丁寧に対応いたします。

店舗案内

よくあるご質問

検索機能から直接キーワード検索をしていただくか、各分類カテゴリ、製品カテゴリからの絞り込み機能をお試しください。

よくあるご質問トップ