【2020年版】プロジェクターのおすすめ8選、安い機種、ビジネス、小型タイプも紹介

公開日時 : 2020-05-11 12:13
更新日時 : 2020-05-12 11:23

【2020年版】プロジェクターのおすすめ8選、安い機種、ビジネス、小型タイプも紹介のTOP画

最近ではテレビではなくプロジェクターを使って映画やドラマ、あるいはゲームなどを自宅で楽しむ人が増えてきています。また、ビジネスシーンにおいてはプレゼンなどで活用されることは少なくありません。

多くのメーカーからおすすめの商品が販売されており、オフィスだけでなく自宅にも気軽に設置できるプロジェクターが登場しています。では、一体プロジェクターを購入する際は、どういった点を意識して選べば良いのでしょうか。

そこで今回は、プロジェクターを購入するにあたって知っておきたい選び方を解説し、あわせてビジネスやホームシアターなどで活用できるおすすめ商品について紹介していきます。

プロジェクターの選び方

種類(型)

ポータブル型の説明 据え置き型の説明

まずプロジェクターの選び方として重要なのは、どういった種類の商品があるかを把握することです。プロジェクターは持ち運びができるポータブル型のプロジェクターや、据え置き型のプロジェクターなどがあります

ポータブル型はコンパクトで持ち運びをすることが想定される際に便利で、屋内はもちろんですが、ポータブル型はバッテリーを内蔵しているため屋外でも使用できます。

一方で据え置き型は室内で使用するうえで最適なプロジェクターで、ポータブル型に比べて高性能なものが多いです。最近では大画面では迫力ある映像を楽しめるということで、ゲームや映画鑑賞などを自宅でする際に、据え置き型のプロジェクターを使っている人は増加傾向にあります。

プロジェクターの明るさ

プロジェクターの明るさのイメージ図

プロジェクターを購入する際は、明るさにも意識を向けましょう。プロジェクターの明るさはルーメンという数値で表され、一般的に1000ルーメン以下の商品はとりあえず大画面で映したい、そして家庭用としてお手頃価格で購入できるプロジェクターが欲しいという人におすすめです。

1000ルーメンから2000ルーメンのプロジェクターは、家庭用の商品の主流といえます。2000ルーメン以上になるとビジネス用のプロジェクターが比較的多いです。家庭用なのかビジネス用なのかで、プロジェクターの明るさ選びは変わってきます

解像度

解像度のイメージ図

プロジェクター選びにおいて、いかに綺麗な映像を観られるかは解像度にかかっているといっても過言ではありません。プロジェクターの解像度はスマートフォンなどと同じく800×600などのように表記されます。

当然解像度の数値が多い方が美しい映像で楽しめるため、商品選びの際はぜひ参考にしてみてください。また、最近のプロジェクターは4Kに対応している商品も増えており、特にホームシアターを楽しむためにプロジェクターを購入する人は重視することが少なくありません。

ゲームを楽しむためにプロジェクターを購入する場合においても、大迫力の映像でプレイするには解像度は欠かせない要素です

接続端子

HDMIケーブルの説明 VGAケーブルの説明

プロジェクターを使い映像を映し出す際、ゲーム機やパソコン、あるいはBlu-rayやDVDプレーヤーなどと接続する必要があります。その際に、HDMI端子やVGAなどの端子に対応していることが重要です。

HDMI端子の製品が割合的には多いですが、古いパソコンの場合はVGA端子の場合もありますので両方に対応できた方が良いです。

また、USBポートやMicroSDカードスロットを搭載している商品であれば、拡張性の高さから使い勝手が良いためチェックしておいてください。

用途

映画館にひとりだけいるイメージ図

そして、プロジェクター選びをするうえで、何に使用するかは購入前に決めておきましょう。例えばゲームをプロジェクターで映し出し楽しむためには、HDMI端子やゲームモードを搭載している商品を選んでください。

ゲームモードを搭載しているプロジェクターでプレイすると、高画質な映像で楽しめるうえ、表示の遅延も少ないため快適性も高いです。

また、映画観賞用としてプロジェクターを購入する際は、解像度の高さや4Kに対応しているものなど、もちろん予算との兼ね合いはありますが高性能なものを選ぶことをおすすめします。

おすすめのプロジェクター

ビジネスにおすすめのプロジェクター

エプソン ビジネスプロジェクター モバイルモデル EB-1780W

EPSON  エプソン
ビジネスプロジェクター モバイルモデル  EB-1780W 商品コード:4988617274082

薄くてコンパクト!持ち運びに最適なおすすめプロジェクター

エプソン ビジネスプロジェクター モバイルモデル EB-1780Wは、世界最薄サイズのモバイルプロジェクターとして人気を集めており、その薄さはなんと44mmです。また、重さに関してもおよそ1.8kgとなっており、カバンなどに入れて持ち運ぶ際も非常に便利です。

あらゆる場所でもしっかりと映像を映し出せる3000lm以上の明るさを誇るため、ビジネスシーンにおいて会議室などでの使用におすすめです。また、「ピタッと補正機能」により斜めから投射した場合でも画面の歪みを簡単に補正して見やすくしてくれます。

外出先での使用が比較的多い人にはぴったりな商品で、EPSONという大手メーカーのプロジェクターであることも、信用されていることから人気に繋がっています。

種類(型) ポータブル型
プロジェクターの明るさ 3000lm
解像度 1280pixel×800pixel
接続端子 USB・HDMI端子
用途 あらゆるシーンで使用可能だがビジネスに最適
サイズ 高さ4.4cm×幅29.2cm×奥行21.3cm
重さ 約1.8kg
3D対応 3D非対応
消費電力 290W

エプソン ビジネスプロジェクター ベーシックモデル EB-W41

EPSON  エプソン
ビジネスプロジェクター ベーシックモデル  EB-W41 商品コード:4988617296534

性能の高さと使いやすさを追求したモデル!綺麗な映像を映し出す3LCD方式を採用

エプソン ビジネスプロジェクター ベーシックモデル EB-W41は、基本性能の高さと使いやすさを追求したおすすめ商品です。明るさは3200lmから3600lmとなり、部屋が明るいままでもしっかりと映像を映し出せることからビジネスシーンでの使用に最適です。

また、色を綺麗に映し出してくれる3LCD方式を採用しているため、映像の鮮やかさに長けています。さらに、「ピタッと補正機能」により映像の歪みを自動で検知して補正してくれるため、あらゆる条件下においても使用できる点も人気に繋がっています。

コストパフォーマンスの高いプロジェクターであり、サイズもコンパクトなため使い勝手も良く多くの人に支持されているモデルです。

種類(型) ポータブル型
プロジェクターの明るさ 3600lm
解像度 1280×800
接続端子 HDMI端子
用途 さまざまなシーンに活用可能だがビジネスに最適
サイズ (W×D×H):302×234×77mm
重さ 約2.5kg
3D対応 3D非対応
消費電力 282W

エプソン ビジネスプロジェクター ベーシックモデル EB-W05

EPSON  エプソン
ビジネスプロジェクター ベーシックモデル  EB-W05 商品コード:4988617296503

コストパフォーマンスの良い人気商品!美しい映像を映し出すことが可能

エプソン ビジネスプロジェクター ベーシックモデル EB-W05は、3LCD方式により鮮やかな映像を映し出せる高性能なプロジェクターです。価格も比較的安いことからコストパフォーマンスに優れていると評価されており、ビジネスはもちろん自宅での使用にも選ばれています。

EPSONの代表的な機能でもある「ピタッと補正」によりセッティングがスムーズにでき、「タテ自動台形歪み補正機能」や歪みを補正できる「スライド式ヨコ台形補正機能」を搭載しているのも特徴です。

据え置き型としても使えますが、重さはおよそ2.5kgと軽量なため、持ち運びをする際にもおすすめです。外出先でプロジェクターの使用が考えられる人は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

種類(型) ポータブル型
プロジェクターの明るさ 3300lm
解像度 1280×800
接続端子 HDMI端子
用途 ビジネスシーンに最適
サイズ (W×D×H):302×234×77mm
重さ 約2.5kg
3D対応 3D非対応
消費電力 282W

ホームシアターにおすすめのプロジェクター

BENQ DLP フルHD ホームシアタープロジェクター HT3050

BENQ  BENQ
DLP フルHD ホームシアタープロジェクター  HT3050 商品コード:4544438054922

自宅で映画館のような映像を楽しめる!ホームシアターにおすすめの商品

BENQ DLP フルHD ホームシアタープロジェクター HT3050は、自宅にて映画館のような映像を楽しめる高性能なプロジェクターです。映画やハイビジョン映像を忠実に再現できるRec.709に対応しており、大迫力の映像を楽しめます。

2000ルーメンの明るさに対応しており、自宅以外にビジネスシーンにおいてオフィスでも活用できるため、その用途は非常に幅広いです。

価格はそれなりにしますが高性能なプロジェクターをお探しの人はぜひチェックしてみてください。

種類(型) 据え置き型
プロジェクターの明るさ 2000lm
解像度 VGA PC信号:VGA(640×480)~WUXGA(1920×1200)・HDMI信号:VGA(640×480)~Full HD(1920×1080)
接続端子 項目4の情報
用途 ホームシアターに最適
サイズ (W×H×D):380.5 x 121.7 x 277 mm
重さ 約3.6kg
3D対応 3D非対応
消費電力 標準375W

ソニー 4K HDR対応 ビデオプロジェクター VPL-VW745-C

SONY  ソニー
4K HDR対応 ビデオプロジェクター  VPL-VW745-C 商品コード:4548736062450

世界的メーカーの人気商品!レーザー光源とネイティブ4Kパネル搭載

ソニー 4K HDR対応 ビデオプロジェクター VPL-VW745-Cは、ホーム用ビデオプロジェクターの光源にレーザー光源を採用しており商品で、これにより美しい映像表現と色の再現を可能にしています。

また、ソニー独自のネイティブ4Kパネル0.74型「4K SXRD」と、「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を搭載しており、高精細な映像を自然に表現することを可能にしています。

自宅で美しい映像で映画を楽しみたい場合は、非常におすすめできるプロジェクターなのでぜひチェックしておいてください。

種類(型) 据え置き型
プロジェクターの明るさ 2000ルーメン
解像度 水平4,096×垂直2,160画素
接続端子 HDMI入力端子
用途 ホームシアター
サイズ (幅×高さ×奥行mm):560.0×223.0×495.0
重さ およそ20kg
3D対応 3Dに対応しています
消費電力 約430W

BENQ DLP フルHD超短焦点プロジェクター TH671ST

BENQ  BENQ
DLP フルHD超短焦点プロジェクター  TH671ST 商品コード:4544438055417

映画やゲームなどに最適な商品!遅延が少ないためスポーツ観戦にもおすすめ

BENQ DLP フルHD超短焦点プロジェクター TH671STは、3000ルーメンの明るさで映像を楽しめるプロジェクターで、自宅でのホームシアター用としてはもちろん、ビジネスシーンでも活用されることが少なくありません。

なかでもゲーム用として使用されることが多く、その理由としては低遅延であるため映像の遅れなどがなく、ストレスフリーなことが挙げられます。

また、映像遅延が少ないことからスポーツ観戦用としても活用されており、自宅にて大迫力の映像でスポーツを楽しみたい人にもおすすめです。

種類(型) 据え置き型
プロジェクターの明るさ 3000ルーメン
解像度 VGA(640×480)~WUXGA_RB(1920×1200)
接続端子 入力端子:ミニD-sub 15ピン x 1・HDMI端子(v1.4a) x 2 (うち1つはMHL対応)・オーディオミニジャックx1 出力端子:ミニD-sub15ピンx1・オーディオミニジャックx1
用途 ホームシアターもしくはビジネスでも活用可能
サイズ (W×H×D):296 x 120 x 224 mm
重さ およそ2.7kg
3D対応 3D非対応
消費電力 最大320W

キャノン パワープロジェクター(POWER PROJECTOR) LX-MW500 LX-MW500

Canon  キヤノン
パワープロジェクター(POWER PROJECTOR) LX-MW500  LX-MW500 商品コード:4549292059670

WXGA対応の5,000lmの高輝度投写!スマートフォンやタブレットとの接続が可能

キャノン パワープロジェクター(POWER PROJECTOR) LX-MW500 LX-MW500は、 WXGA対応しており5,000lmの高輝度投写が可能です。

また、短焦点と1.6倍ズームにより100インチでの表示の場合は最短で2.4mの距離から映像を写し出せます。

センターレンズを採用しているため、プロジェクターとスクリーンの位置を真ん中に合わせるだけで簡単にベストなポジションを決められます。

さらにMHL規格に対応しており、スマートフォンとタブレットに直接接続可能です。そのため、モバイル機器と連携して簡単に映像を写せます。

3Dコンテンツにも対応しているので、高性能なプロジェクターを使い自宅で高精細な映像を楽しみたい人にとっては非常におすすめの商品です。

種類(型) 据え置き型
プロジェクターの明るさ 5000lm
解像度 1,280×800
接続端子 HDMI・USB
用途 ホームシアター・ビジネスシーンなど多岐に渡る
サイズ W465×D264×H123mm
重さ 約5.4kg
3D対応 DLP-Linkシステムを使用して3Dコンテンツを視聴可能
消費電力 (標準/エコ):500W/400W

BENQ 4000ルーメン Full HD ビジネスプロジェクター MH733

BENQ  BENQ
4000ルーメン Full HD ビジネスプロジェクター  MH733 商品コード:4544438055448

コンパクトな高性能プロジェクター!4000lmと明るさも抜群

BENQ 4000ルーメン Full HD ビジネスプロジェクター MH733は、重さがおよそ2.5kgと非常に軽く、サイズもコンパクトなためホームシアター用のプロジェクターとして設置しやすいです。

明るさは4000lmとなり、高輝度 Full HD ビジネス・プロジェクターとしてオフィスでの活用もおすすめです。

持ち運びやすさもBENQ 4000ルーメン Full HD ビジネスプロジェクター MH733のメリットとなりますので、外出先でプロジェクターを使用する機会が多い人にはぴったりな商品ではないでしょうか。

種類(型) 据え置き型ですが持ち運びもしやすいです
プロジェクターの明るさ 4000lm
解像度 1920×1080
接続端子 HDMI・USB・ミニD-sub
用途 ホームシアター・ビジネスなど
サイズ (W×H×D):296x 120 x 221 mm
重さ 約2.5kg
3D対応 3D非対応
消費電力 最大355W

そのほかのプロジェクターはこちら

おすすめのプロジェクターまとめ

まとめイメージ図

プロジェクターを使い映画やゲームなどを自宅で楽しむ人は年々増加しています。特に最近ではホームシアター用の家電が多く登場していることもあり、こだわった空間作りを行う人は少なくありません。

また、ビジネスシーンにおいても資料等をプロジェクターを使い写すことで、プレゼンを実施していることも珍しくないです。

プロジェクターを選ぶ際は、まず用途は何か、そして明るさや接続端子など機能面を把握した上で購入してください

機能面だけでなく、持ち運びができる大きさなのか、自宅にも設置しやすいかなど使い勝手の良さもしっかりと調査しておきましょう。ここで紹介したおすすめ商品も、ぜひ参考にしてみてください。

購入前チェックリスト

チェックのイメージ図

ご購入前に買い忘れや準備し忘れなどを防止する為のチェックリストです。

  • HDMIケーブルの準備(付属していない場合があるので)
  • 接続先端子の確認(HDMIが主流ではありますがVGAやDVIの端子の場合がある)
  • 設置場所の確認(天吊にするのか?卓上にするのか?卓上ならばどの台を利用するのか?)
  • 投影距離は充分に取れているかの確認(投影距離が短いとボヤケてしまうことがある)
  • プロジェクタースクリーンの準備の確認(投影する際凹凸のある壁などだと綺麗に写らない場合がある)
  • コンセントの位置の確認(特に家庭用だと電源が確保できない場合があるので延長コードの購入も必要になる)

プロジェクターでホームシアターのイメージ図

関連記事はこちら

【2020年4月版】Wi-Fiルーターのおすすめ9選!選び方や自宅用人気製品を紹介

【2020年最新版】モニターのおすすめ9選|モニターの選び方も解説

【2020年最新版】キーボードのおすすめ10選|失敗しないキーボードの選び方も解説

【2020年】家庭用A4プリンタ3強 徹底比較!キャノン・エプソン・ブラザー

言えますか?HDDとSSDの違いは?ポータブルSSDの活用方法

スマホにたまった写真、フォトプリンターで手軽にプリントして残しませんか?

クラウドとは何ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は役に立ちましたか?

ピックアップ

  • ノジマあんしん出張設定サポート

    パソコン・スマホのお困り事は出張設定で解決いたします!

  • ネットでお買い物するならノジマオンライン

    ネットでお買い物するならノジマオンライン

  • ノジマがおススメする高品質・高速な@nifty光

人気記事ランキング