【まとめ】最新iPhone2019は?iPhone 11?iPhone 11 Pro?iPhone 11 Pro MAX?

公開日時 : 2019-08-06 12:05
更新日時 : 2019-09-08 9:41

最新iPhone2019の発売日は?その期待する特徴は?歴代iPhoneから予想!

令和初の新しいiPhone

毎年秋に発売されるiPhoneですが、2019年令和初のiPhoneはどのようなiPhoneになるのでしょう?呼称は?発売日は?機能は?発売前から噂になっているものをまとめました。

携帯会社では各キャリアから新プランが発表されiPhoneを機種変更しようと検討されているかたもいらっしゃると思います。新しいiPhoneは果たしてどのような驚きを魅せてくれるのでしょうか?まずは歴代のiPhoneから傾向を見ていきましょう。

歴代iPhone発売日の元号と西暦一覧

デバイス 世代 発売日(西暦) 発売日(元号) 特徴 docomo au Softbank
iPhone 初代 2007年6月29日 平成19年6月29日 アメリカのみ発売、日本未発売 × × ×
iPhone 3G 第2世代 2008年7月11日 平成20年7月11日 3G通信、GPS搭載、日本Softbank参入 × ×
iPhone 3GS 第3世代 2009年6月26日 平成21年6月26日 動画撮影、音声コントロール、アクセシビリティ、デジタルコンパス × ×
iPhone 4 第4世代 2010年6月24日 平成22年6月24日 Retinaディスプレイ、前面カメラ、日本au参入 ×
iPhone 4S 第5世代 2011年10月14日 平成23年10月14日 Siri搭載、2011年10月5日スティーブ・ジョブズ死去 ×
iPhone 5 第6世代 2012年9月21日 平成24年9月21日 Lightningコネクタに変更、LTE本格対応 ×
iPhone 5c 第7世代 2013年9月20日 平成25年9月20日 iPhone 5の廉価版、5色展開 ×
iPhone 5s 第7世代 2013年9月20日 平成25年9月20日 TouchID搭載、ゴールドを含む3色展開、日本docomo参入
iPhone 6 第8世代 2014年9月19日 平成26年9月19日 ApplePay対応、NFC対応(日本は未対応)
iPhone 6Plus 第8世代 2014年9月19日 平成26年9月19日 初の大型化した上位機種
iPhone 6s 第9世代 2015年9月25日 平成27年9月25日 3DTouch搭載、ローズゴールドを含む4色展開
iPhone 6sPlus 第9世代 2015年9月25日 平成27年9月25日  
iPhone SE 第9世代 2016年3月24日 平成28年3月24日 4インチ端末の後継機(iPhone 6sと同等スペック)
iPhone 7 第10世代 2016年9月25日 平成28年9月25日 256GB対応、ステレオジャック廃止、物理ホームボタンの廃止、おサイフケータイ対応
iPhone 7Plus 第10世代 2016年9月25日 平成28年9月25日  
iPhone 8 第11世代 2017年9月22日 平成29年9月22日 4K(60fps)撮影、フルHD(240fps)撮影、ワイヤレス充電
iPhone 8Plus 第11世代 2017年9月22日 平成29年9月22日  
iPhone X 第11世代 2017年11月3日 平成29年11月3日 全面ディスプレイ、ホームボタン廃止、FaceID搭載
iPhone XS 第12世代 2018年9月21日 平成30年9月21日 デュアルSIM
iPhone XS Max 第12世代 2018年9月21日 平成30年9月21日 全面ディスプレイ初の大型化
iPhone XR 第12世代 2018年10月26日 平成30年10月26日  
iPhone 2019 第13世代 2019年9月20日 令和元年年9月20日 ? 

iPhone 2とiPhone 9は欠番?

歴代のiPhoneは世代別にナンバリングしているわけではありません。第2世代にあたるiPhone3Gは3G回線対応することによりその名前が付きました。

iPhone Xは2007年に初代iPhoneが登場してから10周年を記念する特別なバージョンのiPhoneの為その名前が付き8の次はXになり9が欠番になりました。

ですので、Appleとしてはナンバリング2と9が不吉な数字だからなどそんな理由で欠番ではないのです。

予想されるiPhone 2019の呼び名は?

iPhone 8(エイト)の後継機種から、iPhone X(テン)、XS(テンエス)、XS Max(テンエス マックス)、XR(テンアール)とナンバリングがアラビア数字からローマ数字表記に変わりました。

iPhone XS・XS Max・XRの後継機種であるiPhone 2019は、おそらく「iPhone XI(イレブン)」もしくは「iPhone11(イレブン)」になると思われます。iPhone 11(イレブン)、11 Pro(イレブン プロ)、11 Pro MAX(イレブン プロ マックス)となるのでしょうか。

iPhone 2019、iPhone XI、iPhone 11予想される発売日は?

  • 2019年9月10日(水)発表
  • 2019年9月13日(金)予約開始
  • 2019年9月20日(金)発売日

まだ正式な発表があるわけではありませんが、ソフトバンク決算発表の中でもソフトバンク代表取締役社長の宮内謙氏も2019年9月20日(金)発売を示唆していました。

Appleイベント2019秋

追記:Appleのイベントはアメリカ合衆国カリフォルニア州のスティーブ・ジョブズ・シアター(Steve Jobs Theater)にて、現地時間2019年9月10日10:00に発表が決定しました。

スペシャルイベントは日本時間9月11日午前2時からインターネットでライブストリーミング配信されます。無料で視聴することができますので、夜更しできる方は是非。

iPhone2019の期待する特徴は?

令和初のiPhoneはどのような特徴があるのでしょう?

 予想1. ディスプレイサイズ 

iPhone XR(6.1インチ)、iPhone XS(5.8インチ)、iPhoneXS Max(6.5インチ)を踏襲するのであれば、

iPhone 11(5.8インチ)、11 Pro(6.1インチ)、11 Pro Max(6.5インチ)となる予想が立ちます。

 予想2. 背面カメラ 

iPhone 7 Plus以降、上位機種は二眼のデュアルカメラになりました。広角カメラと望遠カメラを搭載することにより背景をボカし被写体をより際立たせた美しい写真を撮れるようになりました。

後継機種のProシリーズは三眼のトリプルカメラになると予想されています。

 予想3. カラーバリエーション 

iPhone 11 Pro、11 Pro Maxは今までどおりの「ゴールド」「シルバー」「スペースグレイ」と予想され、iPhone 11は初の「ラベンダー」いわばパープルと5c以来の「グリーン」が追加され、

「レッド」「イエロー」「ホワイト」「ブラック」を合わせた全6色ではないかと言われています。

 予想4. 充電ケーブル 

充電ケーブルもMacBookなどがTypeCケーブルに変わったことを考えると、Lightningケーブルもいよいよ世代交代となるのではないでしょうか。

もし、TypeCケーブルになったら充電速度やデータ転送時間などが変わっていくことでしょう。

 予想5. CPU 

毎年iPhoneが発表される度にCPUの処理速度が向上し、A11 Bionic(バイオニック)やA12A Bionicと数字が順に上がっていきます。

iPhone 11はA13になると予想されています。処理速度もどのくらい向上するのでしょうか。

 予想6. Apple Pencil 

ここ最近発売のiPadはmini(ミニ)までApple Pencil(アップルペンシル)に対応しています。iPhone 11 Pro・Pro MAXはApple Pencilに対応するのではないかと噂されています。

まとめ

いかがでしたか?毎年iPhoneはAppleの春と秋年2回あるスペシャルイベントの秋のイベントで発表となるのが通例となっています。

Appleは完全秘密主義ですので情報が漏洩することは稀です。どれも想像の域を超えませんがどれだけ予想を裏切ってくれるか発表が楽しみですね。

発表後は新iPhone何が変わったのかノジマへご相談ください。お見積りはいつでも無料で承っております。

ノジマでのお得なポイントとして、あらかじめお電話でご予約していただくとお待ちいただくことなくスムーズにご案内ができます。

ノジマではご来店のご予約をお電話でもWebでも承っております。ぜひ、店舗の検索から近くの店舗へご相談ください。ご来店お待ちしております。

お近くの店舗を検索いただけます
店舗案内

※掲載は2019年9月2日時点です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は役に立ちましたか?

ピックアップ

  • ノジマのあんしん出張設定サポート

  • ニフティ光でキャッシュバック

    ノジマがおススメする高品質・高速な@nifty光

人気記事ランキング