あなたの身近な人は大丈夫?ゲーム障害になる前に!WHOも正式に認定!

更新日時 : 2019-07-26 18:03

この質問に対する回答

ゲーム障害(gaming disorder)WHO正式認定

健康状態を向上させるための国際協力組織である、WHO(世界保健機構)は、
2019年5月25日「ゲーム障害(gaming disorder)」を国際疾病として正式に認定しました。
正式に認定したことにより、診断の基準がはっきりし、症例の研修が進みやすくなります。

ゲーム障害とは?

ゲーム障害とは、ゲームをの頻度や時間の長さを自分では制御することはできず、
ゲームを生活での利益や、日常生活よりも優先して、問題が生じたとしてもゲームを継続して、個人や家族、社会、教育、職業など重要な機能の障害をもたらすことです。

こういった症状が12ヶ月以上続くと、「ゲーム障害(gaming disorder)」と診断される可能性があり、症状が重い場合は、例え12ヶ月未満でも診断されます。

ゲーム障害社会問題化

代表的には韓国では、政府主導でIT先進国となった弊害として、ゲームに没頭してしまい、それが原因での死亡事故が多発
2005年には1年間で10名が死亡するなど、社会問題化しました。

韓国では死亡例も

一例として、韓国の24歳の男性が24時間営業のネットカフェにて、多人数参加型のオンラインゲームに没頭して、
最低限のトイレに行く時と、煙草を買う時以外の、なんと86時間ゲームを続けた末に、
長時間同じ姿勢で下半身が鬱血(うっけつ)して死に至る、「エコノミークラス症候群」が原因で死亡した例があります。

日本ではネトゲ廃人とも

日本では、「ネトゲ廃人」とも呼ばれ、1日20時間ゲームをプレイし続けて、
「ガチャ」と呼ばれる課金に、既に500万円以上も投入してしまっている猛者もいます。
あるソシャゲ(ソーシャルゲーム)LINEグループでは、グループ全体でトータル億を越えた人達もいるらしい。
しかも15人のグループだったそうです。驚きですね。

ゲーム障害も依存症

ゲーム障害には、寝ない、食べない、エナジードリンクのみ飲むなど、明らかに人しての生活を無視して行動してしまう傾向にあります。それだけ中毒性のあるゲームが乱立している状態です。
今回のゲーム障害も、アルコールや薬物、ギャンブルなどの依存症と同じくくりで、新たな依存症と診断されるようになります。

専門家は、ゲームが無限である故に、やめ時を見つけることができず、ずっとやり続けてしまうという。

夜眠れない、仕事に行けない、学校に行けない、そういった生活習慣の乱れから、失明や死亡例が出ています。

昔になかった病気

ゲーム障害って昔はなかった病気ですよね。では、以前とはどう違っているのでしょう?昔はエンディングを見て、完結するゲームが多かったですよね。
みなさんも、RPGでラスボスを倒して、裏ボスを倒して、真のエンディングまでいった、という記憶はないでしょうか?

無制限のオンラインよりも完クリ

諸説ありますが、

  • エンディングまで全てクリアすることを、「全クリ
  • アイテムも全て集めて、おまけ要素まで完全にクリアすることを「完クリ

という言葉はご存知でしょうか?

今のオンラインゲームは、毎回更新されていくことにより、この完クリができなくなってしまいました。

積みゲー

ゲームって溜まってしまうこともありますよね。年齢が上がり、社会人になると、買うだけで満足してしまい、なかなかクリアすらしないという、
積み上げていくゲーム達、通称、「積みゲーという言葉もあります。皆さんは、この積みゲーいくつありますか?
もし、積みゲーが溜まっているなら、そちらを先に処理してしまいましょう。

ゲームをじっくり

まずは、スマホの課金やオンラインゲームにのめり込んでしまう前に、完クリができる家庭用ゲームを久し振りにじっくり楽しむことをオススメします
エンドレスで続けられるゲームって、物凄く魅力的なんですが、それ自体が負担となってしまうこともあり、ゲーム障害へと続いていいく可能性があります。

ノジマでお待ちしております

そんな時は、是非ノジマへのご来店をオススメします。ノジマなら早期購入ポイント還元や、通常購入よりもポイントが溜まる場合もあります。
是非、店頭でゲームをご覧頂ければ、夏はビッグタイトルも発売されます。完クリできるゲームや、使いやすい周辺機器や新たな最新ゲーム機や、
掘り出し物のアウトレットゲームなど、発見できるかもしれないので、是非、お近くのノジマへご来店ください。

お近くにノジマがないかたにも、ノジマオンラインでご購入頂けます。

お近くの店舗を検索いただけます
店舗案内

この回答は役に立ちましたか?

この情報で解決できなかった場合

店頭で相談する

家電に関するご相談は、お近くのノジマ各店舗までお気軽にお問い合わせください。商品知識や経験の豊富なスタッフが、お客様のご要望に合わせて丁寧に対応いたします。

店舗案内

よくあるご質問

検索機能から直接キーワード検索をしていただくか、各分類カテゴリ、製品カテゴリからの絞り込み機能をお試しください。

よくあるご質問トップ