【発売開始!】Xperia 1 VIを実機レビュー!スペックや特徴、1 Vとの違いを比較

更新日時 : 2024-06-09 11:03

【予約開始】Xperia 1 VIを実機レビュー!スペックや特徴、1 Vとの違いを比較のトップ画像

2024年5月15日(水)に、Xperiaの最新機種「Xperia 1 VI(マークシックス)」が発表されました!

Xperia 1 VIは、ディスプレイのアスペクト比が変更されたり、望遠レンズの向上やAIの搭載で映像撮影が進化しています。

そこで今回は、Xperia 1 VIのスペックや特徴、前モデルのXperia 1 Vとの違いについて解説します。

実際にXperia 1 VIを使って、実機レビューもしていますので、ぜひ最後までご覧ください!

Xperia 1 VIの注目ポイント

  • 望遠カメラが85-125mmから85-170mmに進化
  • アスペクト比が19:6から19.5:9に変更
  • 3.5mmオーディオジャックは引き続き搭載
  • microSD搭載(最大1.5TB)
  • 充電無しでも2日持つバッテリー
記事の監修
株式会社ノジマ 家電小ネタ帳編集部


株式会社ノジマは、関東を中心に200以上の店舗を展開している、東証プライム市場上場の企業です。
メーカー販売員のいない唯一の家電専門店なので、メーカーに忖度せず、お客様ひとりひとりにあった商品をご案内しております。
家電や携帯電話、光回線のことなら、お気軽にご相談ください!

Xperia 1 VIの発売日は?

Xperia 1 VIの発売日は?

Xperia 1 VIは、2024年5月15日(水)に予約開始され、2024年6月7日(火)発売しました。

キャリア 予約開始日 発売日

ドコモ
2024年5月15日(水)~ 2024年6月7日(火)

au
ソフトバンク
SoftBank
2024年5月31日(金)午前10時

以下の通信キャリアからご希望の受取り店舗をお選びいただけます!

ドコモのiPhoneを予約

au・UQモバイルのiPhoneを予約

ソフトバンクのiPhoneを予約

Xperia 1 VIの価格

Xperia 1 VIの価格

Xperia 1 VIが発表されましたが、価格がいくらなのか気になりますよね。

そこで、SIMフリー版・キャリア版の価格をまとめました。

2024年5月19日現在では、価格発表しているキャリアはauのみのため、SIMフリー・ドコモ・ソフトバンクの価格はわかり次第追記いたします。

容量 SIMフリー税込 ドコモ税込 au税込 ソフトバンク税込
RAM12GB/ROM256GB
(キャリア独自のプログラム利用時)
189,200円 209,440円
(160,600円)
214,800円
 (112,800円)※1
210,960円
(79,600円)※2
RAM12GB/ROM512GB
(キャリア独自のプログラム利用時)
204,600円
512GB
(キャリア独自のプログラム利用時)
218,900円

※ 購入する店舗によって、別途頭金がかかる場合があります。
※1 7月31日までの「5G機種変更おトク割」+「Xperia 1 VI機種変更おトク割」を適用した場合の金額となります。
※2 新トクするサポートで端末を13ヶ月目で返却した場合の金額となります。

Xperia 1 VIのスペックと特徴

Xperia 1 VIのスペックと特徴

Xperia 1 Vの後継機種として発売されるXperia 1 VI。

まずは、Xperia 1 VIのスペックを表にしてまとめました。

機種名 Xperia 1 VI
Xperia 1 VI
発売日 2024年6月7日(火)
カラーバリエーション ブラック/プラチナシルバー/カーキグリーン/スカーレット
画面サイズ 約6.5インチ
ディスプレイ 有機EL/Full HD+
リフレッシュレート 1~120Hz可変
CPU Snapdragon® 8 Gen 3 Mobile Platform
RAM 12GB/16GB
ストレージ 256GB/512GB
microSD 最大1.5TB
カメラ アウトカメラ 広角(24mm):約4800万画素/f1.9
広角(48mm):約1200万画素/f1.9
超広角(16mm):約1200万画素/f2.2
望遠(85-170mm):約1200万画素/f2.3-3.5
インカメラ 約1200万画素/f2.0
バッテリー容量 5000mAh
防水/防塵性能 IP68
生体認証 指紋認証
セキュリティとOSのアップデート 最大3回のOSアップデート+4年間のセキュリティアップデート
本体サイズ(高さ×幅×厚さ) 約162×74×8.2mm
重さ 約192g

※ SIMフリー限定モデルとなります。

続いては、Xperia 1 VIの特徴について解説します。

特徴1.カメラを作ってるソニーだからこそできる「カメラ技術」

特徴1.カメラを作ってるソニーだからこそできる「カメラ技術」

画像引用:Xperia 1 VI | Xperia(エクスペリア) | ソニー

α9 IIIの技術、「姿勢推定技術」が搭載されています。

被写体の瞳の位置や骨格をAIが認識・追跡するため、遮蔽物が多い環境や動きの激しいスポーツシーンの撮影に最適。

最大焦点距離170mmの望遠レンズでのテレマクロ撮影では、肉眼では捉えられない細かいディティールまで撮影が可能。

αシリーズのカメラ技術が搭載された高品質な撮影性能を誇ります。

特徴2.BRAVIAのテレビで培った技術で作られた「ディスプレイ」

特徴2.BRAVIAのテレビで培った技術で作られた「ディスプレイ」

画像引用:Xperia 1 VI | Xperia(エクスペリア) | ソニー

BRAVIAのテレビで培った技術をAI技術で、Xperia上にチューニングし、新たな映像表現が実現しました。

明るい屋外でも映像が楽しめるように、「サンライトビジョン」と呼ばれるコントラストを調整してくれる機能が新たに搭載。

画面を区画ごとに分割し、それぞれのコントラストを調整する事で、直射日光下での視認性が向上しています

AI画質調整技術「Powered by BRAVIA」も搭載し、ブラビアと同様の色彩や質感を再現できるディスプレイになっています。

特徴3.本体スピーカー・外部機器どちらも高音質を再現する「オーディオ」

特徴3.本体スピーカー・外部機器どちらも高音質を再現する「オーディオ」

画像引用:Xperia 1 VI | Xperia(エクスペリア) | ソニー

新型ユニットを搭載した本体スピーカーは、低音再生やクリアな音質の再生に性能を発揮します。

開発にはソニーミュージックとソニー・ピクチャーズが監修し、臨場感あふれる、迫力のある音声をXperia 1 VIだけでも楽しめます。

外部オーディオ機器での再生でも、高性能オーディオICによって有線接続時のチャネル間の干渉を軽減する事で、音質が向上しています。

無線接続でも、ソニー製のワイヤレスイヤホンとの組み合わせならば混雑時でも接続が安定し、クリアな音質を再生できます。

※ LDAC対応機種は順次対応予定です。

特徴4.ゲーマーの欲しいが詰まった多彩な「ゲーム専用機能」

特徴4.ゲーマーの欲しいが詰まった多彩な「ゲーム専用機能」

画像引用:Xperia 1 VI | Xperia(エクスペリア) | ソニー

ゲームプレイに集中できるアシスト機能「ゲームエンハンサー」を搭載。

ゲームに合わせたバッテリー設定や画質・サウンドを最適化できる機能や、不要な通知をオフにできるフォーカス設定、YouTubeやウェブ検索とのマルチタスクも可能。

プレイ画面のスクリーンショットやフロントカメラの映像との合成、ゲームプレイをそのままYouTubeに録画・ライブ配信も簡単にできます。

Xperia 1 VIを実機レビュー

実際にXperia 1 VIの実機を使って、外観やカメラ性能などを検証していきます。

外観

アスペクト比が21:9から19.5:9になり、YouTubeなどの動画表示領域が増え、コンテンツの視聴が快適になっています。

約6.5インチのサイズは変わっていませんが、横長に長くなったことで大きく見える印象でした。

解像度は4KからFHD+になっていますが、普段使いする分にはキレイに見えました。

Xperia 1 VIのディスプレイ

裏面はザラザラとした手触りで、持ったときに滑りにくい素材になっています。

Xperia 1 VIの裏面

拡大してみると、デコボコとしているのがわかります。

Xperia 1 VIの裏面拡大

上の側面には、3.5mmオーディオジャックが搭載しています。
最近のスマホはイヤホンジャックを搭載している機種はあまり見かけないので、有線イヤホンを使う方には嬉しいポイント。

Xperia 1 VIの上面

底面には、SIMカード+SDカードを挿入できるトレーとType-Cの充電ポートが搭載しています。

Xperia 1 VIの底面

右側面には、音量ボタン・電源ボタン・シャッターボタンが搭載しています。

Xperia 1 VIの右側面

カメラ性能

次に、カメラ性能を検証していきます。

今回はみなとみらい周辺を散策し、撮影しました。

まずは、広角・望遠レンズの性能を確かめるべく、木を撮影してみました。

同じ場所から撮影しましたが、望遠(170mm)まで光学ズームなので、画質を落とさずに葉っぱをキレイに撮影することができました。

続いては、花をテレマクロ撮影をして、iPhone 15 Proのマクロ撮影した場合と比較してみました。

花をテレマクロ撮影をして、iPhone 15 Proのマクロ撮影した場合と比較

Xperia 1 VIのほうが色味がキレイで、花の雌しべが鮮明に映っています。

iPhone 15 Proだと花に近づいて撮影しないといけないため、スマホの影が映っています。
ですが、Xperia 1 VIは望遠レンズを利用しているので、被写体に近寄らなくても細部まで撮影できるのも特徴です。

雨の日にもテレマクロ撮影。花びらについた雫もいい感じに映っています。

葉っぱも撮影。通常モードと同じ場所から撮影していますが、テレマクロ撮影は結構近くまで寄れるのがわかります。

続いては、夜景などを撮影。

空や建物がしっかり映っており、夜景などもキレイに撮影できます。

カメラアプリのプロモードでシャッタースピードを4秒に設定し、みなとみらいの乗り物を撮影してみました。

通常モードでは乗り物が止まっているときに撮影しましたが、非常に色味がハッキリしています。

プロモードは乗り物が動いているときに撮影し、シャッタースピードを長くすることによって、光が線となって撮影できます。

Xpria 1 VIは、プロモードやテレマクロ撮影、ぼけ撮影(ポートレートモード)など、色々な撮影ができますので、ぜひ購入して試してみてくださいね。

スピーカー

iPhone 15 Proとスピーカーの音質を比較してみました。

Xperia 1 VIは、ディスプレイの上下にスピーカーが搭載されており、音もシャリシャリしていなく、iPhone 15 Proよりクリアに聞こえる印象でした。

また、低音域の音も聞こえるので、外部スピーカーがなくてもスマホのみでも満足する音質です。

Xperia 1 VI/1 Vの違いを比較

Xperia 1 VI/1 Vの違いを比較

Xperia 1 VIと前モデルの1 Vを比較しました。

機種名 Xperia 1 VI
Xperia 1 VI
Xperia 1Ⅴ
Xperia 1 V
発売日 2024年6月7日(火) 2023年6月16日(金)
カラーバリエーション ブラック/プラチナシルバー/カーキグリーン/スカーレット ブラック/プラチナシルバー/カーキグリーン
画面サイズ 約6.5インチ
ディスプレイ 有機EL/Full HD+ 4K/有機EL
リフレッシュレート 1~120Hz可変 120Hz
CPU Snapdragon® 8 Gen 3 Mobile Platform Snapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform
RAM 12GB/16GB
ストレージ 256GB/512GB
microSD 最大1.5TB 最大1TB
カメラ アウトカメラ 広角(24mm):約4800万画素/f1.9
広角(48mm):約1200万画素/f1.9
超広角(16mm):約1200万画素/f2.2
望遠(85-170mm):約1200万画素/f2.3-3.5
広角(24mm):約4800万画素/f1.9
超広角(16mm):約1200万画素/f2.2
望遠(85-125mm):約1200万画素/f2.3-2.8
インカメラ 約1200万画素/f2.0
バッテリー容量 5000mAh
防水/防塵性能 IP68
生体認証 指紋認証
セキュリティとOSのアップデート 最大3回のOSアップデート+4年間のセキュリティアップデート 最大2回のOSアップデート+3年間のセキュリティアップデート
本体サイズ(高さ×幅×厚さ) 約162×74×8.2mm 約165×71×8.3mm
重さ 約192g 約187g

※ SIMフリー限定モデルとなります。

続いては、Xperia 1 VIと1 Vの違いについて解説します。

ディスプレイの違い

ディスプレイの違い

ディスプレイサイズは据え置きながらアスペクト比が19:6から19.5:9に変更されており、画面を分割するマルチウインドウや縦型の動画再生に適した比率になっています。

解像度は4KからFull HD+に変更されましたが、サンライトビジョンやPowered by BRAVIAで画質や見やすさは遜色ない表現が可能。

可変リフレッシュレート機能でバッテリーの消費量も改善されています。

CPUの違い

CPUの違い

CPUはXperia 1 VのSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platformの後継モデルのSnapdragon® 8 Gen 3 Mobile Platformを採用。

要求スペックが高いゲームやアプリも快適に動作します。

カメラ性能の違い

カメラ性能の違い

望遠カメラは最大焦点距離が125mmから170mmにアップしており、遠くの被写体もくっきりと撮影が可能。

テレマクロモードで、目では見えない小さな被写体の質感まで、鮮明に写します。

ソニーの一眼カメラ、αシリーズのノウハウを活かしたトラッキング性能で、動きの激しいシーンでも高いカメラ性能を実現しています。

アップデート保証の違い

OS/セキュリティアップデート保証の違い

OSアップデートは最大3回、セキュリティアップデートも最大4年間に延長されており、より長期にわたって安心して使用ができます。

どちらも安心してスマートフォンを使用するためのサポートなので、長期間のサポートは嬉しいポイント。

Xperia 1 VIのバッテリーは充電の最適化機能によって4年使用していても劣化が少ない長寿命なので、同じスマートフォンを長く使い続けたい人におすすめできます。

まとめ:Xperia 1 VIのご予約・購入はノジマへ!

ノジマ

今回は2024年6月7日(金)に発売された、Xperia 1 VIのスペックや特徴、1 Vとの違いについて解説しました。

Xperia 1 VIは前モデルよりも、AI技術や望遠カメラ、ディスプレイなど様々な進化を遂げたXperiaとなっています。

機種変更をしようか悩んでいる方は、ぜひ検討してみてください。

ノジマには携帯キャリアからの派遣ヘルパーがいないので、全キャリアの料金プランをご案内することができます。

料金プランを見直しをすることによって、今と変わらない金額で機種変更できる場合もあります。

ぜひこの機会にお近くのノジマへご相談ください!

ドコモのiPhoneを予約

au・UQモバイルのiPhoneを予約

ソフトバンクのiPhoneを予約

このエントリーをはてなブックマークに追加

メディア(家電小ネタ帳®)に関するお問い合わせ

お問い合わせ

人気記事ランキング

関連記事

ピックアップ

  • ノジマ店舗で実施中のキャンペーンはコチラ!

  • ノジマ公式チャンネル

    小ネタを動画でも!ノジマ公式チャンネル