nojima

テレワークにおすすめbluetoothワイヤレスイヤホン

2020/5/3

生活カイゼン

非常事態宣言による外出自粛を要請されている期間が続きます。

テレワークされている方は少しずつ体が慣れてきたころでしょうか。
しかし家庭内での作業で物音が気になる、Zoomやgoogle meet、WebEXなどの遠隔会議が結構疲れるといった「テレワーク疲れ」も。

テレワークのちょっとしたコツは、パソコンやスマホのマイク・スピーカーを使わずにマイク付きのイヤホンを使うこと。
パソコンやスマホのスピーカーとマイクを使うと、マイクがスピーカーから出力された音を拾ってしまうのでやまびこのようになってしまったり、自分の声が相手に届きづらかったりして会議がとても非効率になってしまいます。
イヤホンとマイクがあればそのようなことが防げます。
「それならイヤホンだけあれば解決するじゃん」と思った方、正解です。
なのですが、マイクが口から近くにあることで声以外の物音・騒音が軽減されるので相手が聞きやすい声になるのです。

今回は、bluetooth接続のワイヤレスイヤホンのおすすめを紹介いたします。
外の物音を聞こえづらくするノイズかキャンセル機能がついているものを中心に、会議だけでなく音楽を聴いても楽しめる高音質のモデルを厳選しました。

今一番の売れ筋、かつおすすめはAppleのAirPods Pro.
iPhone,iPadにベストマッチの完全ワイヤレスイヤホン。
iPhone,iPadとのペアリングはスムーズで、装着具合も判断してアドバイスをしてくれます。
3種類のイヤーチップの中から自分の耳にぴったりのものを試しながら選ぶことができ、装着感も快適です。
見た目、すぐに耳から落としてしまいそうですが走ったりしても思いのほかしっかりとホールドされます。
再生時間は最大4.5時間で完全ワイヤレスのノイズキャンセル付きイヤホンとしては次第点。
充電機能付きのケースも美しく、サードパーティからケースカバーが多数発売されているのでスマホケースのように付け替えて楽しめます。
発売当初人気沸騰して苦労して購入したものの、いまは在庫も安定して簡単に購入できます。
Apple
AirPods Pro ノイズキャンセリング付完全ワイヤレスイヤホン MWP22J-A

ノイズキャンセル機能がないのですがAirPods Proの6割ほどのお値段のAirPodsもまだまだ現役で売れてます。
iPhoe,iPadなどのApple製品との相性はAirPods Proと同様スムーズ。
AirPods Proのようにカナル型でなくオープンタイプなので付け心地が軽く、長時間のテレカンでも快適です。
再生時間は5時間。15分の充電で3時間利用可なので、遠隔会議のちょっとした休み時間に充電すれば会議が多い日も安心。
Apple
AirPods with Charging Case MV7N2J-A

AirPods Pro/ AirPodsの弱点は、Apple製品以外との接続があまり良くないこと。
aptxなどの遅延軽減機能やLDACといった最近のbluetoothイヤホンにはあたりまえの機能がない(同等の機能が独自実装されているのでApple製品を使えば問題ない)ので、Androidを使ってる方も使えなくはないのですが、ちょっとコストパフォーマンス良いとは言いづらい選択です。
また、長い時間イヤホンをしていると耳のアナが痛くなってしまう肩には、オーバーヘッド型のWH-1000XM3(sony製)がおすすめです
ワイヤレスのオーバヘッドモデル最高モデルで見た目の大きさよりはだいぶ軽い付け心地ですが、音の広がり感はダントツ。
モデルを重ねるごとにどんどん進化してきたノイズキャンセル機能もさすがはSONY、という性能で仕事や音楽に没頭できます。
あえて外の人の声を聞こえるようにするモードもあり、(コロナが落ち着いた後に)外出する場合も安全です。
30時間再生可能なバッテリーを内蔵しており、充電切れの心配が少ないのも、完全ワイヤレス型から見たアドバンテージです。
おしゃれな白黒2モデル。
SONY
ハイレゾ対応 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット ブラック WH-1000XM3-B


SONY
ハイレゾ対応 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット プラチナシルバー WH-1000XM3-S

こちらはSONYのオーバーヘッド型のお手軽(廉価)モデル WH-CH510
ノイズキャンセル機能はないのですが、装着感も軽く、音質のバランスが取れていてコストパフォーマンス最強。
8台までのマルチペアリングに対応しているので、スマホやPC、テレビと言った複数のデバイスとのペアリングがスムーズ。
このクオリティの音で35時間再生で5000円切るお値段で買えるのは幸せな世界。
黒、白、青の3色展開もうれしい。

SONY
Bluetoothヘッドホン ブラック WH-CH510-BZ


SONY
Bluetoothヘッドホン ホワイト WH-CH510-WZ


SONY
Bluetoothヘッドホン ブルー WH-CH510-LZ

いつ何時(なんどき)電話や遠隔会議が入るかわからない、という方は、首掛けが便利です。
使い終わったらそのまま首から提げておけば良いお手軽さ。
着けながら居眠りしてしまっても落とさない!亡くさない!

こちらもノイズキャンセル機能や音質最高モデルの WI-1000XM2とお手軽モデルのWI-C310をご紹介します。
どちらも10時間以上の連続再生が可能でバッテリーストレスなし。
WI-1000XM2のアングルドイヤーピースはちょっとした工夫でありながらフィット感が前モデルから大分良くなりました。

SONY
ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット ブラック WI-1000XM2-BM


SONY
ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット プラチナシルバー WI-1000XM2-SM


SONY
ワイヤレスステレオヘッドセット ブラック WI-C310-BC


SONY
ワイヤレスステレオヘッドセット ホワイト WI-C310-WC


SONY
ワイヤレスステレオヘッドセット ブルー WI-C310-LC


SONY
ワイヤレスステレオヘッドセット ゴールド WI-C310-NC

コロナが落ち着いて、太陽の下でのんびり音楽を聴ける日を想像して、少しでも快適なテレワークを!

同じカテゴリの記事

TOP

  • 店舗案内place
  • ポイント会員ポイント会員
  • サービスサービス
  • オンラインストアオンラインストア
  • 検索search