黄砂とは?時期はいつからいつまで?原因や症状、対策方法も解説

更新日時 : 2023-04-21 20:14

黄砂とは?時期はいつからいつまで?原因や症状、対策方法も解説

最近話題の「黄砂」と聞くと、どんなイメージが思い浮かびますか?

黄砂とは、乾燥した地域から飛散する微小な砂塵が、風に乗って運ばれる現象のことです。

日本では、春から初夏にかけて黄砂が観測され、黄砂の時期には、特に喉の痛みや鼻づまりなどの症状が出ることがあります。

黄砂が多い地域や、黄砂アレルギーに悩まされている方には、適切な対策が必要です。また、車の黄砂対策と花粉との見分け方も知っておくと、生活に役立ちます。

今回は、黄砂についての基本的な情報をわかりやすく解説します。

黄砂とは何?その現象と原因をわかりやすく解説

黄砂の原因は

「黄砂」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?黄色い微小な粒子が空中を漂い、私たちの健康に影響を与える現象です。

今回は、黄砂の正体やその危険性について、分かりやすく解説していきます。

黄砂とは簡単に説明:何の現象か

黄砂を観測

黄砂は、乾燥化した地域から発生した微小粒子状物質が風に乗って大気中に飛散し、周辺地域に影響を及ぼす現象です。

特に、中国の砂漠地帯から発生した黄砂は日本まで飛来し、健康被害や洗濯物の被害、車の汚れや傷などの被害を引き起こしています。

黄砂は、砂塵や微小な粒子から成り立っており、その濃度が高くなると、大気環境に与える影響も大きくなります。

黄砂の発生源:どこからやってくるのか

黄砂の発生源

黄砂の発生源は、主に中国の乾燥化した砂漠地帯であり、中でもタクラマカン砂漠やゴビ砂漠が有名です。

これらの地域では、日照時間が長く、降水量が少ないため、砂漠化が進んでいます。

そして、強い風によって、砂漠地帯から微小な粒子が大気中に舞い上がり、黄砂現象を引き起こすことがあります。

黄砂の飛来量は、風の勢力や発生地域の状況によって異なります。

黄砂の原因:偏西風とどのような関係があるか

偏西風で風に乗ってくる

黄砂の原因は、偏西風の影響によるものが大きいです。偏西風は、西から東に向かって吹く風のことで、中国やモンゴルなどの乾燥地帯から吹き出し、日本に向かって移動します。

この偏西風が、砂漠地帯から舞い上がった微小粒子状物質を乗せて、日本に向かって運ぶことがあります。

このように、黄砂現象は地球規模の気象現象によって引き起こされる現象であり、地球環境における環境問題の一つとして注目されています。

黄砂の時期について:いつからいつまで注意が必要か

黄砂はいつからいつまで

日本では、春から初夏にかけて、黄砂の被害が深刻になることが多いです。黄砂の時期には、マスクや目の保護など、健康管理に注意が必要です。

この項目では、黄砂が発生する主な季節やピーク時期について、詳しく解説していきます。

黄砂が発生する主な季節:3月、4月、5月

黄砂被害が多い時期は春

黄砂が発生する主な季節は、3月から5月の春季です。この時期は、偏西風が強く吹き、乾燥した砂漠地帯から微小な粒子が舞い上がり、黄砂が発生しやすくなります。

特に、4月頃には黄砂の発生がピークに達することがあり、注意が必要です。

黄砂の発生量は、年によって異なりますが、日本国内では、西日本や九州地方で黄砂の影響を強く受けることが多いです。

2023年の黄砂ピーク時期の予測

黄砂のピークは4月

2023年の黄砂ピーク時期の予測については、気象予報士や環境基準に詳しい専門家が、平均気温や湿度、大気汚染濃度などを基に予測しています。

現在のところ、2023年の黄砂ピーク時期は、例年通り4月中旬頃になると予測されています。

ただし、気象条件などによって、5月に飛来するなど予測と異なる場合もありますので、黄砂情報には常に注意が必要です。

黄砂が発生しにくい月:7月~9月、1月~2月の比較

黄砂被害が少ない時期は春以外の夏秋冬

黄砂が発生しない月について、1月~2月と7月~9月の比較を行ってみましょう。

1月~2月は黄砂が発生する前の冬季であり、乾燥した砂漠地帯から風は弱く微小粒子が舞い上がることが少ないため、黄砂の発生はまれです。

7月~9月に関しては雨が多くなり、同様に黄砂の発生量は少なくなります。

ただ繰り返しにはなりますが、比較的被害が少ないとされている季節でも、気象条件によって黄砂被害は起こりえます。

黄砂が多い・少ない地域:主要都市の影響を解説

黄砂被害の多い地域

黄砂の被害は、地域によって異なります。そのため主要都市を中心に、黄砂の多い地域と少ない地域の特徴を解説していきます。

気になる地域の状況をチェックして、健康に配慮した生活を送りましょう。

黄砂が多い地域:大阪、福岡、広島など西日本や東北地方での状況

気象庁:黄砂情報
参照:気象庁 黄砂情報

西日本は、黄砂被害が深刻な地域が多くあります。大阪府は、関西地方の中心都市で、中国から飛来する黄砂の影響を受けやすく、特に春先は被害が顕著です。

福岡県は、九州地方の中心都市であり、黄砂が飛来する可能性が高い地域の一つです。

中国地方の広島県も同様に、黄砂が飛来する可能性が高く、春先には被害が発生することがあります。

また、東北地方や北海道でも中国大陸からの風向きによって黄砂が飛来する事が多く、基本的に中国大陸から近い地域が被害が多いと言えます。

黄砂が少ない地域:関東・東海地方での特徴

関東と東海は黄砂は少ない

一方、関東・東海地方では、比較的黄砂が少ない地域とされています。

これらの地域では、気象庁が発表している「黄砂情報」によると、黄砂の濃度は比較的低く影響も少ないとされています。

しかし、2023年度は東京都でも黄砂が観測されたため、比較的少ないといっても黄砂が観測される可能性はある、と認識しておいた方がいいでしょう。

黄砂アレルギー:症状と対策をわかりやすく解説

症状と対策方法

黄砂の季節になると、アレルギー症状を感じる方が増えます。黄砂アレルギーは、どのような症状を引き起こすのでしょうか?

また、どのような対策が効果的なのでしょうか?効果的な家電製品についても紹介します。

黄砂アレルギーの主な症状:くしゃみ、喉の痛み、鼻水

黄砂アレルギーの症状

黄砂アレルギーは、特に春から初夏にかけて黄砂が飛散する時期に発症しやすく、花粉症に似た症状が出ます。

主な症状としては、くしゃみ、喉の痛み、鼻水があります。

これらの症状は、花粉症とも共通しているため、自分が花粉症なのか、黄砂アレルギーなのかは、専門の医療機関で診断を受けることが重要です。

黄砂アレルギーと花粉症、PM2.5の違いと共通点

花粉と黄砂とPM2.5の違い
※画像はイメージです

黄砂アレルギーと花粉症、pm2.5は全て大気汚染物質によるアレルギー症状を引き起こすものですが、原因や症状には違いがあります。

花粉症は主に春先にスギやヒノキ、カモガヤなどの花粉が飛散し、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状を引き起こします。

黄砂アレルギーは、黄砂に含まれる微小粒子状物質が原因で、花粉症と同様の鼻水やくしゃみ、喉の痛みなどの症状を引き起こします。

また、PM2.5は車の排気ガスや工場の排出などによって発生する微小粒子状物質で、健康被害を引き起こす可能性があります。
しかも、PM2.5は黄砂に付着するので黄砂と共に健康被害をもたらすやっかいな物質です。

共通点として、いずれも空気中の微小粒子状物質が原因で、健康被害を引き起こす可能性がある点が挙げられます。そのため、対策としては、マスクの着用や室内での過ごし方の工夫などが共通しています。

黄砂アレルギーの影響と対策:健康被害を防ぐ方法

黄砂の対策

黄砂アレルギーは、微小粒子状物質が原因で、鼻水やくしゃみ、喉の痛みなどの症状を引き起こします。また、長期的には呼吸器疾患や循環器疾患を引き起こす可能性があります。

黄砂アレルギーに対する対策としては、マスクの着用のほか、室内では空気清浄機を利用したり、湿度を保つために加湿器を使用することも効果的です。

室内での黄砂対策: 空気清浄機や花粉症対策の活用

黄砂対策は家電がおすすめ

室内での黄砂対策には、空気清浄機の活用が効果的です。空気清浄機は、空気中の花粉や黄砂を取り除くことができます。また、花粉症対策としても効果がありますので、同時期に悩む方には特におすすめです。

空気清浄機には、HEPAフィルターを搭載したモデルや加湿機能付きの加湿空気清浄機があります。HEPAフィルターは、黄砂や花粉を効果的に除去できるフィルターです。一方、加湿空気清浄機は、空気を加湿しながら清浄することができ、乾燥による不快な症状も緩和します。

室内での対策として、換気や掃除も重要です。換気は、空気環境を改善し、黄砂や花粉の影響を軽減します。掃除機で床や室内をこまめに掃除することで、部屋の中のホコリや花粉を減らすことができます。

また、エアコンのフィルター掃除も室内の空気をキレイに保つ助けとなります。定期的にフィルターを掃除して、空気の流れをスムーズにしましょう。

これらの対策を実施することで、室内での黄砂や花粉の影響を軽減できます。

空気清浄機や掃除機、換気など、日々の生活で手軽にできる対策を取り入れて、健康で快適な生活を送りましょう。

黄砂対策におすすめの空気清浄機

Dyson ダイソンDyson Pure Hot + Cool

快適空間!黄砂対策も万全!

ノジマ店頭にてお取り扱い中!

Dyson ダイソン Dyson Pure Hot + Cool HP00ISN

空気清浄機・ヒーター・扇風機が1台に!Dyson Pure Hot + Coolは、高性能HEPAフィルターで花粉・ウイルス・黄砂も除去します。

黄砂対策だけでなく冬は暖房、夏は扇風機の機能があり、快適な空間を年間通して提供します。お手入れも簡単で、安全性も抜群ですよ。

洗濯物を干せない場合は乾燥機能付きドラム洗濯機がおすすめ

Panasonic パナソニック ドラム式洗濯乾燥機 NA-LX127BL-W

洗濯革命!アプリ対応&シワ・消臭機能!

ノジマ店頭にてお取り扱い中!

Panasonic パナソニック ドラム式洗濯乾燥機 NA-LX127BL-W

NA-LX127BL-Wはスマホアプリ対応のドラム式洗濯乾燥機。

屋外に干せない場合でもシワ・消臭コースで洗濯から乾燥まで衣類のケアが簡単。

はやふわ乾燥ヒートポンプ機能で時短家電としても活躍しますよ。

車の黄砂対策と花粉との見分け方:効果的な予防方法

車の対策方法

黄砂の室内での対策を解説しました。ただ黄砂の季節になると、車の黄砂対策も欠かせません。

しかし、車の汚れについては同じ時期に多い花粉も同じような被害をもたらすため見分けるのが難しい場合もあります。

最後に車の黄砂対策と花粉との見分け方について、効果的な予防方法を詳しく解説します。

黄砂と花粉の違いを見分けるポイント:車の汚れとザラザラ感

車の花粉と黄砂汚れの違い

黄砂と花粉は見た目が似ているため、車の汚れとザラザラ感が見分けるポイントとなります。

花粉は車に付着した場合、黄色や緑色のシミとして残ります。触るとやや粘り気があるのが特徴です。

一方、黄砂は細かい砂粒子が車に付着し、表面がザラザラとなり、花粉に比べるとやや白っぽい汚れになります。

また、花粉は主に春から夏にかけて、黄砂は春先に飛来することが多いため、季節的な観点でも見分けることができます。

車の黄砂対策:洗車やコーティングで効果的な防止策を

車の黄砂対策

車に付着した黄砂は、時間が経つと塗装面にダメージを与える原因になります。そこで、黄砂対策としては、定期的な洗車が重要です。

洗車の際には、高圧洗浄機を使うと効果的です。

また、コーティングを施すことで、黄砂の付着を防ぐことができます。特にガラスコーティングは、耐久性に優れ、黄砂や花粉の付着を防止してくれます。

ただし、自分で施工する場合は、適切な方法で施工する必要があります。洗車とコーティングを組み合わせて行うことで、効果的な黄砂対策ができます。

車の黄砂対策におすすめの高圧洗浄機

KARCHER ケルヒャー Kmini 家庭用高圧洗浄機  KMINI16000500

コンパクトながらも黄砂をパワフル洗浄!

ノジマ店頭にてお取り扱い中!

KARCHER ケルヒャー K mini 家庭用高圧洗浄機 KMINI16000500

最小サイズで大活躍!K MINIはケルヒャー最もコンパクトな高圧洗浄機です。

軽量で持ち運び楽々なので、狭い場所でも洗浄力抜群ですよ。

付属品は収納ケースにすっきり収まり、プレミアムフレックス高圧ホースで取り回しも簡単です。車や家庭のお掃除におすすめの高圧洗浄機でしょう。

まとめ

ノジマはメーカー販売員のいない唯一の家電専門店です

2023年の黄砂のピークは4月ではありますが、そもそも黄砂は毎年被害が発生しているのが特徴です。

いざ黄砂が飛来してしまうと外出しにくくなるため、事前に黄砂対策の準備をしておいた方がいいでしょう。

デジタル家電専門店のノジマでは、黄砂だけでなく花粉、PM2.5対策に有効な家電製品を取り扱っています。

さらにノジマではメーカー販売員がいないため、数多くのメーカー製品からお客様に環境に合わせた商品をご提案可能です。

ぜひ黄砂対策もノジマへご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メディア(家電小ネタ帳®)に関するお問い合わせ

お問い合わせ

人気記事ランキング

関連記事

ピックアップ

  • ノジマ店舗で実施中のキャンペーンはコチラ!

  • ノジマ公式チャンネル

    小ネタを動画でも!ノジマ公式チャンネル