nojima

2020.7.28お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

定年後、最長80歳まで雇用を延長

~ノジマは働くシニアを応援いたします~

株式会社ノジマ(本社:神奈川県横浜市、代表執行役社長・野島廣司、URL:https://www.nojima.co.jp/)は、定年再雇用契約を80歳までとする就業規則を新たに策定しました。

2021年4月から「70歳までの就業機会確保の対応を努力義務」とする、高年齢者雇用安定法などの改正案が閣議決定されました。少子高齢化が進む日本において、優秀な人材の獲得は会社の成長に不可欠となっております。

ノジマにおいても、65歳の定年時の健康状態及び勤務態度、職務遂行能力等を勘案し、定年再雇用契約を締結し、臨時従業員(雇用期間は原則1年)として最長80歳まで雇用を延長できる制度を導入いたしました。

概要

開始 2020年7月1日~
期間 1年契約(原則)
再雇用契約期限 満80歳に達する日が属する月の末日を超えないものとする

政府が70歳までの就業機会の確保を努力義務などとする改正高年齢者雇用安定法を成立させたことを受け、ノジマは従来の65歳から大幅に雇用契約を延長します。
ノジマグループは、シニアの豊富な経験や能力を活用し、より社会貢献・地域貢献できる企業を目指していきます。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社 ノジマ
人事総務部 総務グループ 広報担当
 
取材・お問い合わせ窓口
URL:https://www.nojima.co.jp/corporation/massmedia/

TOP