掃除機のサイクロン式と紙パック式はどう違うのでしょうか?

更新日時 : 2019-12-02 18:14

この質問に対する回答

 紙パック式 

昔ながらの掃除機です。ごみ捨て回数が抑えられ、捨てる時も紙パックごと捨てるだけで楽にお手入れができるのが特徴。

紙パック式掃除機

 サイクロン式 

現在人気の吸引力が落ちづらい掃除機です。お手入れの手間は増えますが紙パックが不要でコストが抑えられるのが特徴。

サイクロン式掃除機

 

  紙パック式 サイクロン式
集じん方法 空気を紙パックに通してゴミをためる 遠心分離でゴミと空気を分ける
ゴミ捨て頻度 少ない 2~3ヶ月に一回 多い 1~2週間に一回
紙パック代 必要 不要
吸引力 だんだんと弱くなる 持続する
排気のニオイ ニオイが出やすい 抑えられる
お手入れ    不要 紙パックを捨てるだけ 必要
こんな方にオススメ

吸引力が若干落ちても、ゴミ捨てやお手入れをラクに済ませたい方。

集めたゴミを見ないで、衛生的にゴミを処分したい方。

ゴミ捨てやお手入れの手間よりも、吸引力の強さを重視する方。

排気がクリーンなので、小さなお子様やペットがいる方。

出始めたばかりのころのサイクロンは音がうるさいなど言われていましたが、最近は静音モデルも発売されています。

店頭にてお試しいただけるモデルもありますので、ぜひ来店時にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この回答は役に立ちましたか?

この情報で解決できなかった場合

店頭で相談する

家電に関するご相談は、お近くのノジマ各店舗までお気軽にお問い合わせください。商品知識や経験の豊富なスタッフが、お客様のご要望に合わせて丁寧に対応いたします。

店舗案内

よくあるご質問

検索機能から直接キーワード検索をしていただくか、各分類カテゴリ、製品カテゴリからの絞り込み機能をお試しください。

よくあるご質問トップ