【2020年版】auひかりの評判は?料金やメリット・デメリットなど徹底解説!

公開日時 : 2020-07-14 17:08
更新日時 : 2020-10-03 15:07

【2020年7月版】auひかりの評判は?料金やメリット・デメリットなど徹底解説!のTOP画

光回線のサービスを行っている会社は増えてきています。しかし、「auひかり」は大手スマホ会社である「KDDI」が運営している光回線です。

電話線、インターネット回線は以前はNTTのものが多かったのですが、近年auひかりのように独自の回線を使ってインターネットを利用するサービスが増加しています。

そこでここではauひかりの料金やメリットなどについて細かく紹介していきたいと思います。

auひかりの概要

auひかり概要

インターネットを利用するために必要なプロバイダと回線事業者の両方にお申し込みが必要な光ファイバーサービスの場合、毎月の料金もプロバイダと回線事業者の2社に支払う必要があります。

auひかりならご希望の提携プロバイダへのお申し込みだけで、別途手続きは不要なんです。
毎月の料金もプロバイダ一括支払いなので、プロバイダ料金と回線料金を別々にお支払いただく必要はありません
毎月のご利用金額がわかりやすくて安心です。

auひかりを利用できるプロバイダは以下の8社です。

  • @nifty
  • So-net
  • BIGLOBE
  • GMOとくとくBB
  • @TCOM
  • DTI
  • Asahiネット
  • au one net

プロバイダの月額料金の大きな違いはありませんが、IPv6や10Gbpsに対応で、サポートがしっかりしているプロバイダなら、@niftyがオススメです。

auユーザーはauひかりがおすすめ!

auをご利用されている方は、auスマートバリューの適用で毎月最大1,000円(税別)の割引が、対象の家族全員受けられます。
またauひかりにすれば、auWALLETポイントも貯まりやすくなります。

毎月の割引を考えると、損をしてしまっているかも知れません

【@nifty auひかり】ではさらに、お得な特典がいっぱい。

@nifty auひかり

\詳細はこちら/

\お近くのノジマでも詳細を確認できます/

auひかりのメリットとは

auひかりメリット

人気光回線であるauひかりには多くのメリットがあります。それらのメリットについて順に紹介していきたいと思います。

auのスマホユーザーがおトクとなる

公式auのauスマートバリュー

スマホ会社が光回線を運営している場合はスマホと光回線の両方を契約することで、スマホの使用料が安くなるという特典を受けられる場合があります。

これはauひかりでも同様で、auひかりとauのスマホと同時に使うことでauスマートバリュー」を利用できます

加入している料金プランによって違うのですが、たいていは毎月の利用料から最大1,000円の割引になります。

また、家族の中にauスマートバリューを利用している人がいれば、家族全員が割引を受けることができるというメリットもあります。

さらに月額料金500円の内蔵無線LANホームギガゲートウエイがauスマートバリュー適用で0円というのも大きなメリットです。

他社違約金キャッシュサービスのキャンペーンがある

auひかり 新スタートサポート ホーム

一般的に光回線の契約は「〇〇年」という契約期間が決まっています。その契約期間の途中で解約をする場合は、「解約違約金」が発生することがあります。

そのため契約期間中の他社への乗り換えは難しいというのがこれまで普通でした。auひかりではそういった乗り換えをしやすくするために「auひかり新スタートサポート」が2019年10月から行われています。

これは他社のインターネット解約違約金を、対象のプランに新規ご加入と継続利用のお約束で最大30,000円キャッシュバック還元してくれるというものです。
更に同時にスマホにも特典があり、auひかりと「同一のauスマートバリュー」にau携帯電話を2回線以上新規ご登録の場合、1つの回線につき最大で10,000円還元されます。

還元自体は「au PAYプリペイドカードへのチャージ」か「郵便為替」のどちらかから選べます。

また、光回線を新規に使用する際には配線工事を行う必要があります。

戸建てタイプとマンションタイプでは費用が違っているのですが、auひかりではこの工事費が初期費用相当額割引となります。

本来かかってくる工事費とその支払い方法は以下の通りです。

住居タイプ 工事費 内訳
戸建て 37,500円 625円×60カ月
マンション 30,000円 1,250円×24カ月

初期費用相当額割引を利用すると毎月の工事費の分割支払い金額と同額が月額料金から割引されます。

ただし、契約期間中に途中解約した場合は解約をした時点までは初期費用相当額割引、残りの工事費は一括で支払うという仕組みです。

auひかりのデメリットとは

auひかりデメリット

多くのメリットがあるauひかりですが、いくつかのデメリットもあります。

光回線を選ぶ際にはこういったメリットとデメリットをいろいろと比較して選ぶ必要があります。ここではデメリットについていくつか紹介していきます。

日本全国で使用できるわけではない

ドコモ光やフレッツ光はNTTドコモの回線網を使っているために、ほぼ日本全国で利用可能です。

それに対してauひかりは全国36の地域で利用できるものの、auひかり系列の会社が運営する回線がある、「中部地方」「近畿地方」「沖縄」などのエリアではauひかりという名称の回線は利用できません

これらのエリアには以下のようなauひかり系列の会社が運営する回線があります。auスマートバリューも対象です。

 

静岡、愛知、岐阜、三重などの中部地方には「コミュファ光」

auひかり 中部地方

大阪、京都、和歌山、奈良、滋賀、兵庫などの近畿地方には「eo光」

auひかり 近畿地方

沖縄には「auひかりちゅら」

auひかり 沖縄地方

 

auひかりやau系列の光が入らなかった時は「@nifty光」などのフレッツ系の光回線プロバイダでも「auスマートバリュー」に対応していますので、割引を受けることは可能です。

auユーザーは@niftyも必見!

@nifty光でも、auのスマホをご利用されている方は、auスマートバリューの適用で毎月最大1,000円(税別)の割引が、対象の家族全員受けられます。

毎月の割引を考えると、損をしてしまっているかも知れません

また、【@nifty光】なら、ノジマ店頭で8%割引できる特別優待を実施中!

\詳細はこちら/

\お近くのノジマでも詳細を確認できます/

戸建てタイプの工事費実質無料の条件が変更された

工事費が実質無料になるというキャンペーンが行われているのですが、戸建てタイプの方では条件が2018年5月に変更されています。

変更前:30カ月(2.5年) 1,250円ずつ
変更後:60カ月(5年) 625円ずつ

というものです。

合計は37,500円で変わりはないのですが、分割期間が5年に延びたことから途中解約が難しくなりました

途中で解約すると残金を一括で支払うというシステムなので、工事費を完全に無料にするには最低でも5年は使うという前提です。

auのスマホユーザー以外にはセット割はない

これはauに限らずどのスマホ会社の光回線でも同様です。スマホがauを使っている人はスマートバリューでセット割となり、毎

月月額使用料が1,000円の割引ですが、auユーザー以外ではそういった割引を受けることはできません

他社のものでもそうですが、スマホと光回線を合わせることで割引の利用ができるものだと思っておきましょう。

auひかりのプラン紹介

では具体的にauひかりのプランを紹介していきます。

大きく分けると「マンションタイプ」と「戸建てタイプ」があります。

マンションタイプの契約プラン

auひかりマンションタイプ

契約プラン 月額使用料 下りの最大通信速度 ※
タイプV 16契約以上 3,800円 100Mbps
タイプV 8契約以上 4,100円 100Mbps
タイプE 16契約以上 3,400円 100Mbps
タイプE 8契約以上 3,700円 100Mbps
タイプF 3,900円 100Mbps
都市機構デラックス 3,800円 100Mbps
マンション ギガ 4,050円 1Gbps
マンションミニ ギガ 5,000円 1Gbps

※ 本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実仕様速度を示すものではありません。お客様のご利用環境、回線の状況により大幅に低下する場合があります。

このようにさまざまなタイプが用意されているのですが、これらのタイプから自由に選べるというわけではありません。

住んでいる地域によって、そもそも選ぶことができないというタイプもありますし、住んでいるマンションによってどのプランが対応しているかが決まるという場合もあるからです。

同じマンション内で契約をしている人が多ければ安くなるという傾向があるので、そちらにも注意が必要です。

自分が住んでいるマンションでどのプランを選ぶことができるかは、問い合わせをすると確認ができます。

契約前に確認しておきましょう。

基本料金はこの表の通りですが、さらに2つのプランを選びます。

標準プラン

こちらは特に契約の縛りなどがないタイプですが、いくつかのサポートがうけられない、他社違約金還元などの特典がないというものです。

 

お得プランA

こちらは2年の契約という縛りがあるのですが、「おうちトラブルサポート」というサービスや他社違約金還元などの特典がついてきます。

こちらのプランでなければ受けられないサービスもありますので悩んだときはこちらのプランを選んでおく方が無難です。

※ 解約・プラン変更などの場合、契約解除料7000円(税抜)がかかります(更新期間除く)。

マンションプランの通信速度に関してですが、一般的なプランは最大通信速度(下り)が100Mbpsです。

もちろん時間帯やマンションの通信利用状況などによって常にこの速度が出るというわけではありません。

ただ、普通の動画などを見る際には10~15Mbps程度あれば問題ないとされていますので、十分な速度だと言えます。

実際に他社の通信速度に不満があってauひかりに乗り換えた人の多くが「通信速度が速い」と感じている口コミが多いです。

さらに通信速度にこだわりたいという人は選べる地域が限られていますが「ギガ」のプランを選ぶのも良いかもしれません。

\お近くのノジマでも詳細を確認できます/

戸建てタイプの契約プラン

auひかり戸建てタイプ

戸建てタイプの場合はマンションタイプとはまた違います。

auひかり ホーム1ギガ

戸建てでauひかりに申し込む場合はこちらが普通のプランです。

一般的には以下のどちらかを選びます。

プラン名 月額使用料 契約期間
ずっとギガ得プラン 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
3年 ※1
ギガ得プラン 5,200円 2年 ※2

※1 解約・プラン変更などの場合、契約解除料15000円(税抜)がかかります(更新期間除く)。

※2 解約・プラン変更などの場合、契約解除料9500円(税抜)がかかります(更新期間除く)。

戸建てプランの場合は頻繁に引っ越したりすることはあまりないため、ずっとギガ得プランを選ぶのがおすすめです。
また、これに電話やテレビ、安心トータルサポートなどのオプションをつけることが可能です。
これとは別に「標準プラン」というものがあり、契約期間の縛りはないのですが、月額使用料が1,000円以上高く設定されているため、あまりおすすめはできません。

auひかり ホーム10ギガ、5ギガ

戸建てプランは基本のプランで通信速度が1Gdpsのため、これでも十分な速さが確保されているのですが、さらに速い速度を求める人にはオプションで最大速度10Gbps・5Gbpsの速さに変更が可能です

これらはそれぞれ「auひかりホームX10ギガ」「auひかりホームV5ギガ」というプランになるのですが、どこでも自由に使えるというわけではなく利用条件があります。

  • 10ギガの場合は1,280円、5ギガの場合は500円の追加月額使用料金がかかる
  • 使用できるのは「東京」「埼玉」「神奈川」「千葉」の一部のエリアである
  • プロバイダが「@nifty」「au one net」「BIGLOBE」「so-net」のどれかである

という条件を満たしている戸建てのみです。

これらの条件に当てはまっていて、最大通信速度にこだわりたいという場合は申し込んでみるのも良いかもしれません。

※ 本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実仕様速度を示すものではありません。お客様のご利用環境、回線の状況により大幅に低下する場合があります。

\お近くのノジマでも詳細を確認できます/

関連記事はこちら

auひかりちゅら

auひかり 沖縄地方

こちらは沖縄のみで使用できるものです。

KDDIグループの沖縄セルラー電話株式会社が運営しています。

その契約プランは以下の通りです。

戸建てタイプ

サービス内容 月額料金
インターネット 5,100円~
インターネットと電話 5,600円~
インターネットと電話とテレビ 6,100円~

となっており、これらにはプロバイダ料なども含まれています。

マンションタイプ

サービス内容 マンションV月額料金 マンションギガ月額料金
インターネット 3,300円~ 3,900円~
インターネットと電話 3,800円~ 4,400円~
インターネットと電話とテレビ 4,300円~ 4,900円~

沖縄に住んでいる場合、利用を考えてみるのも良いでしょう。

auひかりを利用していて引っ越す場合

auひかりを利用していた人が引っ越す場合には「引っ越し先でもauひかりを利用する」「引っ越し先ではauひかりを利用しない」という2通りによっていろいろと変わってきます。

ここでは、それぞれのパターンの対応を紹介していきます。

引っ越し先でもauひかりを利用する場合

auひかり引越し先では利用する

まず引っ越し先がauひかりを利用できるエリアかどうかを確認しなければいけません

auひかりを利用できるエリアで、そのまま継続して利用するという場合に関しては新たに工事費などがかかることはなく利用できます。

この場合、まず元の場所での工事費が残っている場合は一括で残額を支払い、引っ越し先でその金額が月額使用料から割引がされるということです。

そのため特に追加費用がかかるということなく継続して利用できます。

引っ越し先ではauひかりを利用しない場合

auひかり引越し先では利用しない

引っ越し先のエリアがauひかりに対応していない、引っ越し先ではauひかりを利用しないという場合は解約手続きをすることになります。

この場合は加入の申し込みをした先に連絡をして解約をすることになります。

その際に必要となるのは以下のものです。

  • 契約解除料(解約違約金)・・・契約期間の更新月以外に途中解約をした際の違約金
  • 工事費の残債・・・工事費の分割支払い期間に解約した際の未払い分の一括支払い
  • 撤去工事費・・・戸建ての家で配線やケーブルを撤去するための費用

以前は残していく配線やケーブルの撤去については任意だったため、次に使う人がそのまま使うということもできたのですが、2018年3月以降は「必ず撤去する」というように変更になったため、撤去費用「28,800円」がかかります。

auひかりのオプションの ひかり電話とは

auひかり ひかり電話

auひかりにはオプションで「ひかり電話」をつけることが可能です。

これはこれまでにあった固定電話と同じもので、本来電話回線の配線工事費用がかかるのですが、auひかりと ひかり電話を同時に申し込むことで工事費用を無料とすることができます

電話機をお持ちの人は、新たに電話機を購入する必要はなく、そのまま使うことができます。

また、一般的な固定電話の料金は「市内3分8.5円」「市外最大45秒40円」という料金設定が多いのですが、auひかり電話は「国内一律3分8円」という料金設定のため、かなりお安いです。

特に遠方にかける場合にはかなりの差になります。

また、auひかりのひかり電話とauのスマホとの通話に関しては常に「無料」です

そのため、「auひかり」「auのスマホ」「auひかり電話」とセットで利用することでさらにおトクです。

さらに ひかり電話にオプションをつけることで便利に利用できます。利用できるオプションは以下のようなものです。

サービス サービスの内容 料金
割込通話 通話中に他の着信があった時にも保留にして対応できるサービス 300円
発信番号通知 掛けてきた相手の電話番号を表示 400円
割込番号表示 通話中にキャッチ(割込電話)が入った時に相手番号を表示 100円
番号通知リクエスト 電話番号非通知で発信してきた相手に「電話番号の前に186を付けてお掛け直しください」と伝え、通知させて掛け直すようにガイダンス 200円
迷惑電話撃退 迷惑電話の番号を登録し、着信を拒否する 700円
着信転送 携帯電話など、あらかじめ登録した番号に着信を転送する 500円
KDDI電話 auで着信確認 不在着信をauケータイにSMS(ショートメール)で通知 無料
移転番号アナウンス 移転などで番号が変更になった場合に新しい電話番号をアナウンス 無料
国際不取扱 国際電話を規制する 無料
番号通知設定 自番号の通知、不通知を設定する 無料

auひかりのオプションのauひかりテレビとは

auひかり ひかりTV

テレビを見る際にはアンテナ工事を行うのが一般的ですが、auひかりにはアンテナ工事をしなくても専門のチャンネルを視聴できる「auひかりテレビ」というオプションサービスがあります。

「映画」「アニメ・キッズ」「音楽」「スポーツ」「競馬」「韓流」の6つの専門チャンネルを「登録料800円」で利用でき、お好みのチャンネルの月額とチューナー代が別途かかるというものです。

ただし、一般的な地デジ放送を見ることはできず、もし地デジ放送、BS,CS放送を見たい場合は別にアンテナを設置する必要があります

その場合マンションなどですでにアンテナがある場合はそれを利用できますが、設置する場合は設置費用35,000~50,000円ほどがかかります。

他の手段で地デジなどは利用できるが、プラスして専門チャンネルを楽しみたいという人には最適なサービスです。

関連記事はこちら

auひかりに関する口コミは

auひかり口コミ

インターネットの口コミサイトや評価サイトには利用者の声が多く掲載されています。

ここではそれらからauひかりに関する口コミを探していきます。

男性シルエットA

他社から乗り換えたが通信速度の速さに驚いた

女性
シルエットE

解約違約金を還元してくれるので他社から乗り換えやすい

女性シルエットF

工事費が実質無料なのはうれしい

男性シルエットB

auひかりテレビは地デジが見れないのは少し残念

女性シルエットG

ひかり電話は使いやすくて安い

女性シルエットH

auユーザーの特典が多い

男性シルエットC

解約時の撤去工事費用が高い

男性シルエットD

独自回線なのでネットが速くて快適

といった意見が多いです。

通信速度のレベルの高さ、auユーザーへの特典の多さに対して高評価に対して、解約時に費用がかかるという声が出ています。

まとめ

auひかり評判まとめ

工事費が実質無料となる、通信速度が圧倒的に速い、auスマホユーザーであればスマートバリューによる特典が多い、他社からの乗り換え時の違約金還元が大きいといった非常に優れた光回線サービスなのが「auひかり」です。

特に「通信速度の速さ」は特徴的だと言えます。

他の光回線を利用していて通信速度に不満を持っている人であれば、ぜひおすすめしたい光回線だと言えるでしょう。

auひかり評判のポイント!

  • auユーザーならスマートバリューで割引適用!
  • 他社の解約違約金のキャッシュバックがある!
  • 初期費用相当額割引で おトク!
  • 戸建てなら最大10Gbpsの速度で利用できる ※

※ 本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実仕様速度を示すものではありません。お客様のご利用環境、回線の状況により大幅に低下する場合があります。

auひかりはノジマでご契約いただけます!詳細はノジマ店頭までお気軽にお問い合わせください。

※ こちらは2020年7月時点の記事です。表示価格は特に記載がない限り税抜です。

関連記事

世界でイチバン速いインターネットauひかりとは?auユーザーなら料金面でも乗り換えない理由はない?

auひかりのエリアを解説!エリア検索や確認方法も紹介【2020年版】

auひかりの料金は高い?料金内訳や見直し、他社と比較しました【2020年版】

auひかりでテレビは使える?地デジや番組表、便利な使い方などを解説【2020年版】

auひかりマンションタイプを解説!タイプGやVの速度も比較

【2020年7月版】au(エーユー) 4G LTE・5G最新料金プランまとめ!

【2020年7月版】auPAY(auペイ)のキャンペーンまとめ!使い方も詳しく解説

auユーザーはauひかりがおすすめ!

auをご利用されている方は、auスマートバリューの適用で毎月最大1,000円(税別)の割引が、対象の家族全員受けられます。
またauひかりにすれば、auWALLETポイントも貯まりやすくなります。

毎月の割引を考えると、損をしてしまっているかも知れません

【@nifty auひかり】ではさらに、お得な特典がいっぱい。

@nifty auひかり

\詳細はこちら/

\お近くのノジマでも詳細を確認できます/


auユーザーは@niftyも必見!

@nifty光でも、auのスマホをご利用されている方は、auスマートバリューの適用で毎月最大1,000円(税別)の割引が、対象の家族全員受けられます。

毎月の割引を考えると、損をしてしまっているかも知れません

また、【@nifty光】なら、ノジマ店頭で8%割引できる特別優待を実施中!

\詳細はこちら/

\お近くのノジマでも詳細を確認できます/

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は役に立ちましたか?

ピックアップ

  • ノジマあんしん出張設定サポート

    パソコン・スマホのお困り事は出張設定で解決いたします!

  • ネットでお買い物するならノジマオンライン

    ネットでお買い物するならノジマオンライン

  • ノジマがおススメする高品質・高速な@nifty光

人気記事ランキング