CSR活動

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.環境への取り組み 「ノジマ環境宣言!! 省エネで地球と環境に優しく。」

ノジマメガソーラーパークの整備

相模原市と共同でメガソーラー(大規模太陽光発電所)を整備し、平成26年より運転を開始しました。愛称使用料として年額100万円を市に納付するとともに、売電収入の5%相当額もあわせて納付させていただきます。これらは、地球温暖化対策推進基金として積み立てられ、地球温暖化対策を支援するための財源としてご活用いただくこととなっております。

エコ振興基金

約30年前より、社会貢献活動の一環として、出店している地域の自治体へ、省エネ製品や家電等を寄贈しております。

寄贈実施年度 寄贈物品 寄贈額 寄贈先自治体数
平成28年度 4Kモニタ43インチ/コンベクションオーブン/IHクッキングヒーター/洗濯機等 4,200万円 99
平成27年度 LEDデスクライト/LEDシーリングライト/USBポート付ACチャージャー/シンプル電話機 2,300万円 84
平成26年度 LEDモニターテレビ(19インチ) 3,000万円 82
平成25年度 ポータブルAC電源/コンパクトソーラーライト 1,400万円 85
平成24年度 扇風機/LED電球 2,782万円 83
平成23年度 コンパクトソーラーライト/LED電球 4,068万円 76
平成22年度 電動スクーター/LED電球/電球型蛍光灯 2,300万円 67
平成21年度 電動スクーター/LED電球/電球型蛍光灯 1,440万円 55
平成20年度 IT振興券(※) 600万円 42
平成19年度 IT振興券(※) 182万円 38
平成18年度 IT振興券(※) 1,195万円 42
平成17年度 IT振興券(※) 865万円 36

(※)IT振興券・・・店舗で額面相当の商品と引換え可能な金券

LED製品の普及活動

プライベートブランド「ELSONIC」でLED電球を低価格にて発売するとともに、蛍光管器具の店頭販売取りやめ、LED専門売場の新設、低価格のLEDシーリングライトの取扱開始など、業界に先駆けた取り組みを続けております。
また、本部では全ての照明のLED化が完了しておりますが、全店舗の店内照明も順次LEDへと切り替えを進めております。

グリーン購入大賞・審査員奨励賞受賞

横浜市、東芝ライテック社と共同で、白熱電球からLED電球への買替えを促進するキャンペーンを展開してまいりました。CO2排出量の削減に直接的で大きな効果が見込めるLED電球の拡販に、メーカーと流通事業者、行政等が一体となって取り組んだことが高く評価され、「第13回グリーン購入大賞」の審査員奨励賞を受賞いたしました。

2.社会・地域貢献活動 「”社会に貢献する経営”」

「横浜型地域貢献企業」に認定

「横浜型地域貢献企業認定制度」は、横浜市によるCSR認定制度です。地域貢献の視点で雇用や環境などの事業活動に取り組んでいる企業を、一定の基準のもとに「横浜型地域貢献企業」として認定するものです。当社の、横浜市を中心とした地域におけるCSR・社会貢献に関する数々の取り組みが高く評価され、「最上位認定」を取得いたしました。

「スポーツで日本を元気に!」

スポーツを通じた地域活性化や文化振興活動として、神奈川県内初のなでしこリーグ入りを目指し、女子サッカーチーム「ノジマステラ神奈川相模原」を設立。また、「ノジマ相模原ライズ(アメリカンフットボール・Xリーグ)」、「横浜DeNAベイスターズ(プロ野球)」など、地元・神奈川県のチームを中心にスポンサー契約を締結し、積極的な支援を行っています。
また、2016年4月には、ゴルフのシニアツアーの活性化と、地元・神奈川県箱根町への貢献の観点から、「ノジマチャンピオンカップ箱根シニアプロゴルフトーナメント」を主催することとしました。
今後もスポーツを通じて、地域を、日本を元気にできるよう、様々な試みを行ってまいります。

「スポーツを通じた地域・社会貢献」

ノジマステラ神奈川相模原は、地域・社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。赤い羽根共同募金の街頭募金活動への協力や、地元の河川敷の清掃、地域イベントへの参加等、主に地元神奈川の皆さまとのふれあいを通じた地域・社会貢献を行っております。
さらに、ノジマの店舗や、各地でのイベントにおいてサッカー教室を開催する等、神奈川県のサッカーの裾野を広げるための取り組みも続けております。
また、ノジマがサポートするアメリカンフットボールチーム・ノジマ相模原ライズも、相模原地区の清掃活動や地域のお祭りへの参加など、地域に根差した活動を積極的に行っております。

「お子様を対象に職場体験学習を実施」

ノジマで働くことを通じて、職業や仕事の実際について体験したり、スタッフやお客様と接したりすることで、勤労観や職業観を育み、進路や物事の決定に必要な能力を身に付けることができます。
より店舗を身近に感じていただくことはもちろん、地域社会の一員として、今後も様々な企画で、将来の担うお子様の成長を応援していきます。

3.ガバナンス・コンプライアンス 「透明度の高い経営を目指して」

コーポレートガバナンス

  • 透明度の高い経営を目指し、業界に先駆けて「委員会設置会社」へ移行。(H15年6月より)
  • 内部牽制組織として「内部監査室」を設置。各店舗及び本部各セクションを巡回し、法令、定款、社内諸規程を遵守し適切に業務遂行しているかを監査、改善提案・指導。
  • 経営理念「社会に貢献する経営」。法令遵守はもとより、社会的規範をまっとうし、倫理観を高く保つ。
  • 正確な経営情報の積極的開示。
  • 広く社会とのコミュニケーションを図り、社会に評価される透明な経営を目標とする。

コンプライアンス、リスク管理

  • コンプライアンスグループにて、「内部通報制度」を活用し、問題を早期に発見し、適切に対処。
    「リスク管理規程」「コンプライアンス規程」その他関係規程に従い、グループ全体のコンプライアンス体制を推進。

4.従業員の健康促進 「ノジマ健康経営宣言」

健康への取り組み

    定期健康診断では年齢等にかかわらず血液検査を実施し、未受診者への受診促進により、受診率100%を達成しています。
    また、長時間労働への対策として、全従業員の残業時間等を週次で配信し、早期退店を実現した店舗に対しインセンティブ付与を行うことにより、過重労働者を発生させない体制を構築しています。

従業員の安全配慮

    全事業所にて安全衛生委員会、または安全衛生会議を行い、安全に配慮した職場づくりに尽力しています。
    労働災害の発生の恐れがある事項に対しては、重大性と頻度を考慮したリスクアセスメントを実施し、都度リスク低減措置を講じています。

さらなる健康の維持増進に向けて

    代表執行役社長をトップとした「健康推進委員会」を設置し、健康課題についての対策を推進しています。