お得感たっぷり! マイナンバーカードのポイント還元「マイナポイント」とは?

公開日時 : 2019-12-19 13:28
更新日時 : 2020-08-01 16:56

マイナンバーカードのポイント還元「マイナポイント」とは? TOP画像

「マイナポイント」はマイナンバーカードを利用したポイント還元事業。2020年9月以降に導入が予定されている、「25%のポイントが還元」されるお得な制度です。その全貌が明らかになるのはまだ少し先のこと。現状ではマイナポイントの手続きは複雑なので、思い立ったらスムーズに申込手続きができるように、マイナポイントの概要を理解しておきましょう。

消費増税対策の次の一手のマイナポイント

ポイント山積みのイラスト

マイナポイントとは、マイナンバーカードとスマホ決済を連動させて25%のポイント還元が受けられる、国の消費活性化策です。例えば事前に2万円チャージすると、5千円(25%)のプレミアム分のポイントが還元され、そのプレミアム分も含めて2万5千円分のショッピングを楽しめます。

この25%という数字。いかに高いかというと、例えば家電量販店などでもポイント付与率は最大10%超ですし、キャッシュレス決済サービスの一つ「PayPay」が実施している還元キャンペーンも最大20%と、なかなか見ることできない高い還元率と言えます。

ただし、25%還元というのは現段階で検討されている数値。ポイントが付与される条件や対象者、プレミアム率、ポイントの利用環境や使い道、有効期限など、具体的な内容は政府で検討されているところです。

2019年10月からの消費税10%引き上げに伴い、消費増税対策として「キャッシュレス・ポイント還元事業」が行われています。その還元事業が2020年6月に終了となり、その後の消費の落ち込みを防ぐ施策としてマイナポイントが注目されています。

このマイナポイントを利用するには、最初にマイナンバーカードの取得が必要です。

マイナンバーカードの交付状況は、総務省の発表によると、2019年7月の時点で全国127,707,259人に対し交付枚数は17,272,307枚と、全体の13.5%と低調です。

そのため、政府はこのマイナンバーカードの普及とキャッシュレス決済の拡大を目指して、マイナポイントをスタートさせます。

関連記事はこちら
【2019年12月版】20万円還元も!キャッシュレス決済とは?徹底解説!

マイナポイントを利用するにはマイナンバーカードが必須

マイナポイントを利用するにはいくつかの手順を踏む必要があります。

まず、マイナンバーカードを申請していない人は、お住まいの市町村窓口でマイナンバーカードを取得することが第1ステップ。パソコンやスマホ、郵送などの手段により、無料で申請できます。ここではパソコンとスマホの申請の流れを簡単にまとめてみます。

【パソコンによるマイナンバーカード申請の流れ】

女性がパソコンを操作しているイラスト

(1)交付申請書を用意し、パソコンでオンライン申請用サイトにアクセス
(2)申請書記載の申請書ID(半角数字23桁)、氏名、連絡用メールアドレスを登録
(3)デジタルカメラなどで顔写真を撮影し、登録アドレス宛に送られてきた申請者専用Webサイトにアクセスし、写真を登録
(4)さらに「生年月日」(※必須)、「電子証明書の発行希望有無」「氏名の点字表記希望有無」などを入力および選択して送信
(5)申請完了のメールが届けばOK

【スマホによるマイナンバーカード申請の流れ】

女性がスマホを操作しているイラスト

(1)交付申請書を用意し、記載されているQRコードをスマホで読み込み、オンライン申請用サイトにアクセス
(2)申請書記載の申請書ID(半角数字23桁)、氏名、連絡用メールアドレスを登録。なお、QRコードを読み取ってアクセスした場合、自動的にIDは入力済み(※変更不可)
(3)スマホで顔写真を撮影し、登録アドレス宛に送られてきた申請者専用Webサイトにアクセスし、写真を登録
(4)さらに「生年月日」(※必須)、「電子証明書の発行希望有無」「氏名の点字表記希望有無」などを入力および選択して送信
(5)申請完了のメールが届けばOK

大まかな流れはパソコン、スマホ共に大きな違いはありません。あとはマイナンバーカードが届くのを待つだけ。カードが届けば、マイナポイントを利用する準備の一つが完了です。

なお、総務省の見込みでは、ポイントの購入時期近くになるとマイナンバーカードの交付申請が混雑し、通常は申請から交付まで約1カ月で完了するところが、さらに時間がかかる可能性を指摘しています。早めに申請しておきたいですね。

マイナポイントの登録手順はちょっと複雑?

女性が困った顔をしているイラスト

次に、マイナポイント利用のため、専用のID「マイキーID」を申請・登録するのが第2ステップです。

マイキーIDの登録には

・公的個人認証サービス対応のスマホ、またはパソコン&公的個人認証サービス対応のICカードリーダー
・マイナンバーカード取得時に設定した「利用者証明用電子証明書暗証番号(4ケタ)」

の2点が必要となります。なお、iPhoneは(iOS)は現状では未対応ですが、今後対応予定となっています。

現在アナウンスされているマイキーIDの登録方法は、次の通りです。

スマホでマイキーIDの作成・登録を行う場合】

(1)公的個人認証サービス対応のスマホを準備
(2)Google Playから「マイキーマイページアプリ」を検索してインストール
※JPKI利用者ソフト(※公的個人認証サービスを利用した行政手続き等を行う際マイナンバーカードに記録された電子証明書を利用するためのもの)のインストールも必要
(3)アプリを起動し「マイキーIDの発行」をクリックしスマホでマイナンバーカードを読み取り、「利用者証明用電子証明書暗証番号」を入力
(4)マイキーIDが8桁の半角大文字英数字の組み合わせで自動生成。登録は完了

【スマホでマイキーIDの作成・登録を行う場合】

  1. パソコン&公的個人認証サービス対応のICカードリーダーを準備
  2. インターネットで「マイキープラットフォーム」を検索・表示して、「マイキーID作成・登録準備ソフト」をインストール
  3. 「マイキーIDの発行」をクリックしてICカードリーダーでマイナンバーカードを読み取り、「利用者証明用電子証明書暗証番号」を入力
  4. マイキーIDが8桁の半角大文字英数字の組み合わせで自動生成。登録は完了

マイナンバーカードにそれを読み取る端末など、事前に準備するものがいくつかありますので、忘れずに用意しましょう。

マイナポイントはマイキーIDで管理。IDを設定したら、マイナポイントの申込ページで、利用するICカード、スマホ決済などを選択。これで利用するICカードなどに現金をチャージすると、そこに25%分のポイントが付与されます。マイナンバーカードにポイントが貯まるわけではありません

またパソコンの推奨環境としては、

・Windows7/8.1/10
・ブラウザ:InternetExplorer11

とされています。ChromeやFirefox、Edgeなどのブラウザ、またiPhoneなどへの対応は、現在検討中のようです。Windows7も対応環境として入っていますが、今後サポート切れを迎えてしまいますので、そうなるとマイナポイント精度のスタートまでに外れてしまう可能性も考えられます。

サポートを十分に受けられるWindows10搭載のパソコンへの買い換えを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら
【2020年版】ノートパソコンのおすすめ9選|選び方や初心者向けPC、人気メーカーを紹介

マイナポイントの詳細はこれから!

お財布を持った女性がホクホク顔のイラスト

現状ではマイナポイントの手続きは複雑ですが、25%の還元はうれしい比率です。

ただし、現状ではマイナポイントの購入条件、購入対象者、プレミアム率、ポイントの利用環境や使途、有効期限等の詳細はまだ明らかになっておらず、具体的な内容は順次公開される予定です。マイキーIDをもっと簡単に設定できるアプリのリリースも予定されています。

なお、ショッピングで利用するマイナポイントは、キャッシュレス決済が前提となります。

最後にマイナポイントを利用するために必要なものをまとめておきます。

  1. マイナンバーカードの申請・取得
  2. マイナポイントを管理するマイキーIDの登録
  3. ID登録に必要な対応スマホまたはパソコン&対応ICカードリーダー

手続きの最初に必要なマイナンバーカードは、身分証明書としても便利なカード。通知カードのままのかたも多いのではないでしょうか。

まだ手元にない人はこのマイナポイントの利用を機に、マイナンバーカードを申請してみてはいかがでしょうか。

※記事内容は2019年12月現在の情報を基に作成。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は役に立ちましたか?

ピックアップ

  • ノジマあんしん出張設定サポート

    パソコン・スマホのお困り事は出張設定で解決いたします!

  • ネットでお買い物するならノジマオンライン

    ネットでお買い物するならノジマオンライン

  • ノジマがおススメする高品質・高速な@nifty光

人気記事ランキング