一人暮らしや新生活スタートでの準備や手続きとは?引越ししない方も見直しでお得になる事も!

公開日時 : 2019-03-14 16:00
更新日時 : 2019-08-25 11:28

もうすぐ始まる新生活。

初めての一人暮らしや久しぶりの引越しなどで、何をすればいいかお困りの方も多いのではないでしょうか。

また引越しはしなくても、インターネットなどの料金を見直すには良い時期です。

そこで今回は、新生活に必要なものやインターネットの見直しについてご紹介します。

引越しの際必要な手続きは

引越しの際は、以下のような手続きを行なう必要があります。

 

(1)引越し前に行う手続き

□ 転出届:現住所の市区町村役所で転出届を出して転出証明書を受け取る。転出14日前~転入後14日以内

□ 郵便物の転送届:郵便局で提出、またはインターネットで手続き

□ 電気の移転:契約している電力会社へ電話またはインターネットで手続き

□ ガスの移転:契約しているガス会社へ電話またはインターネットで閉栓を依頼

□ 水道の移転:水道局に電話またはインターネットで使用停止を連絡

□ 金融機関の住所変更:銀行、クレジットカード、各種保険など、各社が定めた方法で手続き

□ NHKの住所変更:NHKホームページまたは電話で手続き

□ 携帯電話の住所変更:ホームページまたは電話、窓口で手続き

□ インターネットの移設:プロバイダーへ移転の連絡

 

(2)引越し後に行う手続き

□ 電気の使用開始:ブレーカーを上げ「電気使用申込書」に必要事項を記入し投函

□ ガスの利用開始:立会いのもと開栓

□ 水道の使用開始:「開始申込ハガキ」に必要事項を記入し投函

□ 転入届:引越し日から14日以内に、転出証明書・印鑑を準備し市区町村役所へ

□ マイナンバーの変更:転居先の役所にマイナンバーカードまたは通知カードを提出し記載内容を変更

□ 運転免許証の住所変更:転居先の管轄警察署または運転免許センターで手続き

参照元:@ニフティIT小ネタ帳

思ったよりたくさんの手続きがありましたね。

チェックリストになっているので、ぜひご活用ください。

新生活で準備しておくべきものは

新生活では家具や家電、日用品など、必要なものはたくさんあります。

しかし、予算の関係ですべてを一度にそろえるのは難しいですよね。

そこで、「ないと生活に困るもの」「あれば便利なもの」「それ以外で欲しいもの」など、優先順位を付けてみることをオススメします。

家具

(1)ないと生活に困るもの

□ 寝具(ベッドまたは布団など)

□ カーテン:ないと、外から部屋の様子がわかってしまう。

(2)あれば便利なもの

□ ソファ

□ 椅子、テーブル

□ 収納

家電

(1)ないと生活に困るもの

□ 冷蔵庫

□ 洗濯機

□ 照明器具

□ レンジ:お弁当やお惣菜、冷凍食品と活躍の場は多い。

□ 炊飯器

(2)あれば便利なもの

□ テレビ:特に一人暮らしでテレビがないと、静かすぎて寂しいと思われる方も。

□ 電気ケトル

□ 掃除機

□ アイロン:ワイシャツなどをその都度クリーニングに出すのは大変。

□ ドライヤー:特に髪の長い方はとても便利。

□ シェーバー

もちろん生活スタイルなどによって、自炊はしないから炊飯器はいらないなど、必要な家電は変わってくると思います。

自分の生活に必要なものからそろえると、無理なく新生活を始められます。

家具や家電の選び方

家具や家電は決して安い買い物ではないので、失敗はしたくないものです。

特にサイズには注意して選ぶ必要があります。

例えばベッドやソファを大きいサイズにしたら、思った以上に圧迫感があったり、他のものが置けなくなった、なんてよく聞く話です。

また家電に関しては、コンセントやアンテナ線の位置から置く場所がある程度決まります

部屋や家具家電のサイズをしっかり測って、最適なものを選びましょう。

家電は以下の点も注意すべきポイントです。

冷蔵庫

自炊をするかどうかで、必要な容量が異なります。

作ったものを冷凍したり、冷凍食品を利用する方は、冷凍室の大きさもチェックしておきましょう。

また、冷蔵庫には直冷式とファン式という種類があります。

ファン式ならいいのですが、直冷式だと冷凍庫に霜がついてしまい、お手入れが大変です

小さいサイズの冷蔵庫を選ぶ場合は、注意が必要です。

洗濯機

日本の家の多くは、縦型の洗濯機を置くことを想定して作られています。

そのため、ドラム型の洗濯機を選んだ場合、たとえ置くスペースがあったとしても、ドアが開かなかったり、洗濯物の出し入れが窮屈になることがよくあります。

ドラム型洗濯機を選ぶ場合は、本体サイズの他に、ドアを開いた時のサイズなどの確認も必要です。

電子レンジとオーブンレンジとトースター

レンジには、電子レンジとオーブンレンジがあります。

電子レンジは温めのみ、オーブンレンジは温めのほか、焼くことができます

オーブンレンジは電子レンジとトースターの機能を持っているので省スペースになりますが、トーストをよくされる方は注意が必要です。

オーブンレンジの性能にもよりますが、基本的にはトースターで焼くより時間がかかり、途中で裏返しが必要なものもあります。

 

ノジマでは詳しい製品のご案内や、お得な新生活セットをご用意しております。

お気軽に店頭スタッフへご相談ください。

お近くの店舗を検索いただけます
店舗案内

ノジマオンラインでも、さまざまなセットをご用意しております。

お得な新生活セット2019

インターネットの契約

インターネット契約も、重要度の高い項目です。

インターネット回線には、大きく固定回線モバイル回線の二種類があります。

固定回線

インターネット回線を自宅に通し、インターネットサービスを利用します。

光回線、ADSL、CATV(ケーブルテレビ)と種類がありますが、現在は光回線が主流です。

ケーブルテレビも視聴されている場合はお得になりますが、そうでない場合は光回線がいいでしょう。

回線を引くには工事が必要なので、1か月前にはお申込みを済ませておくと安心です。

月額では戸建で5,200円、マンションで4,200円がだいたいの相場のようです。

そのため、上記金額より上の場合、少し高いのかもしれません。

引越しをされない方も今いくらかかっているのか、見直してみてはいかがでしょうか。

お得に契約するには?

契約の際はキャンペーンを行っていることが多いので、そちらも確認してみましょう。

たとえば@nifty光であれば、キャッシュバックや各種割引が適応され、たいへんお得です。

高品質の「光回線」と「プロバイダー」がセットでご利用いただけ、オススメです。

さらに@nifty光をご契約いただくと、ノジマ店内商品8%OFFの特別優待実施中!

詳しくは下記ページをご確認ください。

 

◆固定回線は

 メリット:速度が安定している・速度が速い・使用制限がない

 デメリット:開通工事が必要ですぐに利用できない・工事費用がかかる(キャンペーンで無料になることもあり)

 オススメ:動画をよく視聴する方・ネットゲームをする方

モバイル回線

モバイルルーターという端末が電波を受信し、Wi-Fiを飛ばすことでインターネットを利用します。

ルーターがあればWi-Fiに繋げられるので、エリア内なら外でも利用できるのが特徴です。

プランによって毎月の使用データ量は異なりますが、ほとんどの場合3日間で10GBを超えると、速度制限がかかってしまいます

月額では4,000円前後が相場のようです。

 

◆モバイル回線は

 メリット:・初期工事がない・ルーターが届けばすぐ使える・場所を選ばず使える

 デメリット:光回線と比べ不安定・速度制限がある

 オススメ:メッセージのやり取りやインターネット閲覧が主な方

 

ノジマでは、お客様の環境で利用できるものをご案内できるので、比較しながら最適な回線をご提案いたします。

ノジマのキャンペーンもございますので、ぜひお気軽に店頭スタッフへご相談ください。

お近くの店舗を検索いただけます
店舗案内
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は役に立ちましたか?

ピックアップ

  • ニフティ光でキャッシュバック

    ノジマがおススメする高品質・高速な@nifty光

人気記事ランキング