【2020年8月版】iPhone最新機種まで徹底比較まとめ!11やSE2、8、Xなどの違いとは?

公開日時 : 2020-08-23 15:52
更新日時 : 2020-09-16 10:34

【2020年8月版】iPhone最新機種まで徹底比較まとめ!11やSE2、8、Xなどの違いとは?のTOP画

Mac(Macintosh)のパソコンやiPadといったデジタル製品を提供しているApple社製のスマートフォンが「iPhone」です。2019年9月20日は「iPhone 11」シリーズ、2020年4月16日には「iPhone SE2(第二世代)」が登場しました。

iPhoneは毎年のように最新機種が発売されるため、どの機種を買えばいいのかわかりにくいですよね。性能面を重視する人は新型iPhoneを選んでおけば問題ありません。

ただ、iPhoneを使いたい人のなかには「サイズが小さいものを使いたい!」というふうに性能以外を重視する人もいるはず。そこで今回は、「iPhone 6s」から「iPhone SE2」までの歴代iPhoneを徹底比較していきます。機種ごとの違いが気になる人はぜひ参考にしてください!

目次

歴代iPhoneの本体価格を比較

財布を出す仕草

まずは最も気になるiPhone本体価格を比較していきます。下記の早見表から機種ごとの価格を見ていきましょう。

  容量 iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhone 7 Plus iPhone 8 iPhone 8 Plus iPhone X iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max iPhone SE2
発売日 2015年9月25日 2016年9月16日 2017年9月22日 2017年11月3日 2018年9月21日 2018年10月21日 2019年9月20日 2020年4月16日
本体価格 32GB 現在Appleオンラインストアでの取り扱いなし
64GB 現在Appleオンラインストアでの取り扱いなし 71,280円 82,280円 117,480円 131,780円 49,280円
128GB 現在Appleオンラインストアでの取り扱いなし 76,780円 87,780円 54,780円
256GB 現在Appleオンラインストアでの取り扱いなし 99,880円 135,080円 149,380円 66,800円
512GB 現在Appleオンラインストアでの取り扱いなし 159,280円 173,580円

※スマホの場合、表は右にスライドできます。
※記載されている金額はすべて税込みです。
※本体価格は『Appleオンラインストア』の金額を参考にしています。

表を見て分かる通り、「iPhone XS Max」以前の古い機種はAppleオンラインストアから購入できません。「現在Appleオンラインストアでの取り扱いなし」となっている機種が欲しい人は、お近くのApple製品取扱店にて購入しましょう。

Apple公式と大手キャリアのiPhone本体価格を比較

続いては、大手キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)のオンラインストアが取り扱っているiPhoneの価格を比較していきます。
※ドコモ:『ドコモオンラインストア』、ソフトバンク:『ソフトバンクオンラインストア』、au:『auオンラインストア』

キャリア 容量 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max iPhone SE2
Apple 64GB 82,280円 117,480円 131,780円 49,280円
128GB 87,780円 54,780円
256GB 99,880円 135,080円 149,380円 66,800円
512GB 159,280円 173,580円
ドコモ 64GB 87,120円 126,720円 138,600円 57,024円
128GB 95,040円 62,568円
256GB 106,920円 142,560円 158,400円 75,240円
512GB 166,320円 182,160円
ソフトバンク 64GB 89,280円 127,200円 142,560円 57,600円
128GB 95,040円 64,080円
256GB 108,000円 145,920円 161,760円 78,480円
512GB 172,320円 187,680円
au 64GB 90,720円 127,440円 140,400円 55,270円
128GB 96,479円 61,250円
256GB 109,440円 144,720円 159,120円 75,215円
512GB 在庫なし 185,040円

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

※記載されている金額はすべて税込みです。
※現在、auのオンラインストアでは「iPhone 11 Pro 512GB」の在庫がありません。

iPhoneの本体価格だけ見ればApple公式のオンラインストアが安いのですが、大手キャリアは端末割引キャンペーンを実施していることがあるので、負担する金額は表に記載されている金額より少ないケースがほとんどです。

格安SIMでiPhoneを使うならApple公式のオンラインストア、それ以外の場合でiPhoneを使うならキャリアの端末割引キャンペーンなどを利用するといいでしょう。

なお、大手キャリアの3社で比較すると、ドコモが最も安い価格設定です。

iPhone 6sから最新iPhone SE2のスペックを比較

iPhoneSE2

出典:Appleホームページ

iPhone 6sからiPhone SE2までのスペックを比較していきます。
まずは歴代iPhoneのスペック・仕様をまとめた早見表を見てみましょう。

スペック iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhone 7 Plus iPhone 8 iPhone 8 Plus iPhone X
カラー スペースグレイ シルバー ゴールド ローズゴールド ブラック シルバー ゴールド ローズゴールド シルバー スペースグレイ ゴールド シルバー スペースグレイ
画面サイズ 4.7インチ 5.5インチ 4.7インチ 5.5インチ 4.7インチ 5.5インチ 5.8インチ
生体認証 Touch ID Touch ID Touch ID Face ID
ストレージ容量 32GB/128GB 32GB/128GB 64GB/128GB 64GB/256GB
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)

138.3

×67.1

×7.1mm

158.2

×77.9

×7.3mm

138.3

×67.1

×7.1mm

158.2

×77.9

×7.3mm

138.4

×67.3

×7.3mm

158.4

×78.1

×7.5mm

143.6

×70.9

×7.7mm

重さ 143g 192g 138g 188g 148g 202g 174g
防塵・防水性能 IP67 IP67 IP67
カメラ性能 背面:1,200万画素
正面:500万画素
背面:1,200万画素
正面:700万画素
背面:1,200万画素
正面:700万画素
背面:1,200万画素
正面:700万画素
Felica
バッテリー容量 1715mAh 2750mAh 1960mAh 2900mAh 1821mAh 2691mAh 2716mAh
スペック iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max iPhone SE2
カラー シルバー スペースグレイ ゴールド ブルー ホワイト ブラック イエロー コーラル レッド パープル イエロー グリーン ブラック ホワイト レッド ミッドナイトグリーン シルバー スペースグレイ ゴールド ブラック レッド ホワイト
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ 6.1インチ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ 4.7インチ
生体認証 Face ID Face ID Face ID Face ID Touch ID
ストレージ容量 64GB/256GB/512GB 64GB/128GB 64GB/128GB/256GB 64GB/256GB/512GB 64GB/128GB/256GB
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)

143.6

×70.9

×7.7mm

157.5

×77.4

×7.7mm

150.9

×75.7

×8.3mm

150.9

×75.7

×8.3mm

144.0

×71.4

×8.1mm

158.0

×77.8

×8.1mm

138.4

×67.3

×7.3mm

重さ 177g 208g 194g 194g 188g 226g 148g
防塵・防水性能 IP68 IP67 IP68 IP68 IP67
カメラ性能 背面:1,200万画素 正面:700万画素 背面:1,200万画素 正面:700万画素 背面:1,200万画素 正面:1,200万画素 背面:1,200万画素 正面:1,200万画素 背面:1,200万画素 正面:700万画素
Felica
バッテリー容量 2658mAh 3174mAh 2942mAh 3110mAh 3046mAh 3969mAh 1821mAh

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

新しい機種になるにつれて性能が上がってきていることがわかります。また、年々カラーバリエーションも増えていて、自分の好みの色を選びやすくなっているのもポイントです。以降、スペックごとに細かく歴代iPhoneを比較していきます。

iPhoneの「画面サイズ」で比較

iPhoneの画面

画面サイズは、iPhone選びの際に非常に重要です。写真・動画編集、ゲームなどでiPhoneを使いたい人は、画面サイズの大きい機種を選ぶとより快適に楽しめるでしょう。

下記の表は画面サイズの大きい順に歴代iPhoneを並べたものです。

機種 画面サイズ 解像度
iPhone 11 Pro Max 6.5インチ 2,688×1,242
iPhone XS Max 6.5インチ 2,688×1,242
iPhone 11 6.1インチ 1,792×828
iPhone XR 6.1インチ 1,792×828
iPhone 11 Pro 5.8インチ 2,436×1,125
iPhone XS 5.8インチ 2,436×1,125
iPhone X 5.8インチ 2,436×1,125
iPhone 8 Plus 5.5インチ 1,920×1,080
iPhone 7 Plus 5.5インチ 1,920×1,080
iPhone 6s Plus 5.5インチ 1,920×1,080
iPhone SE2 4.7インチ 1,334×750
iPhone 8 4.7インチ 1,334×750
iPhone 7 4.7インチ 1,334×750
iPhone 6s 4.7インチ 1,334×750

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

大画面のiPhoneを選ぶのであれば6.5インチの「iPhone 11 Pro Max」「iPhone XS Max」や6.1インチの「iPhone 11」「iPhone XR」がおすすめです。

また、画質にもこだわりたい人は「解像度」もチェックしておきましょう。解像度とは画面に表示できる情報量のことで、解像度の数値が大きくなればなるほどより高精細な映像を表現してくれます。
※よく目にする“フルHD”の解像度は「1920×1080」、“4K”は「3840×2160」です。たとえば、解像度が1,792×828の「iPhone 11」と1,920×1,080の「iPhone 8 Plus」なら「iPhone 8 Plus」のほうがきめ細かい映像を楽しめます。

フルHDと4Kをテレビで例えると

TVの画素の説明

4KTVの画像数は横の画素数が約4,000あるからの説明

TVの大きさが増えると画面が荒くなる

4KTVであればテレビが大きくなっても綺麗

※つまりフルHDは2Kということです。

iPhoneの「本体サイズ・重さ」で比較

iPhoneのサイズと重さ

iPhoneの本体サイズや重さは持ち運びやすさに大きく影響します。また、機種(本体サイズ)によって使用できるiPhoneケースも異なるので、しっかりとチェックして選ぶことが大切です。

下記の表は重さの軽い順に歴代iPhoneを並べました。

機種 本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
重さ
iPhone 7 138.3×67.1×7.1mm 138g
iPhone 6s 138.3×67.1×7.1mm 143g
iPhone SE2 138.4×67.3×7.3mm 148g
iPhone 8 138.4×67.3×7.3mm 148g
iPhone X 143.6×70.9×7.7mm 174g
iPhone XS 143.6×70.9×7.7mm 177g
iPhone 11 Pro 144.0×71.4×8.1mm 188g
iPhone 7 Plus 158.2×77.9×7.3mm 188g
iPhone 6s Plus 158.2×77.9×7.3mm 192g
iPhone 11 150.9×75.7×8.3mm 194g
iPhone XR 150.9×75.7×8.3mm 194g
iPhone 8 Plus 158.4×78.1×7.5mm 202g
iPhone XS Max 157.5×77.4×7.7mm 208g
iPhone 11 Pro Max 158.0×77.8×8.1mm 226g

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

写真・動画編集といったクリエイティブな使い方をする人は、大画面のiPhoneのほうが使いやすいでしょう。しかし、持ち運びやすさを重視する人にとって、大きいサイズはかえって使いにくく感じることも。

メールやSNSのチェックをする程度の用途であれば、今年発売された「iPhone SE2」がコンパクトでおすすめです。

iPhoneの「バッテリー容量」で比較

iPhoneのバッテリー

長時間の外出が多い人はバッテリー容量が大きい機種を選ぶと安心です。バッテリー容量の単位は「mAh」で、この数値が大きいほどより長くiPhoneを使うことができます。

下記の表はバッテリー容量の大きい順に歴代iPhoneを並べたものです。

機種 バッテリー容量 バッテリー駆動時間 高速充電 ワイヤレス充電
iPhone 11 Pro Max 3969mAh ビデオ再生:最大20時間
オーディオ再生:最大80時間
iPhone XS Max 3174mAh ビデオ再生:最大15時間
オーディオ再生:最大65時間
iPhone 11 3110mAh ビデオ再生:最大17時間
オーディオ再生:最大65時間
iPhone 11 Pro 3046mAh ビデオ再生:最大18時間
オーディオ再生:最大65時間
iPhone XR 2942mAh ビデオ再生:最大16時間
オーディオ再生:最大65時間
iPhone 7 Plus 2900mAh ビデオ再生:最大14時間
オーディオ再生:最大60時間
iPhone 6s Plus 2750mAh ビデオ再生:最大14時間
オーディオ再生:最大80時間
iPhone X 2716mAh ビデオ再生:最大13時間
オーディオ再生:最大60時間
iPhone 8 Plus 2691mAh ビデオ再生:最大14時間
オーディオ再生:最大60時間
iPhone XS 2658mAh ビデオ再生:最大14時間
オーディオ再生:最大60時間
iPhone 7 1960mAh ビデオ再生:最大13時間
オーディオ再生:最大40時間
iPhone SE2 1821mAh ビデオ再生:最大13時間
オーディオ再生:最大40時間
iPhone 8 1821mAh ビデオ再生:最大13時間
オーディオ再生:最大40時間
iPhone 6s 1715mAh ビデオ再生:最大11時間
オーディオ再生:最大50時間

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

外出先で長時間の利用を想定している人は、バッテリー容量が3,000mAh以上ある「iPhone 11 Pro Max」「iPhone XS Max」「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」あたりを選ぶといいでしょう。
バッテリー容量を見てもどれくらい使えるのかイメージできない人は、「バッテリー駆動時間」を参考にしてみてください。

平日の朝など忙しい時間ですばやく充電するときに便利なのが「高速充電」です。高速充電は、たった30分間の充電で最大50%充電してくれます。(別途18W以上の充電器が必要)

専用の充電器が必要ですが「ワイヤレス充電」も便利です。ワイヤレス充電は、iPhoneをのせるだけで充電することができるので、充電ケーブルを接続する手間がなくなります。

なお、iPhoneのバッテリーに劣化・故障が見られた場合は、メーカーや正規の代理店にてバッテリー交換が可能です。「AppleCare+」などの保証プランに加入していれば無料でバッテリー交換できますが、未加入の場合は有料です。

iPhoneの「カメラ性能」で比較

iPhoneのカメラ性能

iPhoneで写真を撮りたい人はカメラ性能をチェックしておきましょう。写真の画質はカメラの画素数に影響されます。

下記の表ではカメラの画素数が大きい順に歴代iPhoneを並べました。

機種 背面カメラ 正面カメラ 望遠レンズ 広角レンズ 超広角レンズ
iPhone 11 Pro Max 1,200万画素 1,200万画素 ƒ/2.0絞り値 ƒ/1.8絞り値 ƒ/2.4絞り値
iPhone 11 Pro 1,200万画素 1,200万画素 ƒ/2.0絞り値 ƒ/1.8絞り値 ƒ/2.4絞り値
iPhone 11 1,200万画素 1,200万画素 ƒ/1.8絞り値 ƒ/2.4絞り値
iPhone XS Max 1,200万画素 700万画素 ƒ/2.4絞り値 ƒ/1.8絞り値
iPhone XS 1,200万画素 700万画素 ƒ/2.4絞り値 ƒ/1.8絞り値
iPhone X 1,200万画素 700万画素 ƒ/2.4絞り値 ƒ/1.8絞り値
iPhone 8 Plus 1,200万画素 700万画素 ƒ/2.8絞り値 ƒ/1.8絞り値
iPhone 7 Plus 1,200万画素 700万画素 ƒ/2.8絞り値 ƒ/1.8絞り値
iPhone SE2 1,200万画素 700万画素 ƒ/1.8絞り値
iPhone XR 1,200万画素 700万画素 ƒ/1.8絞り値
iPhone 8 1,200万画素 700万画素 ƒ/1.8絞り値
iPhone 7 1,200万画素 700万画素 ƒ/1.8絞り値
iPhone 6s Plus 1,200万画素 500万画素 ƒ/2.2絞り値
iPhone 6s 1,200万画素 500万画素 ƒ/2.2絞り値

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

カメラ性能を重視して選ぶなら「iPhone 11 Pro Max」「iPhone 11 Pro」がおすすめです。
この2つは、背面カメラと正面カメラどちらも1,200万画素になっており、望遠・広角・超広角のトリプルカメラを採用しています。
トリプルカメラは、より広い視野で高品質な写真・動画撮影を実現してくれるでしょう。

関連記事はこちら

iPhoneの「生体認証・ホームボタン」で比較

iPhoneの認証方法

iPhoneの使い勝手にこだわるなら生体認証やホームボタンにも注目してみましょう。

下記の表は生体認証とホームボタンの有無をまとめたものです。

機種 生体認証 ホームボタン
iPhone 11 Pro Max Face ID
iPhone 11 Pro Face ID
iPhone 11 Face ID
iPhone XR Face ID
iPhone XS Max Face ID
iPhone XS Face ID
iPhone X Face ID
iPhone SE2 Touch ID
iPhone 8 Plus Touch ID
iPhone 8 Touch ID
iPhone 7 Plus Touch ID
iPhone 7 Touch ID
iPhone 6s Plus Touch ID
iPhone 6s Touch ID

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

顔認証(Face ID)のiPhoneを使いたい人は「iPhone X」シリーズや「iPhone 11」シリーズを選ぶといいでしょう。

マスクの着用機会が増えた今、指紋認証(Touch ID)のiPhoneを使いたい人は、今年発売された最新機種「iPhone SE2」がおすすめです。

iPhoneの特徴・性能を機種別に紹介

ここからはシリーズ別にiPhoneの特徴をご紹介していきます。

iPhone 6s/iPhone 6s Plusの特徴

iPhone6のイメージ画像

スペック iPhone 6s iPhone 6s Plus
発売日 2015年9月25日
カラー スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールド
画面サイズ 4.7インチ 5.5インチ
生体認証 Touch ID
ストレージ容量 32GB/128GB
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
138.3mm×67.1mm×7.1mm 158.2mm×77.9mm×7.3mm
重さ 143g 192g
防塵・防水性能
カメラ性能 背面:1,200万画素
正面:500万画素
Felica
バッテリー容量 1715mAh 2750mAh

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

iPhone 6sシリーズでは、初めて「3D Touch」という操作がディスプレイに追加されました。3D Touchはディスプレイを強く押し込むことで、通常のタッチと異なった動作が行われる機能です。

背面カメラはiPhone 6の800万画素から1,200万画素に強化され、より高画質な写真を撮影できます。そのほかに、写真撮影したときの短時間動画を記録する「Live Photos」機能が搭載されました。Live Photosの動画は3D Touchの押し込みによって見ることができます。

また、iPhone 6sシリーズからホームボタン内蔵の指紋認証(Touch ID)センサーが第二世代になったため、指紋認証の精度が向上しました。

iPhone 7/iPhone 7 Plusの特徴

iPhone7のイメージ画像

スペック iPhone 7 iPhone 7 Plus
発売日 2016年9月16日
カラー ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールド
画面サイズ 4.7インチ 5.5インチ
生体認証 Touch ID
ストレージ容量 32GB/128GB
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
138.3mm×67.1mm×7.1mm 158.2mm×77.9mm×7.3mm
重さ 138g 188g
防塵・防水性能 IP67
カメラ性能 背面:1,200万画素
正面:700万画素
Felica
バッテリー容量 1960mAh 2900mAh

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

iPhone 7シリーズでは押し込めるタイプのホームボタンからタッチ式に変更されました。これにより指紋認証(Touch ID)は、指でタッチするだけでロック解除できます。

イヤホンジャック(ヘッドホン端子)が廃止され、ステレオスピーカーが配置されました。そのほかに従来の機種との大きな違いとして「Felica」に対応した点があげられます。
Felicaに対応したことによりApple PayでモバイルSuicaが使えるようになりました。

公共交通機関での運賃の支払いや買い物の際に、モバイルSuicaで手軽に決済できるようになったのは大きなメリットといえるでしょう。

iPhone 7シリーズからは防塵・防水機能にも対応しています。ある程度水に濡れても壊れることがないので、水回りでiPhoneを使用する機会が多い人でも安心です。

また、iPhone 6sシリーズからカメラ性能が大きく向上。正面カメラの画素数が500万画素から700万画素に強化されています。従来よりきれいな画質で自撮り撮影できるでしょう。

iPhone 8/iPhone 8 Plusの特徴

iPhone8のイメージ画像

スペック iPhone 8 iPhone 8 Plus
発売日 2017年9月22日
カラー シルバー、スペースグレイ、ゴールド
画面サイズ 4.7インチ 5.5インチ
生体認証 Touch ID
ストレージ容量 64GB/128GB
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
138.4mm×67.3mm×7.3mm 158.4mm×78.1mm×7.5mm
重さ 148g 202g
防塵・防水性能 IP67
カメラ性能 背面:1,200万画素
正面:700万画素
Felica
バッテリー容量 1821mAh 2691mAh

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

iPhone 8シリーズの見た目は従来の機種と似ています。ただ、カスタムガラスとアルミニウムを組み合わせた構造に変更されており、耐久性が高くなりました。

ディスプレイにはiPhoneで初めて「True Tone(トゥルートーン)」に対応したものを採用しています。True Toneは画面の色合いを自然な光の色に変更し、ブルーライトによる目の負担を軽減する機能です。長時間iPhoneを使用する人にとって重宝する機能といえるでしょう。

iPhone 7シリーズに比べてバッテリー容量が少なくないですが、iPhone 8シリーズでは「高速充電」に対応しています。高速充電を利用すれば30分間で最大50%まで充電することが可能です。
※別売の18W以上の充電器が必要

また、「ワイヤレス充電」にも対応しています。ワイヤレス専用の充電器にiPhoneを置くだけで充電することができるので、充電ケーブルを接続する手間がなくなりました。

※2020年4月16日に発売された「iPhone SE2」の登場により、iPhone 8シリーズの生産は終了しています。

iPhone X/iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRの特徴

iPhoneXのイメージ画像 

スペック iPhone X iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR
発売日 2017年11月3日 2018年9月21日 2018年10月21日
カラー シルバー、スペースグレイ シルバー、スペースグレイ、ゴールド ブルー、ホワイト、ブラック、イエロー、コーラル、レッド
画面サイズ 5.8インチ 5.8インチ 6.5インチ 6.1インチ
生体認証 Face ID
ストレージ容量 64GB/256GB 64GB/256GB/512GB 64GB/128GB
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
143.6mm×70.9mm×7.7mm 143.6mm×70.9mm×7.7mm 157.5mm×77.4mm×7.7mm 150.9mm×75.7mm×8.3mm
重さ 174g 177g 208g 194g
防塵・防水性能 IP67 IP68 IP67
カメラ性能 背面:1,200万画素
正面:700万画素
Felica
バッテリー容量 2716mAh 2658mAh 3174mAh 2942mAh

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

iPhone Xシリーズではホームボタンの廃止によりデザインが大きく変更されました。これにより本体サイズに対しての画面占有率が大幅に向上し、大画面で迫力のある映像を楽しめます。

ホームボタンがなくなったことで操作性も変わりました。これまでホームボタンのタッチによる動作は、画面の下から上にスライドする操作です。

生体認証には顔認証(Face ID)を採用。iPhoneを手に持って顔を向けるだけでロック解除できるので、従来の指紋認証のような解除の手間がなくなりました。

iPhone Xの後継機であるiPhone XS/XS Maxは高いスペックを誇っていて、ストレージ容量は歴代で最も大きい512GBを選択可能です。特にiPhone XS Maxは6.5インチの画面サイズに加えて、2,688×1,242の高解像度。

また、有機ELディスプレイを搭載しているため、今までにない大画面で高画質な映像を楽しめるでしょう。

ハイスペックなiPhone XS/XS Maxに対し、iPhone XRは安さが魅力です。カラーバリエーションが豊富で6色(ブルー、ホワイト、ブラック、イエロー、コーラル、レッド)から好みの色を選ぶことができます。

iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの特徴

スペック iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
発売日 2019年9月20日
カラー パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッド ミッドナイトグリーン、シルバー、スペースグレイ、ゴールド
画面サイズ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ
生体認証 Face ID
ストレージ容量 64GB/128GB/256GB 64GB/256GB/512GB
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
150.9mm×75.7mm×8.3mm 144.0mm×71.4mm×8.1mm 158.0mm×77.8mm×8.1mm
重さ 194g 188g 226g
防塵・防水性能 IP68
カメラ性能 背面:1,200万画素
正面:1,200万画素
Felica
バッテリー容量 3110mAh 3046mAh 3969mAh

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

iPhone 11シリーズの最大の特徴はカメラ性能です。これまでにはない「広角+超広角」のデュアルカメラを搭載しており、風景写真など幅広いシチュエーションでの写真撮影ができるようになりました。

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxでは「望遠+広角+超広角」のトリプルカメラを搭載しているため、最大10倍のデジタルズームが可能です(iPhone 11は最大5倍)。

カメラの画素数は背面・正面どちらも1,200万画素となっていて、自撮りでも高画質な写真を撮影できます。

防塵・防水性能には最も優れた「IP68」を採用。iPhone 11は水深2m、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxは水深4mで最大30分間の防水性能があるので、水回りでも問題なく使用できるでしょう。

また、従来の機種で搭載されていた「3D Touch」は「触覚タッチ」に変更されました。これまで画面を強く押し込むことで発生した動作は、長押しでできます。

iPhone 11シリーズのバッテリーは3,000mAhを超える大容量です。加えて電力効率も大幅にアップしているため、駆動時間が歴代iPhoneに比べて大きく向上しています。

関連記事はこちら

iPhone SE2の特徴

iPhoneSEのイメージ画像

スペック iPhone SE2
発売日 2020年4月16日
カラー ブラック、レッド、ホワイト
画面サイズ 4.7インチ
生体認証 Touch ID
ストレージ容量 64GB/128GB/256GB
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
138.4mm×67.3mm×7.3mm
重さ 148g
防塵・防水性能 IP67
カメラ性能 背面:1,200万画素
正面:700万画素
Felica
バッテリー容量 1821mAh

※スマホの場合、表は右にスライドできます。

iPhone SE2はiPhone 8の後継機的な存在です。デザインはiPhone 8と同じ作りになっていて、本体サイズがコンパクトかつ軽いといった特徴があります。iPhone 11の194gに対して、iPhone SE2は148gと約50g軽いです。

また、ほかの機種より本体価格が安く、ストレージ64GBであれば49,280円(税込)で購入できます。

ホームボタンを搭載しているため、顔認証(Face ID)から指紋認証(Touch ID)によるロック解除に変更されました。なお、iPhone 8では「3D Touch」でしたが、iPhone SE2では「触覚タッチ」を採用。

カメラはシングルカメラなので、デュアルカメラ・トリプルカメラを搭載したiPhone 11シリーズに比べるとカメラ性能は劣ります。画面サイズ4.7インチのお手軽さとリーズナブルな価格が魅力の機種です。

関連記事はこちら

まとめ

iPhone11Proのイメージ画像

いかがでしたか?毎年iPhoneはAppleの春と秋年2回あるスペシャルイベントの秋のイベントで発表となるのが通例です。

Appleは完全秘密主義ですので情報が漏洩(ろうえい)することは稀(まれ)です。新しいiPhone興味がある、そろそろ買い替えを考えているかたなど含めて、機種変更をご検討のかたはぜひノジマへご相談ください。お見積りはいつでも無料で承っております。

ノジマでのお得なポイントとして、あらかじめお電話でご予約していただくとお待ちいただくことなくスムーズにご案内ができます。

iPhoneをお持ちになるのなら固定回線のインターネットがあったほうが、無制限でWi-Fiが利用できますし通信費の節約にもなります。

携帯電話と合わせれば割引も適用されますので、ぜひ、iPhoneの購入の際にインターネットの見直しもしてみてはいかがでしょうか。

iPhoneのお悩みもインターネットのお困りごともノジマでお気軽にご相談ください。

ノジマ店舗情報

※ノジマ店頭では店舗により在庫状況が異なるため、お取り寄せ対応になる場合がございます。

この記事は8月時点の情報を元に更新されています。

IPv6をドコモユーザーが選ぶなら@nifty×ドコモ光で決まり!

ドコモをご利用されている方は、ドコモ光セット割で毎月最大1,000円(税別)の割引が、対象の家族全員受けられます。
またドコモ光にすれば、支払いも一括管理ができ、dポイントも貯まりやすくなります。

毎月の割引を考えると、損をしてしまっているかも知れません

【@nifty with ドコモ光】ではIPv6対応のWi-Fiルーター無料レンタル実施中です。今ならさらに工事費無料。

@nifty with ドコモ光

\詳細はこちら/

\お近くのノジマでも詳細を確認できます/

auユーザーにおすすめのIPv6サービスはauひかり!

auをご利用されている方は、auスマートバリューの適用で毎月最大1,000円(税別)の割引が、対象の家族全員受けられます。
またauひかりにすれば、auWALLETポイントも貯まりやすくなります。

毎月の割引を考えると、損をしてしまっているかも知れません

【@nifty auひかり】ではさらに、お得な特典がいっぱい。

@nifty auひかり

\詳細はこちら/

\お近くのノジマでも詳細を確認できます/

auユーザーなら、IPv6対応でサポートも充実の@nifty光も必見!

@nifty光でも、auのスマホをご利用されている方は、auスマートバリューの適用で毎月最大1,000円(税別)の割引が、対象の家族全員受けられます。

毎月の割引を考えると、損をしてしまっているかも知れません

また、【@nifty光】なら、ノジマ店頭で8%割引できる特別優待を実施中!

@nifty光

\詳細はこちら/

\お近くのノジマでも詳細を確認できます/

関連記事

ペンタブおすすめ5選!ワコムの液タブ&板タブの初心者向けの選び方をご紹介【2020年8月版】

最新Mac OS Catalinaにアップグレードする際の注意点!Catalinaの読み方は?

【2020年】iPhoneを買うならどれが一番おすすめ?最新モデル徹底比較!

【まとめ】最新iPhoneは?歴代iPhoneと比較して何が違う?

AirPodsの片方が聞こえない…故障? それとも…対策・対処法はどうすればいい?

【2020年8月版】AirPods Pro(エアーポッズ プロ) & AirPods(エアーポッズ) 第1世代と第2世代との違いとは?最新徹底比較まとめ

今さら聞けないiPhoneのギガ節約ライフハック 23の方法

iPhone iOS13 新機能 ダークモードとは?新しい壁紙も対応!

Appleがゲーム業界に参入!Apple Arcadeとは?やり方は?対応機種は?

【2020年8月版】Apple Pencil対応は?使い方は?第2世代と第1世代の違いは?

【2020年8月版】Apple Watch 最新機種まで徹底比較まとめ!シリーズ3は買いなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は役に立ちましたか?

ピックアップ

  • ノジマあんしん出張設定サポート

    パソコン・スマホのお困り事は出張設定で解決いたします!

  • ネットでお買い物するならノジマオンライン

    ネットでお買い物するならノジマオンライン

  • ノジマがおススメする高品質・高速な@nifty光

人気記事ランキング