nojima

FMヨコハマLovely Day「ラブリー♡家電」テーマは「家電の大掃除」 その2

2019/12/18

ラブリー♡家電

今週は、家電芸人で“家事えもん”こと、松橋周太呂さんがご出演。

先週は、大掃除のためのおすすめ家電をご紹介頂きましたが、今週は先月おしえていただいた家電をお掃除するコツの第2弾。

エアコン編
最近は多くの機種に「お掃除ロボ」が内蔵されており、その場合は自分で掃除がしづらく、基本的には業者さんへお願いすることになる
送風口を自分で掃除すると業者の方にお願いする頻度を減らすことができる
エアコン専用ブラシ「ファンファン」というお掃除アイテムが販売されている。
これを使うと曲がった送風口の奥にマイクロファイバーのブラシが届くので掃除できる。
針金ハンガーを伸ばしたところにマイクロファイバーのタオルなどを巻き付けて「お掃除スティック」を自作することもできる。
マイクロファイバーの部分を軽くぬらして拭き取るとカビ・油などを取り除くことができる。

ドラム式洗濯機編
ドラムをかけると右斜め下や左斜め下に細長いフィルターが入っている。
洗濯するたびに外して床に置いておくと、乾いてカビが発生しづらくなる。
中は、マイクロファイバークロスやキッチンタオルを割りばしに括り付けたり、針金ハンガーなどを利用して、アルコール除菌スプレーで拭きあげる。
今後お掃除する際は、毎回外すようにすると掃除しなくてすむので良いから楽。

ジャーポット・加湿器のカルキ編
いつの間にかコーナーにたまってるカルキのかたまり。
クエン酸などを浸けおいて柔らかくしてから、クレンザー、重曹を使ってゴム手袋で磨いていく。
すすぎづらい場合は、百均で手に入る子供用の粘土のヘラを利用してカルキをガリガリ取り除く。
徹底的に綺麗にしたい場合はホームセンターに売っている耐水ペーパー(2000番)で磨く。

同じカテゴリの記事

TOP

  • 店舗案内place
  • ポイント会員ポイント会員
  • サービスサービス
  • オンラインストアオンラインストア
  • 検索search