【2022年】扇風機のおすすめ12選!涼しい冷風、静音、安い機種

更新日時 : 2022-05-07 14:57

扇風機のおすすめ

夏場の暑い季節を快適に過ごすうえで欠かせないのが「扇風機」です。

エアコンと比較して価格が安くてコスパに優れているため、いまだに人気の高い家電となっています。

近年ではダイソン・アイリスオーヤマ・バルミューダ・シャープ・日立といった多くのメーカーが扇風機を展開しており、静かで涼しいモデルやおしゃれなモデルなどラインナップが増えてきました。

そのため、「どの扇風機を選べばいいのか」「どういったポイントに注目すればいいのか」扇風機選びに苦労している人は少なくないでしょう。

そこで今回は、扇風機の選び方を解説しつつ、おすすめのモデルをご紹介します。

扇風機の購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください!

扇風機とサーキュレーターの違い

羽根を回して風を送る家電は扇風機のほかにサーキュレーターがあります。
どちらも似たような機能をしているため、なにが違うのか分からない人もいるのではないでしょうか。

ここでは扇風機とサーキュレーターの違いを解説します。

扇風機|涼をとる

扇風機の画像

扇風機は体に風を当て、体感温度を下げるために使われる家電です。

直接身体に風を当てても疲れたり、気持ち悪くなるなどの影響を与えない風量で風を送り出します。

また、大きめのファンが回転して風を発生させるため広い範囲に可能です。

反対に風量は弱めなのでサーキュレーターに比べて風を遠くに飛ばすことができません。

静音性にこだわっている商品が多く、静かな環境で使うのに向いています。

扇風機は人が涼むために作られている家電のため、利用時期は夏場に限られるでしょう。

サーキュレーター|空気を循環させる

サーキュレーター

サーキュレーターはパワフルな風を直線的に送る役割をもっていて、主に部屋の空気を循環させるために用いられます。

エアコンと併用すれば冷暖房の効率を上げられ、室温をすばやく調整可能です。

設定した室温になるまでのスピードが速くなるためエアコンの消費電力が少なくなり、電気代の節約にもつながります。扇風機と違い、オールシーズン使えるのが魅力。

また、サーキュレーターは風が強いので部屋干ししている洗濯物を乾かすときにも重宝するでしょう。

ただし、静音性に欠けるものが多いので、寝室などで使うには不向きです。

扇風機とサーキュレーターの違いを動画と音声でも確認できます

扇風機の選び方

失敗しない選び方

扇風機選びで失敗しないために、どういったポイントに注目して選べばいいのか詳しく解説していきます。

「種類」で選ぶ

種類で選ぶと書かれた画像

扇風機は主に7種類に分けられます。

  • リビング扇風機
  • 羽根なし扇風機
  • タワー型扇風機
  • 卓上扇風機
  • ハンディファン
  • 首掛けファン
  • 壁掛け扇風機

それぞれどのような違いがあるのか見ていきましょう。

リビング扇風機

リビング扇風機の画像

モーターで大きな羽根を回転させることで風を送り出すのが「リビング扇風機(リビングファン)」です。

昔ながらの一般的なタイプの扇風機といえます。

リビング扇風機は多くのメーカーが展開しているため、商品ラインナップが豊富。

価格が安いモデルから高級な多機能モデルまでさまざまで、自分にあった扇風機を見つけやすいでしょう。

羽根の枚数によって風の質が異なり、枚数が多いほど自然に近い心地よい風を発生させることができます。

また、ほとんどのリビング扇風機は首の長さを変えられるようになっているので、使う場所にあわせて自由に高さ調節可能です。

羽根なし扇風機

羽根なし扇風機の画像

「羽根なし扇風機」はその名の通り、本体に羽根が付いていないタイプの扇風機です。

本体内部に搭載されているファンで風を発生させ、送り出す構造になっています。

リビング扇風機のように羽根が露出していないため、小さな子供が扇風機の運転中に羽根を触ってケガをする心配がありません。

羽根がなく、シンプルな見た目になっているのでメンテナンス性にも優れています。

扇風機にかける掃除の負担を減らしたい人にもおすすめ。

おしゃれなデザインのモデルが多く、インテリアにもぴったりです。

また、羽根なし扇風機のなかには空気清浄機能を搭載したモデルもあります。

送風しながら空気もキレイにしたい人は空気清浄機能にも注目してみてください。

タワー型扇風機

タワー型扇風機

「タワー型扇風機」はスリムで細長いフォルムが特徴的な扇風機です。

省スペースに設置できるため、スペースが限られている環境での利用に適しています

また、コンパクトなデザインのモデルが多いので、使わないシーズンは収納がしやすくて便利です。

ただし、吹き出し口が狭く、横方向に風が送りにくいのがネック。

広い範囲に送風したい場合は首振り機能が搭載されているモデルを選ぶといいでしょう。

おしゃれなデザインからインテリアとしても人気のあるタイプの扇風機なので、見た目にもこだわりたい人におすすめ。

卓上扇風機

卓上扇風機の画像

デスク上に設置して使うタイプの扇風機が「卓上扇風機」です。

比較的コンパクトなデザインになっているので、省スペースに設置できます

オフィスでのデスクワークや自宅でテレワークする際に便利です。

卓上扇風機は専用のケーブルを挿して使うコンセントタイプや、USBケーブルでバッテリーを充電して使うタイプなどがあります。

パソコンが近くにある場合はUSBで充電するタイプが使いやすくておすすめです。

オフィスなど周囲に人がいる環境であれば静音性に優れたモデルを選ぶといいでしょう。

ハンディファン

ハンディファンの画像

片手で持てるくらいのコンパクトなサイズ感が人気の小型扇風機を「ハンディファン(ハンディ扇風機)」といいます。

自宅だけでなく、外出先で手軽に涼みたいときに重宝するでしょう。

ただ、本体が小型サイズなので、ほかのタイプの扇風機に比べると風圧が弱いというデメリットがあります。

電源はリチウムイオン電池を使ったバッテリー充電式が主流です。

充電方法はパソコンやスマホの充電器などから給電可能なUSBタイプが一般的となっています。

ハンディファンは価格が安いものが多く、低予算で扇風機を探している人にもぴったりです。

首掛けファン

首掛けファンの画像

「首掛けファン(ネックファン)」は首に掛けて利用する小型扇風機です。

ハンズフリーで使えるため、外出先や両手を使った作業をしながら涼めるのが魅力

首掛けファンはヘッドホンのような形状で首に掛けて利用するタイプと、ストラップで首にぶら下げて利用するタイプの2種類あるので、使い勝手のいいほうを選びましょう。

髪の長い人は扇風機に毛先が巻き込まれないよう注意が必要です。

壁掛け扇風機

壁掛け扇風機の画像

「壁掛け扇風機」は壁に掛けて利用するタイプの扇風機です。

床やデスクに設置するタイプと違い、場所をとらないので部屋をすっきりと見せることができます

扇風機本体を高い位置に取り付けるため、部屋の空気を効率的に循環できるのも魅力。

ただし、一度取り付けてしまうと別の場所に付け替えるのが手間になります。

あとから本体を移動させる必要がないように最適な位置をしっかりと想定してから取り付けるようにしましょう。

下へスクロールアイコン【2022年】扇風機のおすすめモデルを見る

「モーター」で選ぶ

モーターで選ぶ

扇風機では「DCモーター」または「ACモーター」のどちらかのモーターが使われています。

モーターの種類によって価格や消費電力、静音性が変わってくるので、それぞれどのような違いがあるのか把握しておきましょう。

DCモーター

DCモーターの扇風機のイメージ画像

DCモーターは直流の電流で動くモーターです。主な特徴はこちら。

▼電気代が安くなる
DCモーターは消費電力が少ないといわれています。

そのため、扇風機を使ったときの電気代が安く、経済的に利用可能です。

扇風機を使う頻度が多い人はDCモーター搭載モデルを選んでおくとランニングコストを抑えられますよ。

▼静音性に優れている
DCモーターは運転音が小さく、静音性にも優れています。

強めの風量で運転した場合はACモーターとの差を感じにくいかもしれませんが、微風で運転したときは音がほとんど気になりません。

寝室やワンルームの部屋などで扇風機を利用するならDCモーター搭載モデルがおすすめです。

▼本体価格が高い
DCモーターを搭載したモデルは高性能な分、本体価格が高い傾向にあります。

1万円を超えるモデルも少なくないため、初期費用を抑えたい人にとっては大きなデメリットといえるでしょう。

しかし、毎月かかる電気代に関してはACモーターより安いので、ランニングコストのコスパを重視する方はDCモーターもおすすめです。

ACモーター

ACモーターの扇風機のイメージ画像

ACモーターは昔ながらの交流の電流で動くモーターです。

DCモーターと比較したときの特徴がこちら。

▼本体価格が安い
ACモーター最大の魅力はリーズナブルな本体価格です。

安いモデルなら3,000円程度で購入できます。

また、商品ラインナップが豊富なので自分好みのモデルを選びやすいでしょう。

初期費用をなるべく安く済ませたい人はACモーター搭載モデルがおすすめです。

▼風量調節機能がシンプル
ACモーター搭載モデルの風量調節は「弱」「中」「強」の3段階が一般的です。

シンプルな風量調節機能になっているので、機能が多すぎると使いづらい人にぴったり。

一方で、弱と中の間くらいといった調節はできません。

風量を細かく調節したい場合はDCモーターを搭載したモデルを選びましょう。

▼消費電力が大きい
ACモーターは消費電力の大きさがネック。

本体価格は安く済ませられますが、毎月かかる電気代はDCモーターより高いです。

利用頻度の高い人、長期的な利用を考えている人はDCモーターを選んだほうがトータルの出費が抑えられます。

利用頻度がそこまで高くない人、とにかく初期費用を安くしたい人はACモーターを選ぶといいでしょう。

モーターの違いはこちらもチェック

「静かさ」で選ぶ

静かさで選ぶ

扇風機を使っているときの騒音が気になる場合は静音性をチェックしましょう。

静音性は「モーターの種類」と「羽根の枚数」に影響します

DCモーターを搭載したモデルなら静かな音で利用できるものが多いです。

また、羽根の枚数が多いほど送風時の音が小さくなります。

一人暮らしのワンルームや寝室などで扇風機を使いたい人は、DCモーターで羽根の枚数が多いモデルがおすすめです。

メーカーによっては性能・スペック表に「dB(デシベル)」という単位で運転音が表示されていることがあります。

静かな環境で扇風機を使うなら50dB以下を基準に選んでおけば安心です。

dB数と音の大きさの目安はこちらを参考にしてみてください。

分類 騒音レベル 大きさの目安
うるさい 70dB ・騒々しい事務所の中
・騒々しい街頭
・やかんの沸騰音
60dB ・静かな乗用車
・普通の日常会話
・掃除機
ふつう 50dB ・静かな事務所
・家庭用クーラーの室外機
・換気扇
40dB ・市内の深夜
・図書館
・静かな住宅地の昼
しずか 30dB ・郊外の深夜
・ささやき声
20dB ・ささやき
・木の葉のふれあう音

※引用元:日本騒音調査ソーチョー『騒音値の基準と目安』

「制御方式」で選ぶ

制御方式で選ぶ

扇風機には大きく分けて「マイコン式」と「メカ式」の2種類の制御方式があります。

それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

マイコン式

リモコンの画像

「マイコン式」はリモコンを使った遠隔操作が可能な制御方式です。

リズム機能やタイマー機能などの便利な機能がリモコン操作で利用できます。

扇風機の機能性や使いやすさを重視するならマイコン式の扇風機がおすすめです。

メカ式に比べると本体価格が高い傾向にあります。

その分、高性能なモデルが多いので扇風機選びの際は一度チェックしてみてください。

メカ式

メカ式扇風機のイメージ画像

「メカ式」は古いタイプの扇風機から採用されている制御方式です。

本体下の部分にあるボタンを操作して電源を付けたり、風量を調節したりできます。

比較的シンプルなモデルが多く、風量調節以外にはオフタイマー機能程度しか搭載されていないものがほとんど。

そのため、本体価格が安いところが魅力。

必要最低限の機能だけあればいい人、本体購入費用を抑えたい人におすすめな制御方式です。

下へスクロールアイコン【2021年】扇風機のおすすめモデルを見る

「首振り」で選ぶ

首振りで選ぶ

部屋全体にしっかりと風を送りたい人は首振り機能の有無をチェックしてください。

現在販売されている多くのモデルは左右の首振りに対応しています。

ただ、モデルによって首振りできる角度が異なるので、なるべく広い範囲に風を送るなら首振り角度の広いものを選びましょう。

扇風機のなかには上下方向に首振りできるタイプもあります。

サーキュレーターのように空気を循環させ、エアコンと併用して使いたい場合は上下の首振りに対応したモデルが便利です。

なお、扇風機の首振りは手動で角度調節するタイプと自動タイプの2種類あります。

首振り機能の有無とあわせてどちらのタイプなのかチェックしておきましょう。

「機能」で選ぶ

機能で選ぶ

扇風機はメーカーやモデルによって、さまざまな便利機能が搭載されています。

いくつか代表的な機能を紹介するので、自分のライフスタイルにあった機能を選びましょう。

リモコン

リモコンを操作する画像

使い勝手にこだわりるなら「リモコン」機能は必須といえるでしょう。

リモコンが使えるモデルなら離れた場所から遠隔で操作できます。風量の調節やタイマーの設定、首振りの角度調節といったさまざまな機能が手軽に利用できて便利です。

ただ、リモコンで操作できる範囲(機能)はモデルごとに違うので、あらかじめチェックしておきましょう。

タイマー

砂時計の画像

就寝中にも扇風機を使うなら「タイマー」機能を搭載したモデルがおすすめです。

タイマー機能を使うと設定した時間で扇風機の運転を停止させることができます。

寝ている間に扇風機の風に当たりすぎて体調を崩したことがある人はぜひチェックしておきたい機能です。

また、タイマー機能があれば使いたいときだけ扇風機を運転できるので、無駄な消費電力を抑えて電気代の節約にもつながります。

高性能なモデルになれば設定した時間に運転を開始する入タイマーを搭載したものもあります。

チャイルドロック

チャイルドロックのイメージ画像

小さい子供がいる環境で扇風機を使う場合は「チャイルドロック」機能をチェックしてみましょう。

チャイルドロック機能を搭載したモデルなら、誤って扇風機の羽根に触れてケガをすることを防いでくれますよ。

ケガのリスクを完全になくしたい人は羽根なし扇風機を選ぶのもおすすめです。

コードレス

コードの画像

「コードレス」タイプの扇風機はバッテリーを充電して動かすため、コンセントの場所を気にせずに利用できます。

また、ケーブルがないのでデスク周りをすっきりとさせられるのもメリットです。

場所を選ばずに扇風機を使いたい人はコードレスタイプを選びましょう。

センサー

扇風機のセンサーのイメージ画像

センサー機能を搭載したモデルは、検知した情報をもとに風量を自動で調節してくれるので便利です。

たとえば、「温度センサー」の場合は部屋の温度に応じて最適な風量に自動調節します。

「湿度センサー」は室内の湿度を検知して、高すぎるときは音やランプなどで通知したり、風量を調節したりする機能です。

センサー機能があれば快適な室温を保ちつつ、無駄な消費電力を減らすことができるので予算に余裕がある人はぜひチェックしてみてください。

下へスクロールアイコン【2022年】扇風機のおすすめモデルを見る

扇風機のおすすめメーカー

扇風機の基本性能や機能だけでは決めきれないときは、メーカーの特徴から選ぶのも手段のひとつです。

ここでは扇風機を販売している人気メーカー5社の特徴をご紹介します。

ダイソン(Dyson)

ダイソン

ダイソンは、イギリスに本社を置く人気電気機器メーカーです。

世界で初めてサイクロン式掃除機を開発したことでも知られています。

扇風機は空気清浄機能を追加した羽根なしタイプが有名。

送風しながら部屋の空気をキレイにしたい人はぜひチェックしておきましょう。

送風と空気清浄機の機能をまとめて使う場合は「Pure Cool」または「Purifier Cool」モデルがおすすめ。

さらにヒーター機能を搭載した1台3役の「Pure Hot + Cool」や「Purifier Hot + Cool」モデルならオールシーズン使えます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)のロゴ

アイリスオーヤマは、リーズナブルな価格の家電を数多く展開するメーカーです。

リビング扇風機、タワー型扇風機、ハンディファン、卓上扇風機、壁掛け扇風機と扇風機のラインナップも豊富。

自分のライフスタイルにあった扇風機を探しやすいでしょう。

また、アイリスオーヤマ製の扇風機は機能がシンプルなものが多く、使い勝手に優れています。

コスパ重視で扇風機を選びたい人はチェックしておきたいメーカーです。

シャープ(SHARP)

シャープ(SHARP)のロゴ

シャープは、キッチン家電や生活家電などあらゆる家電を取り扱う大手国内メーカーです。

現在販売されている扇風機はすべて「プラズマクラスター」機能を搭載しています。

プラズマクラスターは空中に浮遊しているカビ菌の除菌、静電気の抑制、イヤな臭いの消臭効果などの効果が期待できる非常に優れた機能です。

扇風機を使いながら部屋の空気環境をキレイにすることができるでしょう。

シャープ独自の「ネイチャーウイング」採用モデルでは、アホウドリの翼を応用することでムラを減らし、なめらかな風を送り届けます。

バルミューダ(BALMUDA)

バルミューダ(BALMUDA)のロゴ

バルミューダは、デザイン性に優れたおしゃれな家電が人気を集めているメーカーです。

扇風機は独自の技術で自然な風を作り出す「The GreenFan」モデルが有名。

バルミューダだけのグリーンファン技術により、通常の扇風機と比較して約4倍広がる風を実現しています。

圧倒的な静音性も魅力的で、一番弱い風量にしたときの運転音はたったの13dBです。

寝室で使っていても睡眠の妨げになりません。

また、バルミューダならではのおしゃれなデザインを採用しているので、インテリアにもこだわりたい人にぴったりです。

日立(HITACHI)

日立(HITACHI)のロゴ

日立は、ベーシックなリビング扇風機やスタイリッシュなタワー型扇風機などを展開する電機メーカーです。

操作部分は見やすく、シンプルな設計になっているため誰でも簡単に利用できます。

扇風機の風で体調を崩すことがある人には日立独自の「うちわ風」が便利。

本体に搭載された8枚の羽根がうちわであおいだような自然な微風を実現しています。

温度センサー搭載モデルなら室温によって風量を自動調節。

過ごしやすい室温をキープしながら、無駄な電力消費を抑えてくれます。

上にスクロールするアイコン目次に戻る

【2022年】扇風機のおすすめモデル

静かで静音性に優れた扇風機

静かさ重視

【シャープ】プラズマクラスター扇風機 [DCモーター][プラズマクラスター7000] ハイポジション・リビングファン PJ-N3DS-W

PJ-N2DS-W_4974019180977

最小音量16dBの静音設計

DCモーターの搭載により、高い静音性を実現。最弱の風量で運転した場合の音は16dBと非常に静かです。

「おやすみモード」も搭載しており、静音性に優れた機種であることが分かります。

やわらかな風が特徴の「ネイチャーウイング」採用で、一人暮らしでワンルームや寝室でも快適に使えるでしょう。

また、シャープ独自のイオン技術「プラズマクラスター」を搭載。

プラズマクラスターは空気中に浮遊しているカビ菌の除菌や静電気の抑制効果が期待できます。

また、イヤな臭いの消臭効果もあるので、臭いの気になる場所・衣類があるときはスポット的にプラズマクラスターを当てておけば消臭可能です。

種類 リビング扇風機
モーター DCモーター
羽根の枚数 7枚
制御方式 マイコン式
首振り機能 上下・左右
首振り角度 上:約50度
下:約21度
横:約90度
リモコン
タイマー 入/切タイマー
チャイルドロック
センサー
消費電力 20W
本体サイズ

幅:370mm
奥行:370mm
高さ:845mm

重量 約6kg

【コイズミ】リビング扇風機 KLF3011-W

KLF3011-W_4981747073396

DCモーター搭載、7枚羽根でやさしい風をしっかりと

DCモーターの搭載により、省エネ・静音・細かい調節が可能となりました。

室温関知で自動風量調整のおまかせモードを搭載し、エアコンとの併用でより快適な環境を築くことができます。

手動で上90度に首振りが可能で、上向きにしてサーキュレーターとしても活躍します。

コスパの良い製品で、性能もしっかりしていておすすめできる扇風機の一つです。

リモコンホルダーも付いていて使わない時に収納できて便利です。

種類 リビング扇風機
モーター DCモーター
羽根の枚数 7枚
制御方式 マイコン式
首振り機能 上下・左右
首振り角度

上:約90度
下:約10度
横:約40、70、110度

リモコン
タイマー 入/切タイマー
チャイルドロック
センサー 温度センサー
消費電力 20W
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)

幅:360mm
奥行:360mm
高さ:690~840mm

重量 約3.1kg

【山善】DCリビング扇 コンパクト収納 YKHX-FGD30-W

YKHX-FGD30-W_4983771101113

静音性とコンパクト収納

DCモーターを搭載し、静音性、省エネ、細かい風量設定など、使用感の良い扇風機です。

ポールやリモコン、アダプターが土台に収納でき、羽根の部分と重ねてコンパクトに収納できます。

風量設定は8段階あり、1段階目は静音性に優れ、静かでおやすみ中でも気になりにくいやさしい風を送ります。

心地の良い微風から、夏の暑さを吹き飛ばす強風まで、様々なシーンでの使用が可能です。

また、リズム運転に対応しており、自然風のような変化のある風を楽しめます。

種類 リビング扇風機
モーター DCモーター
羽根の枚数 9枚
制御方式 マイコン式
首振り機能 上・左右
首振り角度

上:約90度
横:約30、60、90、120度

リモコン
タイマー 切タイマー:1・2・4・6時間
チャイルドロック
センサー
消費電力 19W
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)

幅:350mm
奥行:350mm
高さ:640、920mm

重量 約3.3kg

涼しい冷風運転のできる扇風機

冷風運転

【山善】冷風扇【大風量タイプ】 FCR-F452W

YAMAZEN 山善 風扇【大風量タイプ】  FCR-F452W

涼しい冷風でエアコンが苦手な人も安心

こちらのモデルは水を気化させて冷風を送り出すことができる冷風扇となっています。

エアコンの冷房だと強すぎる、という人には冷風運転がおすすめ。

送風運転のみにも対応しているので、通常の扇風機のようにして使うことも可能です。

給水用の2Lタンクはカンタンに取り外しが可能で使いやすいのもポイントでしょう。

リモコン付きで操作しやすく、リズム風にも対応しているため、夏の厳しい暑さにも涼風を直接感じることができます。

種類 タワー型冷風扇
モーター
羽根の枚数
制御方式 マイコン式
首振り機能 左右:約50度
首振り角度
リモコン
タイマー 切タイマー
チャイルドロック
センサー
消費電力 37W
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)

幅:330mm
奥行:330mm
高さ:865mm

重量 約5.4kg

【アイリスオーヤマ】冷風扇【マイコン式】 KCTF-01M

KCTF-01M_4967576542524

リズム風モード・おやすみモード搭載の冷風扇

エアコンよりも優しく、扇風機よりも涼しい、心地よい冷風を送り出すことができる冷風扇です。

左右に自動で動くルーバーがついており、部屋全体に風が行き渡ります。

大容量のタンクで給水の手間も少なく、付属されている冷却パックと水を一緒にタンクに入れることで、よりいっそう涼しい風を感じることが可能です。

運転モードは連続モードとリズム風モード、おやすみモードの3種類から選択できます。

エアコンの風は苦手だけど涼を楽しみたい人におすすめです。

種類 冷風扇
モーター
羽根の枚数
制御方式 マイコン式
首振り機能
首振り角度
リモコン
タイマー 切タイマー
チャイルドロック
センサー
消費電力 50W
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)

幅:298mm
奥行:282mm
高さ:752mm

重量 約7.9kg

価格の安い、コスパ重視の扇風機

コスパ重視

【コイズミ】リビング扇風機 【ACモーター/自動首振り/風量3段階】 KLF3025W

KOIZUMI コイズミ リビング扇風機 【ACモーター/自動首振り/風量3段階】  KLF3025W

大きめの羽根でやさしく送風

7枚の羽根を搭載した扇風機です。一枚一枚の羽根が大きめなので、やさしい風を送り出せます。

本体下部にある操作部は、送風量調節ボタンと切タイマーのつまみだけのシンプルなデザインを採用。

必要最低限の機能を抑えた、誰でも使いやすい作りになっています。

左右約70度の自動首振り機能を搭載。手動なら上下の角度調節にも対応しているため、部屋の環境に合わせて広範囲に送風できます。

種類 リビング扇風機
モーター ACモーター
羽根の枚数 7枚
制御方式 メカ式
首振り機能 上下・左右
首振り角度 上:約30度 下:約10度 横:約70度
リモコン
タイマー 切タイマー
チャイルドロック
センサー
消費電力 50Hz:27W/60Hz:32W
本体サイズ (幅×奥行×高さ) 幅:360mm 奥行:340mm 高さ:690~840mm
重量 約3.4kg

【山善】メカ式 リビング扇風機 YLT-AK305-W

YLT-AK305-W_4983771997419

分かりやすいシンプルな扇風機

昔ながらの押しボタン式の扇風機です。

小さな子どもがいる家庭などで役に立つメッシュガード付きで、指を入れて怪我をするのを防いでくれます。

様々な機能が付いているものより、シンプルで使いやすい扇風機をお探しの人におすすめのモデルです。

価格もお手頃で、お求めやすい製品です。

種類 リビング扇風機
モーター ACモーター
羽根の枚数 5枚
制御方式 メカ式
首振り機能 上下・左右
首振り角度

上:約24度(手動)
下:約8度(手動)
横:約80度

リモコン
タイマー 3時間切タイマー
チャイルドロック
センサー
消費電力 36W
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)

幅:370mm
奥行:340mm
高さ:680~870mm

重量 約2.9kg

空気清浄機能付きの扇風機

空気清浄

【ダイソン】リモコン・空気清浄機能付タワーファン 「Dyson Pure Cool Link」ホワイト/シルバー TP03WS

TP03WS_5025155029091

オールシーズン使える空気清浄機能付き

こちらはダイソンで人気の「Pure Cool」モデルです。

扇風機の機能だけでなく、空気清浄機能も付いているため、涼みながら空気の汚れを掃除できます。

空気清浄機やサーキュレーターとしても利用できるので、暑い季節以外でも活躍するでしょう。

専用の「Dyson Linkアプリ」をインストールしておけば、スマホの画面で空気の状態をリアルタイムでチェックできます。

また、風量やタイマー、首振りなどの設定をスマホから操作することも可能です。

「オートモード」機能を使うと、空気の状態によって風量を自動調節してくれます。

種類 羽根なし扇風機
モーター DCモーター
羽根の枚数
制御方式 マイコン式
首振り機能 横:約90度
首振り角度
リモコン
タイマー 切タイマー(15分~9時間)
チャイルドロック
センサー 風量調整センサー
ニオイセンサー
消費電力 56W
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)

幅:196mm
奥行:196mm
高さ:1,022mm

重量 約3.72kg

【ダイソン】空気清浄機能付きタワーファン 「dyson purifier cool」 シルバー/ブルー TP07SB

TP07SB_5025155059050

350度の首振りで確実に空気を清浄

空気清浄機と扇風機で1台2役のダイソンpurifier coolのタワーファンです。

高性能HEPAフィルターがハウスダスト、花粉、ウィルスを捕え、活性炭フィルターが有害なガスやニオイを除去することで、室内の空気を清潔に保ってくれます。

夏はパワフルで涼しい風を、寒い時期には涼しい風を送らずに空気を清浄します。

Dyson Linkアプリをインストールしておけば、お手持ちのスマホなどでご自宅の空気の状態をチェックしたり、コントロールしたりすることができます。

以前のモデルより運転音が最大20%低減し、静音性も向上しました。

種類 羽根なし扇風機
モーター DCモーター
羽根の枚数
制御方式 マイコン式
首振り機能 横:350度
首振り角度
リモコン
タイマー スリープタイマー
チャイルドロック
センサー

粒子センサー
有害ガスセンサー
ニオイセンサー

消費電力 40W
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)

幅:220mm
奥行:220mm
高さ:1,050mm

重量 約4.99kg

おしゃれなデザインの扇風機

デザイン重視

【バルミューダ】リモコン付リビング扇風機 「ザ・グリーンファン」(9枚羽根) EGF1700-WG

EGF1700-WG_4560330110214

インテリアにも馴染むおしゃれなデザイン

おしゃれな家電でおなじみのメーカー「バルミューダ」製の扇風機です。

スタイリッシュなデザインを採用しているので部屋の雰囲気を崩しません。

風の気持ちよさにこだわっている扇風機で、バルミューダ独自のグリーンファンテクノロジーにより、自然な風を実現

従来の扇風機に比べても約4倍広がる風を届けることができます。

送風効率に優れた羽根とモーターを搭載した、高い省エネ性能も魅力。

最弱で運転しているときの消費電力はわずか1.5W、最大でも20Wと非常に経済的です。

種類 リビング/卓上扇風機
モーター DCモーター
羽根の枚数 9枚
制御方式 マイコン式
首振り機能 上下・左右
首振り角度

上:約19度
下:約11度
横:約75度

リモコン
タイマー 切タイマー
チャイルドロック
センサー
消費電力 20W
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)

幅:330mm
奥行:320mm
高さ:497、871mm

重量 約4.1kg

【スリーアップ】充電式スマートデザインファン ホワイト LFT2122WH

LFT2122WH_4589557508338

ライフスタイルに応じていつでもどこでも

充電式で場所を問わず使用することができる扇風機です。

独自設計のファンシステムと高性能バッテリーの搭載により、パワフルな送風を可能にしました。

左右自動スイング機能により、効率良く広範囲に風を送ることができます。

名前の通りスマートなデザインで、おしゃれな扇風機が欲しい人におすすめです。

種類 充電式扇風機
モーター DCモーター
羽根の枚数 7枚
制御方式 マイコン式
首振り機能 上下・左右
首振り角度

上:約45度
下:約15度(手動)
横:120度

リモコン
タイマー 切タイマー(2・4・6時間)
チャイルドロック
センサー
消費電力 6.5W
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)

幅:205mm
奥行:170mm
高さ:370~510mm

重量 約1.2kg

【スリーアップ】スリムタワーファン TF-T1911WH

TF-T1911WH_4589557504996

デザイン性に優れた美しいフォルムのタワー型扇風機

まるでオブジェのような美しいフォルムのタワー型扇風機です。

場所をとらず直径20cm以上のスペースさえあれば設置が可能です。

風量設定、自動首振り、オフタイマー設定など機能も充実しており、扇風機としても優秀です。

液晶画面に室温が表示されるので、お部屋の室温管理がしやすくなります。

スタイリッシュな扇風機で、おしゃれな部屋にしたい人におすすめのモデルです。

種類 タワー型扇風機
モーター
羽根の枚数
制御方式 マイコン式
首振り機能 左右
首振り角度 横:約70度
リモコン
タイマー オフタイマー
チャイルドロック
センサー
消費電力 50W
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)

幅:195mm
奥行:195mm
高さ:910mm

重量 約3.8 kg

扇風機の電気代はどれくらい安い?

扇風機は消費電力が小さい家電なので、エアコンなどのほかの空調家電と比べて電気代が安いです。

しかし、実際どれくらい安いのか気になる人は多いはず。

それでは人気メーカー「ダイソン」「山善」「バルミューダ」の3社が展開する扇風機の電気代をまとめた表を見てみましょう。

  ダイソン 山善 バルミューダ
機種名 TP07 WS YLR-HED304 The GreenFan
最大消費電力 40W 19W 20W
1時間 約1.08円 約0.513円 約0.54円
24時間 約25.92円 約12.31円 約12.96円
1ヶ月間 約777.6円 約369.36円 約388.8円

※電気代は『電気料金計算ツール』をもとに計算した目安です。契約している電力会社によって異なります。

最大風量で運転した場合、1時間あたりの電気代は0.5円~1円程度です。24時間連続で運転し続けても12円~25円程度しかかかりません。
最大風量で1ヶ月間付けっぱなしだと、月間の電気代は350円~750円ほどです。

しかし、扇風機を最大風量で24時間毎日運転することはほとんどありません。

また、弱風運転なら消費電力が1.5W~3Wのものが多いことを考えると、大半の人の電気代は表の金額よりも安く済みます。
実際にかかる1ヶ月あたりの電気代は、100円~200円程度になるでしょう。

まとめ

今回は、扇風機の選び方を解説しつつ、おすすめモデルを12個ご紹介しました。

扇風機選びで失敗しないために、チェックしたいポイントは大きく6つあります。

  • 種類
  • モーター
  • 静かさ
  • 制御方式
  • 首振り
  • 機能

なかでも「モーター」の種類は扇風機の性能・価格に大きく影響してくるので、それぞれの違いをしっかりと理解しておくようにしましょう。DCモーターとACモーターのメリット・デメリットはこちら。

  メリット デメリット
DCモーター ・消費電力が少なく、電気代が安い
・静音性に優れている
・細かい風量調節ができる
・本体価格が高い
ACモーター ・本体価格が安い ・細かい風量調節ができない
・消費電力が大きく、電気代が高くなる

騒音が気になる一人暮らしのワンルームや、寝室などで扇風機を使う場合は静音性に優れたモデルを選ぶようにしましょう。運転時の音はDCモーターを搭載していて、羽根の枚数が多いほど静かになります。

小さい子供がいる家庭であればチャイルドロック機能が付いていると安心ですよ。

関連記事

扇風機はDCモーター型が主流?ACとの違いやメリットなどを徹底解説!

エアコンにサーキュレーターって必要?めざましテレビで話題のエルソニックの折り畳みコンパクト扇風機もご紹介!

エアコンの電気代はいくら?暖房や冷房、除湿、つけっぱなしの場合、節約方法を解説

エアコンのおすすめ10選|安い機種や6畳など畳数別、人気メーカーの特徴も紹介

エアコンの冷房と除湿はどう使い分けたらいいですか?

機能の違いや部屋の広さに注目! エアコンの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は役に立ちましたか?

ピックアップ

  • ネットでお買い物するならノジマオンライン

    ネットでお買い物するならノジマオンライン

  • ノジマ公式チャンネル

    小ネタを動画でも!ノジマ公式チャンネル

関連記事

人気記事ランキング