スマホのバッテリーの寿命を縮めるのはどういった場合ですか?

更新日時 : 2019-07-25 11:23

この質問に対する回答

スマホのアプリが落ちたり、朝は満充電でも、帰る頃には数%しか残ってなかったり、スマホのバッテリーの寿命でお悩みの方も多いのではないでしょうか?

主にバッテリーの寿命を縮める5つの行動をまとめました。

バッテリーの寿命を縮める5つの行動

  • 過充電

    バッテリーが100%にも関わらず、更に充電を続けることによりバッテリーに負荷がかかり続けます。

  • 過放電

    バッテリーが0%になってからずっと放電し続けても、バッテリーに負荷がかかり寿命が短くなってしまいます。

  • 手帳型スマホカバーや厚いカバーで熱暴走

    意外と知られていないですが、手帳型や厚手のカバーなどだと、熱がこもりやすく寿命を縮める原因になります。

  • 充電中に操作で熱暴走

    モバイルバッテリーやコンセントからの充電中に、ゲームや動画など負荷がかかりやすいアプリを使用しながらだと熱を帯びることにより、

    バッテリーの寿命が縮みます。さらに熱を持ったからと冷蔵庫に入れるのは結露により故障になるのでNGです!

  • 安い充電ケーブル

    100円ショップなどで購入した充電ケーブルが、過充電保護などの機能がなく負荷がかかります。

    ご購入ならノジマがオススメです。

まとめ

スマホのバッテリーがもう切れてしまった状態のストレスは、「満員電車で他の人と肌が触れたとき」とほぼ同等だそうです。

ノジマでは機種変更もご相談承っております。ぜひ、ご相談ください。

お近くの店舗を検索いただけます
店舗案内

この回答は役に立ちましたか?

この情報で解決できなかった場合

店頭で相談する

家電に関するご相談は、お近くのノジマ各店舗までお気軽にお問い合わせください。商品知識や経験の豊富なスタッフが、お客様のご要望に合わせて丁寧に対応いたします。

店舗案内

よくあるご質問

検索機能から直接キーワード検索をしていただくか、各分類カテゴリ、製品カテゴリからの絞り込み機能をお試しください。

よくあるご質問トップ