nojima

テレワークの足元にも!コンパクトヒーターで寒い季節を乗り切ろう

2020/10/31

生活カイゼン

秋も深まり、急に朝晩冷えてきました。冬が近づいてきますね。
2019年から2020年の冬は暖冬だったことも記憶に新しいことかと思います。今年は例年通り寒くなりそうな長期予報。(https://tenki.jp/forecaster/k_shiraishi/2020/10/23/10264.html)感染症にも気をつけながら、おうちにいることが例年より増える冬になりそうですね。
11月の肌寒い時に足下がひんやり。部屋全体のエアコンの設定を上げても乾燥してしまったり、自分がいる時になかなか暖かくならなかったり。テレワークや勉強中、家事の合間に自分がいるところだけ暖められるとエコですね。今回は、お一人さまぽかぽか家電、コンパクトヒーターをご紹介します!

暖め方の特徴
・遠赤外線などのストーブタイプ
発熱体を加熱することで暖めるヒーター。ピンポイントで暖められるので、ヒーターの近くにいる場合すぐに暖かさを感じられるのが特徴です。温風が出るわけではないので、乾燥も気になりにくいです。

・ファンヒータータイプ
送風ファンにより発生した温風を送り出すヒーターのこと。温風ですぐに暖めることができ、暖房性能が高く、送風能力を確認して大きいものを使えば部屋全体を暖めることもできます。一方、温風なので乾燥が気になることも。

・パネルタイプ
基本的には表面がパネルで覆われているため、やけどの心配も少なく安心です。板状なので薄型で使いやすく、最近は直接足をおけるものや、自分の周りを囲むものもあります。乾燥も気になりません。じんわり暖かくなります。

1万円以下でおしゃれなコンパクトヒーターのおすすめ
長くなりそうなおうち時間の相棒にはおしゃれで便利なものがいい!1万円以下で、おしゃれでかわいかったり、少し珍しい機能がついているものをご紹介します。

コンパクトでおしゃれなデザインが特徴の±0(プラスマイナスゼロ)の遠赤外線電気ストーブ!この電気ストーブは2012年にグッドデザイン賞を受賞しており、シンプルながらコロンとしたかわいらしさがあります。スチーム機能もついて、暖房で乾燥しすぎる悩みも解決できますよ!
遠赤外線のストーブタイプなので、暖めたいところを直接暖められるので、体の内側からポカポカになります。
遠赤外線電気ストーブ スチーム機能付き

スイッチオンで温風が送り出される足がスポッと入る形のd-design / ディーデザイン 足元ヒーター。可愛らしいかまくら型のヒーターは、熱が逃げないのでエコで絶対あったかい!動くことの少ない、デスクワーク作業が多い人におすすめです!しかも、活性炭フィルターで足元の臭いを脱臭してくれるので、安心ですね。
ドウシシャ
足元用セラミックヒーター 「mood」(130W) DFSH-316-WH

アイリスオーヤマの人感センサー付きセラミックヒーター。スイッチを入れればすぐ温風が出て暖まります。デスク下におすすめのコンパクトサイズ。人感センサーと通常運転を切り替えることができ、人感センサーを使えば、運転をON・OFFしてくれるのでエコ。家電には珍しい、可愛らしいカラーバリエーションに、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶ楽しみもありますね。取手がついているので自分が移動する時にも持ち運びしやすいです。
人感センサー付きセラミックヒーターデスク下 JCH-D082T H561839F│アイリスプラザ│アイリスオーヤマ公式通販サイト

アイリスオーヤマのデスクパネルヒーターは、ホットカーペットのようなパネルが3方向から足元を囲むように温めてくれます。普段は立てて使えますが、片付けるときは折りたためばコンパクト。ブランケットをかぶせれば暖かさが逃げずに使えます。
IRIS アイリスオーヤマ
デスクパネルヒーター(160W) KPH-TS2

昔から「頭寒足熱」と言います。下半身をしっかり暖めて、頭はスッキリ仕事や勉強の効率もアップさせて寒い季節を乗り切りましょう!

同じカテゴリの記事

TOP

  • 店舗案内place
  • ポイント会員ポイント会員
  • サービスサービス
  • オンラインストアオンラインストア
  • 検索search