4Kテレビと普通のテレビの違いは何ですか?

公開日時 : 2019-02-21 10:11
更新日時 : 2019-08-29 14:06

4Kテレビとは、現在の主流であるフルHDテレビより4倍高精細なテレビです。

4Kテレビは、横3840×縦2160画素=約829万画素の解像度となるため、横1920×縦1080画素=約207万画素のフルHDテレビより、よりリアルな映像が楽しめ、また画面が大型になっても粗さが目立ちません。

また、4KテレビのKとはキロという意味であり、テレビ横に並ぶ画素が約4,000であることから、4Kテレビと呼ばれます。

TVの画素の説明

4KTVの画像数は横の画素数が約4,000あるからの説明

※つまりフルHDテレビは2Kテレビということになります。

TVの大きさが増えると画面が荒くなる

4KTVであればテレビが大きくなっても綺麗

ノジマ店舗にて実際に見比べることが可能ですので、詳しくは店頭までご来店ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は役に立ちましたか?

ピックアップ

  • ノジマのあんしん出張設定サポート

  • ニフティ光でキャッシュバック

    ノジマがおススメする高品質・高速な@nifty光

人気記事ランキング