従業員への取り組み

<<サステナビリティの取り組みに戻る

健康経営の取り組み

方針

ノジマグループは、従業員の健康の維持、増進を重要課題と認識し、「ノジマ健康経営宣言」を公表しました。

ノジマ健康経営宣言

ノジマ健康経営宣言 https://www.nojima.co.jp/corporation/csr/

マネジメント体制

マネジメント体制図
  • 代表執行役社長をトップとした「健康推進委員会」を設置し、健康課題についての対策を推進しています。
  • 全事業所にて安全衛生委員会、または安全衛生会議を行い、安全に配慮した職場づくりに尽力しています。労働災害の発生の恐れがある事項に対しては、重大性と頻度を考慮したリスクアセスメントを実施し、都度リスク低減措置を講じています。
  • 産業医とつなぐ相談窓口を設置しています。

健康経営の推進と実績、計画

【健康の維持・増進】

  • 定期健康診断は例年受診率100%を達成しています。また、年齢等にかかわらず血液検査や心電図検査、ガン検査を実施し、健診内容の充実化を図っています。
  • 健康リスクのある従業員(高血圧・高血糖)に対し、再検診の勧奨や、健康保険組合と連携をとり、特定保健指導を実施します。また、健康リスクのある従業員に関して、食生活改善に向けた集合研修を行います。
  • 喫煙率を減少させるために、全社で禁煙キャンペーンを実施し、非喫煙率90%を達成した店舗へインセンティブ付与を行いました。また、2019年10月より営業時間及び敷地内での喫煙を禁止としました。
  • 産業医へつなぐ相談窓口を設置しています。

ご参考:データで見るノジマ(ノジマ新卒採用サイトへ移動します) https://recruit.nojima.co.jp/about/knowdata/

  2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
定期健康診断受診率 100% 100% 100% 100% 100%
肥満率 24.1% 25.4% 26.1% 25.5% 27.2%
高血圧者 21.0% 20.7% 21.7% 21.0% 17.9%
高血糖者 11.5% 11.8% 11.9% 11.0% 7.7%
喫煙率 35.4% 34.0% 30.2% 20.0% 25.7%

【働き方改革】

長時間労働への対策として、全従業員の残業時間等を週次で配信し、残業の少ない店舗に対しインセンティブ付与の実施や、店舗責任者及びエリア責任者、そして人事が残業マネジメントを行い、過重労働者を発生させない体制を構築しています。:月平均残業時間10時間

【労働安全衛生】

  • 毎月安全衛生委員会を50人未満の事業所でも実施し、その際にヒヤリハット・リスクアセスメント・巡視チェックも併せて実施しています。
  • 店舗・本部ともに出勤前、出勤時の検温やパーテーションの設置、消毒の実施などコロナ対策を徹底し、従業員の安全対策に努めています。

【教育・研修】

  • 全従業員を対象に、社内の学習ツールでメンタルヘルスに関する動画を使い、教育を行っています。
  • 健康保険組合と連携しての特定保健指導の実施をしています。
健康経営優良法人2021ロゴ
健康経営優良法人2021に、令和3年3月4日に認定されました。
DBJ健康経営格付ロゴ
DBJ健康経営格付けのAランクを2019年4月25日に取得しました。

多様性の推進(多様な人材活躍、多様な働き方の推進)

方針

ノジマグループは、 「チャンスは平等、評価は公正」のもとに人事制度が設計されており、多様な人材活躍と多様な働き方を促進しています。また、「出る杭は伸ばす」という考えのもと、社歴や役職に関係なく、誰にでも自由に発案、企画実行するチャンスを提供しています。新入社員のアイデアが全社的に採用された事例も珍しくありません。また、「実家から通いたい」「家族との時間を大切にしたい」など、さまざまな要望を考慮し、各ノジマ店舗への配属を決定します。キャリアアップによる異動もありますが、本人の意思を充分に確認してから行われます。

ご参考:データで見るノジマ(ノジマ新卒採用サイトへ移動します) https://recruit.nojima.co.jp/about/knowdata/

マネジメント体制

当グループは、担当する取締役兼執行役を設置し、全社グループレベルで多様性の推進や、問題が発生した場合の対策を迅速に実施できる体制を構築しています。

多様性の推進と実績、計画

【ワークライフバランス】

  • 従業員が仕事とプライベートともに充実し、仕事に対して働きがいを持って働ける環境(※)づくりに努めています。 ※2018年度の有給取得率は、49.1%。2017年度の48.2%から0.9%アップするなど、さらに有給が取りやすい環境になってきています。
  • 希望する勤務地域への配属率は100%です。
  • 毎年、社員旅行を実施し、3500名程度が参加しています。家族の参加も可能です。社長の従業員に対する「1年間ありがとう」「今年も頑張ろう」の想いの詰まった恒例行事です。
  • ノジマグループの従業員を対象とした社内婚活イベント”NOJIKON”を開催しています。(開催実績2017~2019。2020年以降はコロナのため開催自粛)
    この取り組みが、第7回「結婚・婚活メディアカンファレンス」(一般社団法人 結婚・婚活応援プロジェ クト主催)において、「結婚・婚活応援アワード2021」の「企業・団体部門」で表彰されました。 プレスリリース

【多様な人材の活躍】

  • リモートワークの導入や、フレックスタイム制を認めています。
  • 同一労働同一賃金の考え方が広まる前から、社員・パートナー(アルバイト)の賃金差等はありません。また、優秀なパートナーの方にはストックオプションの付与や新年会への参加などの福利厚生も同等としています。
取り組み/制度 2020年度の実績 2021年度実績 備考
女性役職者の比率

17.6%(314名)

22%(312名)  
女性管理職の比率

9.7%(35名)

13%(41名)  
女性店長の数 10% 12%(33人)  
障がい者雇用の人数 150名 160名  

オーダーエントリー制
※社内公募への応募にあたり、年齢制限や上司への相談不要の「出る杭は伸ばす」キャリアアップ制度です。

12部署、22名 9部署、20名  
65歳以上の従業員 44名 50人 シニア人材に活躍しつづけてもらう場を提供するため、2021年「改正高年齢雇用安定法」に先がけて、臨時従業員として最長80歳まで雇用延長できる制度を制定しました。
雇用形態や性別、年齢に関係なく活躍できる環境づくり 20代昇進平均年数:3年4カ月 20代昇進平均年数:2年5カ月  
ひとり親家庭支援

159名

257人

ひとり親家庭への福利厚生を2020年7月1日より拡大しました。
※参考プレスリリースhttps://www.nojima.co.jp/news/category/info/57525/

不妊治療補助金制度 23名 15名 一夫婦当たり60万円を実費にて支給します。所得は回数制限なく支援が受けられ、自治体による補助との併用も可能な業界初の制度です。
他社からの出向受け入れ 200名 92名 航空業界、ホテル業界等から受け入れ。
出向説明会
出向説明会

【女性の活躍推進】

各種制度 概要 2020年度 2021年度
産前産後休暇 産前6週間前/産後8週間の産休制度に加え、体調の安定しない「産前に最大70日間」の休暇がとれる独自の制度です。 取得者:94名 取得者:144名
育児休暇制度 最長2年間の取得が可能です。男性の取得例も増えています。復帰後にキャリアが制限されることもありません。

・取得者:218名
うち新規取得者は113名
(男女比率:女性86%:男性14%)
・復職者数:115名
・復帰率:90%

・取得者:308名
うち新規取得者は151名
(男女比率:女性76%:男性24%)
・復職者数:139名
・復帰率:99%

時短勤務制度 法定の期間(小学校就学前)をノジマ独自に延長し、小学校5年生の始期に達するまで取得可能な制度です。 取得者:101名 取得者:108名
保養施設優待利用 リゾートホテルやスポーツクラブ等の提携保養施設を割安で利用可能な制度です。    
学業支援制度 子どもが高校・専門短大・大学に入学する際の学業費用を支援する制度です(大学入学時最大100万円ほか規定により支援)。  使用者人数:17名   使用者人数:21名

ノジマグループは、「女性の活躍推進協議会」が実施する「ポジティブアクション」に取り組んでいます。ポジティブアクションとは、固定的な男女の役割分担意識や過去の経緯から、 営業職に女性はほとんどいない、課長以上の管理職は男性が大半を占めている等の差が男女労働者の間に生じている場合、 このような差を解消しようと、個々の企業が行う自主的かつ積極的な取組をいいます。

ポジティブアクションロゴ

【ノジマ社内報「I am nojima」~多様な人材の紹介~】

2022年3月1日より、ノジマ社内報「I am nojima」をノジマ店頭で公開しています。 ノジマで働く”人”にスポットをあてた社内報で、多様な人材を紹介していきます。 メーカーからの派遣スタッフがいないノジマでは、すべて自社の従業員が接客を担当してます。 そんな従業員一人ひとりの想いや、考え方、それに付随する会社の制度などを掲載しています。 ぜひ店頭やホームページでご覧いただけますと幸いです。 (店頭に設置している冊子は、ご希望の方はお持ち帰り頂けます。)

2022年 春号

人材育成・キャリア開発支援

方針

販売はあらゆる職種の基本となるため、ノジマではまず販売を経験します。 現場に立ち、お客様を知り、お客様の暮らしやニーズを本当に体感できないと、本質を突いた経営企画も、商品開発も、マネジメントもできません。 決して古い考え方の押し付けではありません。現場を知ることは、むしろ最先端のやり方です。シリコンバレーでも、経営コンサルタントの方々も、現場から新しいビジネスのヒントを得て、創造しています。 データだけでは正解は導けない、現場にこそ答えがあると考えます。

企画販売アドバイザーと各部

人材育成・能力強化の取り組みと実績、計画

【キャリア開発支援の全体像】

キャリア開発支援の全体図

企画販売アドバイザーからのキャリアステップとして「マネジメントコース」「販売プロフェッショナルコース」「本部スタッフコース」があります。 目標に向かって果敢に挑戦できる人には、さまざまな経験の可能性がある環境です。

  • 若手社員に関するフォロー研修や役職に上がる際に研修を実施しています。
  • 毎日、全員が日報を記載し、上司が部下の日報にコメントするなどのコミュニケーションをとっています。出勤日が重ならなかった部下にも日報を通じて育成をしています。(部下も上司の日報閲覧が可能です。)
  • 性別・年齢・社歴に関係なく評価を行う「360度評価」を実施しいます。

<<サステナビリティの取り組みに戻る

MENU