iPhone SEとiPhone12 miniを比較!SEの第一世代と第二世代の違いも解説!【2021年版】

公開日時 : 2021-06-09 12:26
更新日時 : 2021-06-12 12:15

iPhone SEとiPhone12 miniを比較!SEの第一世代と第二世代の違いも解説!のTOP画

コンパクトな大きさ、価格の安さを重視したiPhone SEの第二世代(iPhone SE2)が2020年4月24日に発売されました。
そして最新機種シリーズのiPhone12 miniが2020年11月13日に登場し、小型軽量サイズを好むユーザーの注目を集めています。

持ち運びやすさ、使いやすさを重視したiPhone SE2とiPhone12 miniの2機種ですが、どのような違いがあるのでしょうか。iPhone SE2とiPhone12 miniで悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhone SE2とiPhone12それぞれの機種の値段や大きさ、スペック・性能といったあらゆるポイントを比較していきます。
あわせてiPhone SE第二世代となつかしの第一世代の違いも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhone12シリーズの比較はこちら

iPhone SE2とiPhone12 miniの発売日はいつ?値段は?

Appleのロゴ

まずはじめに、iPhone SEの第二世代(iPhone SE2)と最新機種iPhone12 miniの発売日とAppleオンラインストアで販売されているSIMフリーモデルの値段を比較してみましょう。

  容量 iPhone SE2 iPhone12 mini
発売日   2020年4月24日(金) 2020年11月13日(金)
値段 64GB 49,280円 82,280円
128GB 54,780円 87,780円
256GB 66,880円 99,880円

 ※表に記載されている金額はすべて税込価格です。

iPhone SE第二世代の発売日はSIMフリーモデルが2020年4月24日、ドコモやソフトバンク、auといった大手キャリアは2020年5月11日と少し遅れる日程となりました。

それぞれ発売されたのは64GB、128GB、256GBの3機種。値段はiPhone SE2のほうが3万円程度安くなっています

「スペック・性能面は置いておいて、値段の安さを重視したい!」という人にはiPhone SE2がおすすめです。

iPhone SE2とiPhone12 miniの値段をキャリア別に比較

携帯3キャリアのロゴ

SIMフリーモデルではなく、大手キャリアでiPhone SE2やiPhone12 miniの購入を検討している人も多いはず。

ここでは、ドコモ・ソフトバンク・auのオンラインストアの最新情報をもとに、キャリア別のiPhoneの値段を比較していきます。

※スマホの方は、表が横にスライドできます。

  容量 ドコモ au ソフトバンク
     
iPhone SE2
発売日
2020年5月11日(月)
64GB 57,024円
(割引時38,016円)
55,270円
(割引時28,750円)
57,600円
(割引時28,800円)
128GB 62,568円
(割引時41,712円)
61,250円
(割引時31,970円)
64,080円
(割引時32,040円)
256GB 75,240円
(割引時50,160円)
75,215円
(割引時39,215円)
78,480円
(割引時39,240円)
iPhone12 mini
発売日
2021年4月30日(金)
64GB 87,912円
(割引時58,608円)
90,065円
(割引時48,185円)
96,480円
(割引時48,240円)
128GB 95,832円
(割引時63,888円)
95,240円
(割引時50,600円)
102,960円
(割引時51,480円)
256GB 110,088円
(割引時73,392円)
109,305円
(割引時58,305円)
116,640円
(割引時58,320円)

※表に記載されている金額はすべて税込価格です。
※カッコ内の金額は各キャリア実施の25ヶ月目に機種変更して割引を適用し、最も安く済ませた場合の実質負担額になります。

Appleストアが販売しているSIMフリーモデルと比べると、キャリア3社のほうが値段が高いです。

しかし、各キャリアはキャンペーンなどで端末価格の割引を行っています。
そのため、キャンペーンを適用して割引することによってユーザーが支払う負担額をおさえ、SIMフリーモデルよりも安い値段での購入が可能です。

現在、キャリアが実施している端末価格の割引キャンペーンはこちら。

キャンペーンには適用条件があり、その条件を満たしていない場合は違約金が発生することがあります。
あとから困らないように、あらかじめキャンペーンの内容をしっかりと把握しておきましょう。

関連記事はこちら

iPhone SE2とiPhone12 miniのスペック・性能を比較

iPhone SEとiPhone12 miniのスペック・性能を比較

iPhone SEの第二世代(iPhone SE2)とiPhone12 miniでは、iPhone SE2のほうが3万円ほど低価格ということがわかりました。
続いては2機種のスペック・性能にどのような違いがあるのか比較していきましょう。

Apple公式ページの最新情報からまとめたスペックの早見表はこちら。

※スマホの方は、表が横にスライドできます。

  iPhone SE2 iPhone12 mini
ストレージ 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB
色の数 3色 6色
カラーバリエーション ブラック、レッド、ホワイト ココが差! 
ブラック、レッド、ホワイト、ブルー、グリーン、パープル(新色)
本体サイズ
(高さx幅x厚さ)
138.4×67.3×7.3mm 131.5×64.2×7.4mm
重量 148g 軽い! 
133g
画面サイズ 4.7インチ 画面が大きい!
5.4インチ
解像度 1,334×750/326ppi キレイ! 
2,340×1,080/476ppi
カメラ:レンズ 広角 ココが差! 
広角、超広角
カメラ:ズーム性能 最大5倍のデジタルズーム ココが差! 
2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム
ホームボタン ココが差! 
生体認証 ココが差! 
Touch ID
(指紋認証)
ココが差! 
Face ID
(顔認証)
バッテリー容量 ビデオ再生:最大13時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大8時間
オーディオ再生:最大40時間
ココが差! 
ビデオ再生:最大15時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大10時間
オーディオ再生:最大50時間
高速充電
ワイヤレス充電 Qiワイヤレス充電 ココが差! 
MagSafe、Qiワイヤレス充電
防塵・防水性能 最大水深1メートルで最大30分間
(IP67等級)
ココが差! 
水深6メートルで最大30分間の耐水性能
IP68等級)
プロセッサー A13 Bionicチップ ココが差! 
A14 Bionicチップ
5G通信 ココが差! 
Apple Pay
(モバイルSuica)
対応SIM デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
付属品 USB-C – Lightningケーブル USB-C – Lightningケーブル

※スマホの方は、表が横にスライドできます。

「カラーバリエーション」で比較

iPhoneSE第二世代のカラーiPhone12mini新色

  iPhone SE2 iPhone12 mini
色の数 3色 6色
カラーバリエーション ブラック、レッド、ホワイト ブラック、レッド、ホワイト、ブルー、グリーン、パープル(新色)

端末のカラーはiPhone SE2がブラック・レッド・ホワイトの3色。
iPhone12 miniはiPhone SE2の3色にブルーとグリーンの2色を追加し新色パープルが加わって全6色と、バリエーションが豊富です。

ブルーやグリーンといった新しいカラーが好きな人はiPhone12 miniを選ぶといいでしょう。

「デザイン」で比較

iPhone12proのボディ

  iPhone SE2 iPhone12 mini
前面ガラス ガラス Ceramic Shield
(セラミックシールド)
ボディ ガラス ガラス
フレーム 航空宇宙産業レベルのアルミニウム 航空宇宙産業レベルのアルミニウム

iPhone SE2はiPhone8のデザインを踏襲したモデルとなっています。
一方のiPhone12 miniは新デザインを採用しており、iPhone4やiPhone5のようなフレーム部が角ばった形が特徴的なモデルです。

また、iPhone12 miniの前面ガラスにはCeramic Shieldを採用。
Ceramic Shieldは従来のシリーズで採用されていたガラス素材に、ほとんどの金属より硬いといわれるナノセラミッククリスタルを組み込んだものです。
そうすることによってすり傷や引っかき傷に強い、スマートフォンのなかでトップクラスの頑丈さを実現しました。

フレーム部分については2機種とも航空宇宙産業レベルの高品質なアルミニウムが使われています。

「本体の大きさ・重さ」で比較

iPhoneのサイズと重さ

  iPhone SE2 iPhone12 mini
本体サイズ
(高さx幅x厚さ)
138.4×67.3×7.3mm 131.5×64.2×7.4mm
重量 148g 133g

2機種の本体サイズを比較するとiPhone12 miniのほうが高さと幅が小さく、厚さはほぼ同じということが分かります。重量も15g軽い133gです。

どちらも十分に軽く、使いやすいサイズ感になっていますが、持ち運びやすさを追求するのであればiPhone12 miniに軍配が上がるでしょう。

「ディスプレイ」で比較

iPhone12miniとSEのディスプレイ比較

  iPhone SE2 iPhone12 mini
画面サイズ 4.7インチ 5.4インチ
解像度 1,334×750/326ppi 2,340×1,080/476ppi
ディスプレイ Retina HDディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
コントラスト比 1,400:1コントラスト比(標準) 2,000,000:1コントラスト比(標準)
最大輝度 最大輝度625ニト(標準) 最大輝度625ニト(標準)
最大輝度1,200ニト(HDR)

画面サイズはiPhone12 miniの5.4インチに対し、iPhone SE2は4.7インチとコンパクトです。
本体サイズに関してはiPhone SE2よりiPhone12 miniのほうが小さいですが、超狭額デザインにより5.4インチサイズを実現しています。

ディスプレイにはiPhone SE2がRetina HDの液晶ディスプレイ、iPhone12 miniがSuper Retina XDRの有機ELディスプレイを採用。
有機ELディスプレイはコントラスト比の高さと画面の明るさが魅力で、明るいシーンはより明るく、暗いシーンはより暗い映像表現が可能です。
液晶ディスプレイに比べると解像度も高く、きめ細かい高精細な映像になります。

片手操作のしやすさを重視するなら画面サイズが小さいiPhone SE2、大きめの画面で高画質な映像を楽しむならiPhone12 miniがおすすめです。

「カメラ性能」で比較

iPhone12のカメラ性能

  iPhone SE2 iPhone12 mini
広角レンズ ƒ/1.8絞り値 ƒ/1.6絞り値
超広角レンズ ƒ/2.4絞り値
ズーム性能 最大5倍のデジタルズーム 2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム
手ぶれ補正機能 光学式手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正
ナイトモード
オーディオズーム
インカメラ 700万画素 1,200万画素

iPhone SE2は広角レンズのみのシングルカメラですが、iPhone12 miniは広角レンズと超広角レンズのデュアルカメラを搭載していて、より広い画角で写真撮影できます。
ズーム性能でもiPhone12 miniが優れており、遠い被写体を高画質に撮影可能です。

また、iPhone12 miniには暗いシーンを美しく撮影するナイトモードや、動画撮影時にズーム倍率にあわせて音声を調整するオーディオズームといった機能も搭載。
よりクオリティの高い写真や動画の撮影ができるでしょう。

インカメラの画素数はiPhone SE2の700万画素に対し、iPhone12 miniは1,200万画素となっており、インカメラでも通常カメラに負けない高精細な写真を撮影することができます。

カメラ性能だけを見るならiPhone12 miniがおすすめです。

ƒ(エフ)値の違い

iPhoneナイトモードのイメージ

広角レンズのƒ値を見ると、iPhone SE2がƒ/1.8絞り値、iPhone12 miniはƒ/1.6絞り値だから、数値が大きい方が優れているんじゃないか?って思った方はいませんか?

ƒ値とはレンズを通る光の量を数値化したものです。ƒ値が小さければ小さいほどレンズを通る光の量は多くなり、写真は明るくなる特徴があります。

さらに、ƒ値が小さいほどシャッタースピードは短く手ぶれしにくくなるのも特徴です。iPhoneのƒ値は固定ですので、変更ができません。固定なので様々なシーンに対応するために、レンズが複数あるほうが有利です。

iPhone12 miniはデュアルカメラのため、レンズを使い分けるという意味でもおすすめです。

「バッテリー容量」で比較

iPhoneのバッテリー

  iPhone SE2 iPhone12 mini
ビデオ再生 最大13時間 最大15時間
ビデオ再生(ストリーミング) 最大8時間 最大10時間
オーディオ再生 最大40時間 最大50時間
高速充電
(30分で最大50%充電)

(30分で最大50%充電)
ワイヤレス充電 Qiワイヤレス充電 MagSafe、Qiワイヤレス充電

バッテリー容量の大きさは、ビデオ再生・ビデオ再生(ストリーミング)・オーディオ再生の駆動時間を参考にしましょう。

それぞれの駆動時間を比較すると、iPhone SE2のほうがバッテリー容量が小さいことがわかります。
一度の充電でできるだけ長い時間iPhoneを使いたければiPhone12 miniを選びましょう。

バッテリー容量とあわせてチェックしておきたいのが便利な充電機能です。
2機種とも高速充電に対応しており、別売りの20W以上のアダプタを使うと30分で最大50%を充電することができます。
専用充電器を使えばQiワイヤレス充電も可能です。

また、iPhone12 miniは新しいワイヤレス充電規格MagSafeにも対応しています。
端末の背面にMagSafeコネクタをペタッと付けるだけで手軽に充電可能です。
MagSafe充電用の端末ケースなども販売されていて、iPhoneのアクセサリーの幅が広がりました。

歴代iPhoneのバッテリー

歴代iPhoneのバッテリー比較表

  ビデオ再生 CPU
iPhone6s 最大11時間 A9チップ
iPhone6s Plus 最大14時間 A9チップ
iPhone7 最大13時間 A10 Fusionチップ
iPhone7 Plus 最大14時間 A10 Fusionチップ
iPhone8 最大13時間 A11 Bionicチップ
iPhone8 Plus 最大14時間 A11 Bionicチップ
iPhoneX 最大13時間 A11 Bionicチップ
iPhoneXR 最大16時間 A12 Bionicチップ
iPhoneXS 最大14時間 A12 Bionicチップ
iPhoneXS MAX 最大15時間 A12 Bionicチップ
iPhoneSE(第2世代) 最大13時間 A13 Bionicチップ
iPhone11 最大17時間 A13 Bionicチップ
iPhone11 Pro 最大18時間 A13 Bionicチップ
iPhone11 ProMAX 最大20時間 A13 Bionicチップ
iPhone12 mini 最大15時間 A14 Bionicチップ
iPhone12 最大17時間 A14 Bionicチップ
iPhone12 Pro 最大17時間 A14 Bionicチップ
iPhone12 ProMAX 最大20時間 A14 Bionicチップ

表を開いて見ていただくと歴代のiPhoneは、CPUの処理速度が早くなりつつもバッテリーの持ちも良くなっています。

iPhoneSE2もiPhone12シリーズと比較すると、少しバッテリーの持ちが心配ですが、ゲームや動画などヘビーユーザーでなければ充分と思われます。

iPhone12シリーズの中だけで比較すると若干バッテリーの持ちがよくないと言われているのがiPhone12 miniです。

ただし、MagSafeに対応しているので、無接点充電が可能なモバイルバッテリーなど活用すると良いかも知れません。

これからiPhone12 miniにしようか、iPhone SE2にしようか迷っている方には、お持ちのiPhoneと比較してみるのも良いかも知れません。

「ホームボタン・生体認証」で比較

iPhoneの認証方法

  iPhone SE2 iPhone12 mini
ホームボタン
生体認証 Touch ID
(指紋認証)
Face ID
(顔認証)

ホーム画面を開くときや決済するときなどに生体認証が便利です。

iPhone SE2はホームボタンを搭載していて、生体認証にはiPhone Xシリーズ以降で使われていなかったTouch IDによる指紋認証を採用。
iPhone12 miniはホームボタンを廃止しており、Face IDでの顔認証となっています。

また、ホームボタンは操作性に影響し、ホームボタンがあればワンプッシュするだけでホーム画面に戻ることが可能です。
ホームボタンがないiPhone12 miniは画面を下から上にスライドするとホーム画面に戻れます。

指紋認証やホームボタンを使った操作に魅力を感じる人はiPhone SE2を選ぶといいでしょう。
顔認証を利用したい人にはiPhone12 miniがおすすめです。

「5G通信」で比較

5Gイメージ画像

  iPhone SE2 iPhone12 mini
5G通信
4G-LTE通信

最新機種のiPhone12 miniはiPhone史上初の超高速5G(ファイブジー)通信に対応しています。
5G通信とは「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」が魅力の次世代通信規格のことで、ドコモ、ソフトバンク、auの提供エリア内に限り利用可能です。

一方のiPhone SE2は5G通信には対応しておらず、4G-LTE通信のみとなっています。
4G-LTE通信でも問題なくインターネットを利用できますが、5G通信なら高画質動画の視聴やオンラインゲームなどをより快適に楽しめるでしょう。

5G通信はバッテリーの消耗が激しいですが、iPhone12 miniは5G通信を利用しないときに4G-LTE通信に切り替える省エネ機能にも対応。

しかし、現状は5G通信の提供エリアは都市部が中心となっており、非常に限られています。
5G通信を利用したい人はあらかじめ各キャリアの公式ページから提供エリアを確認しておきましょう。

「防塵・防水性能」で比較

防塵防水のマーク

  iPhone SE2 iPhone12 mini
防塵・防水性能 最大水深1メートルで最大30分間
(IP67等級)
水深6メートルで最大30分間の耐水性能
IP68等級)

防塵・防水性能は「IP68」のような形式で表記され、前の数字(例だと6)が防塵性能、後ろの数字(例だと8)が防水性能を表しています。
それぞれの性能は数字が大きいほど優れていて、防塵性能は0〜6の7段階、防水性能は0〜8の9段階に分けられます。

今回の場合だと防塵性能は2機種とも最高レベルの6です。砂ぼこりなどの粉塵の内部への侵入を完全に防いでくれます。

防水性能についてはiPhone SE2が7(最大水深1メートルで最大30分間)、iPhone12 miniが最高レベルの8(水深6メートルで最大30分間の耐水性能)です。
どちらも非常に高い防水性能を誇っているので、一般的な用途であれば水没による故障は心配する必要はありません。

携帯電話に関する不安やご心配ごと、お悩みのご相談はお気軽にノジマへ!

携帯電話のご相談はノジマがおすすめ

iPhoneの機種変更の手続きやデータ移行、操作方法など携帯電話に関して悩むことがありますよね。そういった時は、ノジマへご相談ください。

  • 「iPhoneのバッテリーの持ちが悪くなった」
  • 「携帯電話のデータ移行がうまくいかない」
  • 「AppleIDのパスワードを忘れてしまった」

などのご相談も多くなっています。

ノジマは徹底してお客様のご要望を聞き出し、お客様に最適なプランをご提案させていただきます。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

ノジマ店舗情報

iPhone SEの第一世代と第二世代の違い

iPhoneSE第一世代の画像iPhoneSE

iPhone SEの第二世代は、2016年3月31日に発売されたiPhone SE第一世代の後継機として登場しました。
※以降はiPhone SE第二世代を「iPhone SE2」、第一世代を旧iPhone SEと表現します。

最新のiPhone SE2は旧iPhone SEからどのような変化があったのか、スペック・性能などを比較して違いをみていきましょう。

なお、旧iPhone SEは2018年9月にApple公式の販売は終了しており、新品での購入ができません。
どうしても使いたい人は中古のSIMフリー(SIMロック解除)端末を購入するといいでしょう。

  iPhone SE
(第二世代)
iPhone SE
(第一世代)
発売年 2020年 2016年
ストレージ 64GB/128GB/256GB 32GB/128GB
色の数 3色 4色
カラーバリエーション ブラック、レッド、ホワイト スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールド
本体サイズ
(高さx幅x厚さ)
138.4×67.3×7.3mm 123.8×58.6×7.6mm
重量 148g 113g
画面サイズ 4.7インチ 4インチ
解像度 1,334×750/326ppi 1,136×640/326ppi
カメラ:レンズ 広角 広角
カメラ:ズーム性能 最大3倍のデジタルズーム 最大3倍のデジタルズーム
ホームボタン
生体認証 Touch ID
(指紋認証)
Touch ID
(指紋認証)
バッテリー容量 ビデオ再生:最大13時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大8時間
オーディオ再生:最大40時間
ビデオ再生:最大13時間
オーディオ再生:最大50時間
高速充電
ワイヤレス充電 Qiワイヤレス充電
防塵・防水性能 最大水深1メートルで最大30分間
IP67等級)
プロセッサー A13 Bionicチップ A9チップ
5G通信
Apple Pay
(モバイルSuica)
対応SIM デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
nano-SIM
付属品 USB-C – Lightningケーブル USB-A – Lightningケーブル、Apple EarPods with Remote and Mic (iPhone用イヤホン)

「ストレージ容量」の違い

ストレージのイメージ画像

  iPhone SE2 旧iPhone SE
容量の種類 3種類 2種類
ストレージ 64GB/128GB/256GB 32GB/128GB

ストレージとは、スマホのデータを長期間保管しておくための補助記憶装置のことをいいいます。容量の単位は「GB(ギガバイト)」で表し、1GBで約1,000枚撮影ができます。

iPhone SE2は64GB/128GB/256GBの3種類、旧iPhone SEは32GB/128GBの2種類あります。
ラインナップはiPhone SE2が多く、最大ストレージ容量が256GBと大容量です。
旧iPhone SEの最大ストレージ容量128GBの2倍になるので、写真や動画、ゲームなどのデータをよりたくさん保存できるようになりました。

128GBのストレージでは物足りない人にっては嬉しいポイントの一つです。

「カラーバリエーション」の違い

  iPhone SE2 旧iPhone SE
色の数 3色 4色
カラーバリエーション ブラック、レッド、ホワイト スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールド

カラーバリエーションはiPhone SE2がブラック・レッド・ホワイトの3色、旧iPhone SEがスペースグレイ・シルバー・ゴールド・ローズゴールドの4色となっています。
iPhone SE2と旧iPhone SEでは1色も同じカラーがありません

見た目にこだわりたい場合は、それぞれのカラーバリエーションを把握したうえで選ぶようにしましょう。

「本体の大きさ・重さ」の違い

iPhoneのサイズと重さ

  iPhone SE2 旧iPhone SE
本体サイズ
(高さx幅x厚さ)
138.4×67.3×7.3mm 123.8×58.6×7.6mm
重量 148g 113g

本体サイズの高さと幅は旧iPhone SEが小さく、厚さはiPhone SE2が薄いデザイン形になっています。
重量は旧iPhone SEが113gとiPhone SE2より35g軽いです。

持ち運びやすさだけを重視するのであれば旧iPhone SEのほうが快適に利用できるでしょう。
ただ、厚さが薄い分iPhone SE2のほうがスッキリとした見た目になります。

旧iPhone SEを使っていて、あの手のひらサイズが良かったからずっと持っているという方もいらっしゃるかも知れません。

そういった方なら、iPhone12 miniがおすすめです。持った感じや手に収まるサイズ感は、小型のiPhoneをお求めの方にはちょうど良いサイズになると思います。

もし、サイズなど確認されたい場合は、ノジマへご来店ください。実機をお試しでき、持った感触なども味わうことができますので。

ノジマ店舗情報

「ディスプレイ」の違い

  iPhone SE2 旧iPhone SE
画面サイズ 4.7インチ 4インチ
解像度 1,334×750/326ppi 1,136×640/326ppi
ディスプレイ Retina HDディスプレイ Retinaディスプレイ
コントラスト比 1,400:1コントラスト比(標準) 800:1コントラスト比(標準)
最大輝度 最大輝度625ニト(標準) 最大輝度500ニト(標準)

画面サイズはiPhone SE2の4.7インチに対して旧iPhone SEは4インチと、最近のスマートフォンのなかでは非常に小さいです。
インターネットやアプリなどを快適に利用するためにはある程度の画面サイズが必要なので、特にこだわりがなければ4.7インチのiPhone SE2を選びましょう。

また、Retina HDディスプレイを採用したiPhone SE2は解像度が高いため、旧iPhone SEより高画質な映像を楽しむことができます。
コントラスト比や最大輝度にも優れており、明るい部分と暗い部分にメリハリのある映像を表現可能です。

「充電機能」の違い

iPhoneのワイヤレス充電

 

  iPhone SE2 旧iPhone SE
ビデオ再生 最大13時間 最大13時間
ビデオ再生(ストリーミング) 最大8時間
オーディオ再生 最大40時間 最大50時間
高速充電
(30分で最大50%充電)
ワイヤレス充電 Qiワイヤレス充電

iPhone SE2には30分の充電でバッテリーの最大50%をチャージできる高速充電機能や、ケーブルを接続せずに手軽に充電できるQiワイヤレス充電機能が搭載されています。
※高速充電には別途20W以上に対応した充電器、Qiワイヤレス充電に専用の充電器が必要です。

しかし、旧iPhone SEはiPhone SE2に搭載されているような充電機能が一切搭載されていません。
高速充電やQiワイヤレス充電が使いたい人は注意しておきましょう。

なお、バッテリー容量に関しては、どちらも同じくらいの駆動時間となっていて大きな違いはありません。

「防塵・防水性能」の違い

防塵防水のマーク

  iPhone SE2 旧iPhone SE
防塵・防水性能 最大水深1メートルで最大30分間
IP67等級)

iPhone SE2の防塵・防水性能はIP67等級の高い水準となっています。防塵については砂ぼこりなどの粉塵を内部に侵入させません。

防水は最大水深1メートルで最大30分間耐えることができるので、水没が心配なシーンでも安心して使用できるでしょう。

一方の旧iPhone SEは防塵・防水性能が一切ありません。水回りでiPhoneを使う機会が多い人は、使用時に注意が必要です。

「Apple Pay」の違い

Apple Payのロゴ

  iPhone SE2 旧iPhone SE
モバイルSuica

旧iPhone SEはFeliCa(おサイフケータイ)に対応していないため、Apple PayでモバイルSuicaやPASMOの電子マネー決済が利用できません。
そのため、電車やバスなどの交通機関、コンビニや飲食店などの店頭でiPhoneをタッチして買い物するといったことができないので注意しましょう。

iPhone SE2はApple Payでの電子マネー決済に対応しているので、ワンタッチで手軽に買い物することができます。

「対応SIM」の違い

SIMフリーの画像

  iPhone SE2 旧iPhone SE
対応SIM デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
nano-SIM

旧iPhone SEはnano-SIMにのみ対応ですが、iPhone SE2はnano-SIMとeSIMのデュアルSIMに対応したモデルとなっています。

デュアルSIMモデルでは2種類のモバイル回線を1台に登録して使用でき、契約するデータプランや2つの電話番号を使い分けることが可能です。

電話とデータ通信をそれぞれ安いプランに加入して毎月の料金を節約したり、仕事用とプライベート用を使い分ける際に便利なのがiPhone SE2になります。

iPhone SE2とiPhone12 miniの比較まとめ

iPhone SEとiPhone12 miniの比較まとめ

今回は、iPhone SEの第二世代(iPhone SE2)と最新機種iPhone12 miniの比較に加え、iPhone SE第一世代との違いについても解説しました。

機種ごとにメリットとデメリットがあるのでスペックや特徴の違いを理解し、自分にあった機種を選ぶことが大切です。

どの機種を選べばいいのかなかなか決められない人は下記のポイントを参考にしてみてください。

【iPhone SEの第二世代がおすすめな人】

  • 低予算で小型iPhoneを探している人
  • 画面サイズが小さめで片手操作しやすいiPhoneを使いたい人
  • ホームボタン(指紋認証)のあるiPhoneがいい人

【iPhone12 miniがおすすめな人】

  • なるべく小型軽量で携行性の高いiPhoneを使いたい人
  • 大画面で高画質な映像を楽しみたい人
  • iPhoneのカメラでよく写真や動画を撮影する人
  • 顔認証でホーム画面や決済時のロックを解除したい人
  • 新しいワイヤレス充電MagSafeを利用したい人

なお、本文中で紹介したiPhone SEの第一世代については、Apple公式での販売は終了しているため、新品での購入はできません。
iPhone SEの第二世代より第一世代が欲しい場合は、中古のSIMフリー(SIMロック解除)端末を購入するといいでしょう。

iPhone12シリーズをご検討のお客様には、ノジマなら無料でお客様の現在ご契約されている携帯電話のプランを確認し、お客様に最適なプランを比較検討し、ご提案させていただきます。さらに、ご契約後の初期設定やデータ移行などアフターフォローもバッチリです。

「iPhone12 miniを考えているんだけど、今使っている機種とどれくらいバッテリーの持ちが変わるの?」や、「月の料金がいくらぐらい変わるの?」、「格安プランに乗り換えようかな」とお考えの方はお気軽にご相談ください。メリットやデメリットを含めて詳しくご案内します。

メーカー委託販売員(ヘルパー)がいないなど、他社にも負けない強みと提案がノジマにはありますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ノジマでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため、アルコール除菌、検温の義務化、清潔ユニフォーム確認を徹底し、お客様に安心してお買い物いただけるよう努めております。

ぜひ、お近くのノジマへご来店いただき、お気軽にご相談ください。

ノジマ店舗情報

※ この記事は2021年6月時点の情報を元に作成されています。
※ ご相談内容によっては有料の場合もございます。予めご了承ください。

関連記事

iPhoneで機種変更する人は必見!見てわかるバックアップ・データ移行(復元)手順!

いまさら聞けないiPhone(iOS)のソフトウェアのアップデートの手順を徹底解説!iPhone最新にしていますか?

【iPhone】iOS14アップデートは要注意!過去の不具合やOSの確認方法など紹介!

iPhoneの初期化(リセット)方法は?下取りや売却に必要な手順とは

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は役に立ちましたか?

ピックアップ

  • ノジマあんしん出張設定サポート

    パソコン・スマホのお困り事は出張設定で解決いたします!

  • ネットでお買い物するならノジマオンライン

    ネットでお買い物するならノジマオンライン

人気記事ランキング