nojima

パソコンのスペックについて(今週の「ラブリー♡家電」より)

2021/12/1

ラブリー♡家電

今週も先週に引き続きiPhone芸人・家電芸人のかじがや卓哉さんにご出演いただきました。

今週はいろいろな数字やアルファベット・カタカナに埋もれて小難しいパソコンのスペックの見方についてご説明頂きます。

OS

・シェアの多い順でWindows、macOS、ChromeOS。
・Windows。マイクロソフト。種類が豊富。家庭用から仕事用まで幅広く揃えている。
・macOS。Apple社。iPhone使っている人は連動しやすい。 動画編集などをするクリエーターが良く使っている。
・ChromeOS。グーグル。価格が安くて、起動が早い。対応してないソフトがある。

ハードウエアスペック

パソコンのスペック表に必ず書いてある、CPU、メモリ、ストレージを料理に例えると、
CPUは料理人、メモリは作業台、ストレージは倉庫・冷蔵庫、ということを踏まえて、、、

CPU

・1~2時間かかる難しい料理を料理人が作ると20~30分で作っちゃう。卵を割るといった簡単な作業では差は出づらい。
・メーカーだと、インテルやAMD。
・コア数。料理人の数。主流は2コア,4コア,多いと8コア。
・スレッド数。ガスコンロの数。
・大きければ大きいほど良いけど、その分価格は上がる。
・インターネットを見るだけであれば、そこまでコア数は必要ない。 動画の編集をするならコア数を大きいものが良い。

メモリ

・作業台が大きければ料理がしやすいように、メモリも大きいと処理能力も高い。
・ただし、大きければ大きいほど良いかと言うとそうでもなく、一定のサイズを越えると影響が出ない人の方が多い。
・作業台が狭ければ、メモリの増設で増やすことが出来る。
・一時的な保管場所。
・最低でも4GB。もう少し欲しければ8GB。

ストレージ

・SSDは、料理場にある冷蔵庫。主流。
・HDDは、離れた所にある大きな倉庫。時間はかかるけど、沢山のものを保管するのに向いている。
・内蔵されているものを増やすのは難しいので、外付けで対応する。

同じカテゴリの記事

TOP

  • 店舗案内place
  • ポイント会員ポイント会員
  • サービスサービス
  • オンラインストアオンラインストア
  • 検索search