洗濯機はドラム式か縦型かどっちがおすすめ?両方使用したからこその考察!

更新日時 : 2022-06-07 12:55

洗濯物のイメージ画像

洗濯機はドラム式と縦型、置き場所にもよりますが購入の際にどちらがいいのか?悩みますよね。

「洗濯機おじんさん」歴10年以上の私が経験のお話も交えて皆さんと一緒に考察していきたいと思います!

まず初めに縦型とドラム式の違いから紹介させていただきます。

この記事を書いたスタッフ ままともプラザ町田店 望月 功二

普段はノジマ ままともプラザ町田店で、洗濯機や冷蔵庫、炊飯器などの販売をしており、皆様の暮らしに少しでもお役にたてるよう心がけております。
洗濯機に興味がある方は、ぜひ1度店頭までお越しください!

 

縦型洗濯機(全自動洗濯機)の考察

縦型洗濯機(全自動洗濯機)のイメージ画像

縦型洗濯機は、昔からあるタイプで二層式洗濯機に対して、「全自動洗濯機」として一般的に販売されている一層式の洗濯機です。

洗濯槽の下に羽が付いていて、水を撹拌(かくはん)させて洗います。

縦型洗濯機の羽の部分のイメージ画像

縦型洗濯機のメリット

縦型洗濯機のメリットを表現したイメージ画像

洗浄力が高い!

洗浄力が高いイメージ画像

タップリの水量で洗剤を泡立たせて撹拌しながら衣類同士を「こすり洗い」して頑固な泥汚れなどを落とします。

サイズがコンパクト!

サイズがコンパクトなイメージ画像

洗濯槽はドラム式と比べて本体がコンパクトです。

ドラム式は大きくて置けないということもありますが、縦型ならほとんどの家庭で使用することができます。

そのため、一人暮らしの方や置き場所が限定されてしまう賃貸物件、古い家屋などに選びやすいです。

価格がドラム式に比べて安価!

価格がドラム式に比べて安価なイメージ画像

縦型は各メーカーさんがドラム式に比べて安価に設定されています。

ご使用のキロ数に合わせて選べるのも嬉しですよね♪

洗濯ネットがネジネジしづらい!

洗濯ネットがネジネジしづらいイメージ画像

これはあくまで私の使用感ですが、大きめの洗濯ネットに少量の洗濯物を入れたときの洗濯後のネットの捻れがドラム式に比べて少ないです。

ドラム式ですと某有名人のマフラーぐらいねじれることがありました(あくまで私の意見です!)。

縦型洗濯機のデメリット

縦型洗濯機のデメリットを表現したイメージ画像

節水が不得意。

節水が不得意なイメージ画像

縦型洗濯機はその形状理由からどうしても多くの水を使用しますので節水性はドラム式に比べて低くなります

衣類が傷みやすい。

衣類が傷みやすいイメージ画像

「こすり洗い」をする為どうしても衣類が同士が擦れてしまいドラム式に比べて傷みやすくなってしまいます

おしゃれ着などは通常洗濯コースではなくおしゃれ着洗いコースでネットに入れていただくひと手間が必要になります。

水量によっては汚れが落ちにくい

水量によっては汚れが落ちにくいイメージ画像

水量が多ければ、汚れが落ちやすいと思うかもしれません。

しかし、水量が多すぎると洗濯物同士の摩擦が起きず、汚れが落ちにくくなります。

汚れをきちんと落としたい方は、水位を細かく設定できる洗濯機を選ぶことも大切です。

腰にくる‥。

腰にくるイメージ画像

大きな洗濯物(毛布など)上から出す際に取りにくさと重みで私の腰にダメージがでます。

身長が高くない方はキロ数が大きい縦型ですと取りにくい場面もあるかも‥

ただ、最近では洗濯物の取りやすさにこだわった縦型洗濯機も登場しています。

たとえば、投入面積が大きくて毛布などもサッと取り出せる洗濯機があります。

縦型洗濯機を選ぶときは、投入口の大きさや取り出しやすい工夫もチェックしてみましょう。

ドラム式洗濯機の考察

ドラム式洗濯機のイメージ画像

ヨーロッパなどでは比較的古くから採用されていましたが軟水の日本では汗や泥汚れが落ちにくく住宅事情から一般的ではありませんでした。

しかし、2000年代に入ってから小型、温水機能付きなど性能が向上して多くの方にも使用されています。

洗濯槽が横や斜めで横から洗濯物を入れられるのが特徴です。

ドラム式洗濯機のメリット

ドラム式洗濯機のメリットを表現したイメージ画像

節水性が高い!

節水性が高いイメージ画像

ドラム式洗濯機は洗濯槽の約1/3に水を入れて洗うので縦型と比べて節水性が高いです。

衣類に優しい!

衣類に優しいイメージ画像

洗濯槽が横に回転するので「たたき洗い」になり衣類同士が擦れにくく傷みにくいです。

乾燥機能が便利!

乾燥機能が便利なイメージ画像

共働きのご家庭や赤ちゃんがいて目が離せないお母さんなど洗濯後に乾燥までしてくれるので便利ですよね。

縦型洗濯機にも乾燥機能付きのモデルはありますが、主にヒーター乾燥という方式を取っています。

ドラム式洗濯機では衣類が傷みにくく効率よく乾かすことのできるヒートポンプ乾燥の機能を持つモデルを選ぶことができます。

乾燥機能を重視した場合、ヒートポンプ乾燥の機能を搭載したドラム式洗濯機を選ぶと良いでしょう。

見た目がオシャレ

オシャレな洗濯機のイメージ画像

ドラム式洗濯機は見た目がスタイリッシュでオシャレな製品が多いです。

“我が家は縦型洗濯機しか使ったことないんだけれども

ドラム式のオシャレ感が羨ましくはあるのよね”

“YouTubeで見るオシャレなお宅は、ドラム式の洗濯機が多いなぁ…ドラム式だからオシャレに見えるのか⁈”

縦型と同じ洗濯機なのに、ドラム式がオシャレだと感じている方はたくさんいます。

生活感を出したくない場合や室内をオシャレな空間にしたい場合にも、ドラム式は適しているでしょう。

ドラム式洗濯機のデメリット

縦型洗濯機のデメリットを表現したイメージ画像

サイズが大きい。

サイズが大きいイメージ画像

ドラム式は乾燥機能も付いている為、縦型に比べてサイズが大きくなってしまいます

また、横から洗濯物を出すので扉が開くスペースも必要になります。

設置スペースの問題以外にも、搬入経路を確保できるかも重要なポイントになってきますので、玄関や廊下、角が曲がれるかなど、購入前にしっかり確認をしましょう。

洗浄力がやや劣る。

洗浄力がやや劣るイメージ画像

私も子どもが小さい時はドラム式でしたが大きくなるにつれ汚れの種類が泥、汗汚れになってくると縦型の方がしっかり落ちる印象です。

ドラム式は節水性が高いので、どうしても水が少量なのも理由の一つですね。

しかし、最近の機種は温水機能などで洗浄力がアップしているものもあります。
購入する機種によっては、縦型洗濯機の洗浄力に引けをとらず、大きな差を感じることも無いでしょう。

色移りしやすい。

色移りしやすいイメージ画像

少量の水で洗うので色移りがしやすいです。

縦型が全く無いわけではないですがより白物、色柄物を分けて洗うことをおすすめします

お値段が‥。

値段が高いイメージ画像

各メーカーさんから出ていますが、ほぼ縦型洗濯機に比べて高価になります。

乾燥機能付き、最近では携帯電話と連動もできるので納得できるレベルではあります。

ランニングコストの面で考えた場合は、水道代が節約できるため、縦型洗濯機より安く運用できます。

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の比較表

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の比較のイメージ画像

縦型洗濯機とドラム式洗濯機を、洗浄力、節水性、サイズ、価格(性能含めて)、乾燥機能で比較した表を用意しました。

参考までにご覧ください。

洗浄力 節水性 サイズ 価格(性能含めて) 乾燥機能
縦型洗濯機
ドラム式洗濯機

縦型洗濯機とドラム式洗濯機のおすすめ製品

ここまで縦型洗濯機とドラム式洗濯機の特徴を比較してきましたが、具体的な製品が気になってきた方もいるのではないでしょうか。

引き続き縦型洗濯機とドラム式洗濯機のおすすめ製品についてご紹介していきます!

おすすめ洗濯機1.HITACHI(日立製作所) 縦型洗濯機[シャワー浸透洗浄][風脱水]【洗濯7.0kg/ピュアホワイト】 NW-70G-W

NW-70G-W 4549873139821

HITACHIのNW-70G-Wは、シャワー浸透洗浄式の縦型洗濯機です。

少ない水で溶かした高濃度洗剤液を衣類にしみ込ませてから、シャワーをかけながら洗い流してくれます。

風脱水機能を搭載しており、高速回転で空気を取り込み、布ほぐしを行いながら化繊衣類の水分を飛ばしてくれます。

おいそぎコースでは、少量で汚れが少ない衣類であれば、1kgを約10分でスピーディーに洗えます。

洗濯機タイプ 縦型式
洗濯・脱水容量 7kg
洗濯機能 シャワー浸透洗浄、お湯取機能、清水すすぎ、ほぐし脱水、風脱水
洗濯目安時間 標準コース:43分
標準使用水量 洗濯108L
運転音 洗濯:41db
脱水:46db
消費電力(50/60Hz) 490/590W
サイズ 幅577mm×奥行535mm×高さ986mm
質量 約33kg
排水ホースの長さ 左出し:109cm
右出し:82cm

 

おすすめ洗濯機2.IRIS(アイリスオーヤマ) ドラム式洗濯機 [60℃/40℃温水洗浄][温水すすぎ] ホワイト【洗濯7.5㎏/左開き】 HD71-W-S

HD71-W-S 4967576409001

IRISのHD71-W-Sは、省スペースで設置しやすい横型ドラム式洗濯機です。

コンパクトな設計なので、「ドラム式洗濯機は大きいから導入しづらい…」と思っていた方でも検討しやすくなっています。

一人暮らしで利用するのにもピッタリでしょう。

洗濯コースは14種類を設定できます。

温水コースでは臭いの原因菌や皮脂汚れを除去し、部屋干しコースでは部屋干し時間を通常の2/3ほどに短縮してくれます。

音が静かだという口コミも多く、騒音が気になる方でも導入しやすいでしょう。

洗濯機タイプ 横型ドラム式
洗濯・脱水容量 7.5kg
洗濯機能 除菌機能
洗濯目安時間 定格洗濯時:50分
標準使用水量 洗濯72L
運転音 洗濯:41db
脱水:48db
消費電力(50/60Hz)
サイズ 幅595mm×奥行672mm×高さ860mm
質量 約66kg
排水ホースの長さ 90cm

 

おすすめ洗濯機3.Panasonic (パナソニック) 縦型洗濯機 [液体洗剤・柔軟剤 自動投入][次亜除菌コース]【洗濯12.0kg/ホワイト】 NA-FA12V1-W

NA-FA12V1-W 4549980550489

PanasonicのNA-FA12V1-Wは、計量・投入の手間を省ける全自動タイプの縦型洗濯機です。

液体洗剤や柔軟剤を自動で計量して投入するので、計量・投入の時間を省けます。

大きな3枚羽のパルセーターが衣類をしっかりと動かして汚れを落としてくれます。

温水専用ヒーターも搭載されているため、黄ばみまでスッキリ落とせるのも心強いです。

手動の洗剤ケースに専用の錠剤を入れて除菌コースを選べば、衣類の除菌まで行えます。

タオルの臭いが気になる場合にも役立つでしょう。

手前に操作パネルがない点も隠れた配慮。投入口が広いため、洗濯物の出し入れも簡単です。

スマホとの連携機能も見過ごせません。洗濯終了をスマートフォンのプッシュ通知で確認できます。

洗濯機タイプ 縦型
洗濯・脱水容量 12kg
洗濯機能 液体洗剤・柔軟剤自動投入機能、除菌機能、スマホ連携機能
洗濯目安時間 定格洗濯時:41分
標準使用水量 洗濯150L
運転音 洗濯:37dB
脱水:39dB
消費電力(50/60Hz) 98Wh/回
サイズ 幅643mm×奥行694mm×高さ1086mm
質量 約61kg
排水ホースの長さ

 

まとめ

まとめのイメージ画像

ここまで縦型とドラム式のメリット、デメリットを紹介してきました。

細かいことをあげると、縦型は洗濯中に洗濯物を入れられるが、ドラム式はできないなど、少しの不便さは感じます。

ただ、最新型のドラム式は洗濯せずに衣類の消臭、花粉除去、除菌までしてくれるものもあります。

選ばれる際には、ご自身のライフスタイルがどのようなものか考えていただくと選びやすくなります。

例えば、お一人で洗濯物もそこまで多くなく日中に干せる方であれば小型の縦型、集合住宅にお住まいならば、静音性が高い縦型のインバーター式の洗濯機を選んでいただくのもいいかもしれません。

共働きや日中お忙しい方は、ドラム式で朝に洗濯物を入れてお仕事中に洗って、帰ったら終わっているなどもいいですよね。

私自身ドラム式から縦型へ買い替えましたが、やはり子どもの成長や洗濯物汚れの種類の変化で選んできました。

皆さんもご自身の生活に合わせた楽しい洗濯ライフを過ごしてくだいね♪

最新の機種には洗剤自動投入機能やスマートフォンに連携など、より多くの機能が搭載されていますので選ぶのがますます楽しくなってきますね!!

洗濯機の購入はノジマへ

ノジマのスタッフのイメージ画像

今回の記事を読んで、洗濯機を買ってみようかなと思った方やどんな機種があるか詳しく知りたいと思った方は、ぜひノジマ店頭のスタッフにお尋ねください。

スタッフがお客様おひとりおひとりのライフスタイルに合った商品をご案内いたします。

ノジマ店舗情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

  • ネットでお買い物するならノジマオンライン

    ネットでお買い物するならノジマオンライン

  • ノジマ公式チャンネル

    小ネタを動画でも!ノジマ公式チャンネル

人気記事ランキング