【2020年】家庭用A4プリンタ3強 徹底比較!キャノン・エプソン・ブラザー

公開日時 : 2020-01-08 15:06
更新日時 : 2020-06-05 17:14

仕事場だけでなく家庭でもプリンタを使用している人は少なくありません。自宅にプリンタがあることで、書類や写真を印刷したり、または複合機を利用することでコピーやスキャンなどもできるので非常に便利です。

プリンタを発売している会社に「Canon(キャノン)」・「EPSON(エプソン)」・「brother(ブラザー)」があり、これらの企業はいわゆる3強といわれています。それぞれで高性能なプリンタを多く扱っていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

そこで今回は、「Canon」・「EPSON」・「brother」3社のA4プリンタにおける機能面など特徴を説明し、それぞれを比較して紹介していきます。家庭用のA4プリンタをお探しの人は、ぜひチェックしてお気に入りの一台をみつけてみてください。

家庭用プリンタの選び方

印刷方式の違いで選ぶ

まずプリンタを選ぶ際に注目してほしいのが、印刷方式の違いについてです。プリンタの印刷方式は2種類あり、「インクジェットプリンタ」と「レーザープリンタ」に分けられます。

まずインクジェットプリンタは、機器にセッティングしたインクを圧力や熱を用いて粒子にして直接用紙に吹き付けて印刷するものです。プリンタ自体のサイズもコンパクトなものが多く、スペースを必要としにくいことから家庭用のプリンタとして人気があります。

インクジェットプリンタは印刷するのに時間を要する種類ではありますが、解像度が高く色も鮮やかで再現性が高いので、写真を印刷する目的でプリンタをお探しの人にはおすすめです。

一方でレーザープリンタは、名前の通りレーザーを使いインクを付着させて用紙に転写していきます。印刷スピードが速いのが特徴で、どちらかというと大量の枚数を印刷することに優れていることから家庭用ではなくオフィスなどビジネスシーンで活用されることの方が多いです。

印刷の質よりも速さを意識してプリンタを選ぶ人にはおすすめできる種類といえます。

インクの特徴やランニングコストで選ぶ

プリンタで文書や写真などを印刷するにはインクが必要です。インクには「顔料インク」・「染料インク」・「トナーインク」という種類があり、それぞれに特徴があります。

まず「顔料インク」は、粒子が大きいため水でにじみにくく、用紙に浸透するのではなく表面に色を付けるため鮮明な印刷を実現します。

染料インク」は細かい粒子が用紙の繊維まで浸透して印刷をするため、発色が綺麗になるのが特徴です。光沢が欲しい場合にはぜひ使ってみてください。

トナーインク」はレーザープリンターで用いられるインクで、大容量となるためコストを抑えて使用できるのが特徴です。

プリンタを活用するうえでインクは消耗品となるため、できるだけ長く使えてランニングコストがかからないものをおすすめします。用途により異なりますが、大容量タンクやエコタンク方式を搭載しているものなどを選べばコストを抑えられます。

FAXやコピー機能は搭載されているか

家庭用のA4プリンタを選ぶ際は、印刷機能だけでなくFAXやコピー機能、さらにスキャンができるという「複合機プリンタ」が登場しています。

さまざまな機能が搭載されているため人気が高く、スマートフォンやカメラなどの機器と接続することでデータや写真を印刷することが可能です。プリンタ自体のサイズは大きくなりますが、プリンタとは別にFAXやスキャナーなどを設置しなくても良いので、結果的にスペースを使わずに済ませることができます。

Wi-Fiに対応しているか

最近のプリンタでは当たり前になりつつありますが、Wi-Fiに対応している機器を選ぶことをおすすめします。USBなどで直接繋げることも可能ですが、Wi-Fiに対応していればワイヤレスでデータの送信ができるため、離れていても印刷できることから使い勝手が良いです。

また配線も必要ないことから部屋もすっきりしますし、コードにひっかかり怪我をする心配もありません。そしてワイヤレスに対応している場合は、プリンタを設置する場所も選ばないことから人気を集めています。

メーカーによるプリンタの特徴

Canonの特徴

文章の印刷に優れている

Canonのプリンタは文章の印刷を得意としており、文字を鮮明に印刷できることから多くの人に選ばれています。Canonのプリンタは顔料インクを使っていることで鮮明に文字を印刷することを可能にしています。使用しているインクの違いを理解しておくこともメーカーの特徴を把握するうえで大切です。

写真を綺麗に印刷できる

またCanonのプリンタは文字だけでなく写真も綺麗に印刷することができます。上述した通り、Canonのプリンタは文字を印刷する際に顔料インクを使用しますが、実は染料インクにも対応しており印刷物によって使い分けることが可能です。

写真では染料インクを使うため鮮明に印刷ができることから、年賀状などを作成するために家庭用として購入する人は少なくありません。

独立型インクを搭載している

Canonは家庭用プリンタとして、はじめて独立型インクを搭載したメーカーです。これは一色ごとにインクが分かれているもので、カートリッジを交換するタイプになります。

そのためインク切れになったものだけを詰め替え用で交換できるため、コストを削減することに成功しています。また、一色だけインクがなくなってしまった場合でも印刷できるのもCanonの特徴です。

EPSONの特徴

使用しているインクの種類

EPSONの家庭用プリンタは染料インクを使用している商品が多く、写真印刷を得意としているのが特徴です。そのため、写真の印刷をメインに考えている人にとってはおすすめできるメーカーといえます。

もちろん染料インクだけでなく顔料インクに対応しているプリンタも発売されているため、そのような使い道をするかで商品を選んでください。また使い捨てのカートリッジと違い、インクボトルからインクを補充することからランニングコストを抑えられるのもEPSONの特徴のひとつです。

無線LANやスマートフォンに対応している

今や欠かせない機能のひとつといえるのが無線LANやスマートフォンに対応していることです。EPSONの家庭用プリンタはワイヤレス接続を可能としているモデルを扱っており、離れた場所からでもデータを送信できます。

またWi-Fi Directに対応している商品の場合は、無線LANが使用できる環境ではない場合でも、機種によってパソコンやスマートフォンに接続をしてプリントを実行することが可能です。

SDカードやUSBメモリに対応している

SDカードやUSBメモリに対応しているプリンタを扱っており、機器に差し込むだけで簡単に写真データなどを印刷できるため便利です。SDカードやUSBメモリにデータを保存することが多い人にはおすすめできる機能といえます。

brotherの特徴

機能面について

brotherのプリンタは写真と文章のどちらでも綺麗に印刷できることから人気を集めています。また自動給紙装置機能を兼ね備えているモデルを扱っていたり、FAXだけでなく電話にも対応していたりと使い勝手の良い商品が多いのが特徴です。

ランニングコストが安い

brotherのプリンタはランニングコストが安く、長く使い続けられる点を支持する人は少なくありません。brotherのインクは他のメーカよりも価格が安いのが特徴で、インク代を抑えたいのであればおすすめです。

brotherは染料インクと顔料インクのハイブリット構成で、上述したように写真でも文字でも綺麗に印刷することを実現しています。

スマートフォンやタブレットなどと連携できる

またbrotherのプリンタはアプリが充実している点も特徴で、「Brother いつでも はがき・年賀状プリント」を使えば誰でも年賀状などを手軽に作成できます。

さらに「Brother iPrint&Scan」をダウンロードするとインクの残量などを確認できることから、スマートフォンやタブレットとの連携が素晴らしいです。使い勝手の良さもbrotherのプリンタが評価されている理由といえるでしょう。

各メーカーの最新機種について

Canon PIXUS XK60

Canon PIXUS XK60は高速Wi-Fiを搭載している最新機種で、機能性に優れたハイスペックモデルとして人気を集めています。

今までの家庭用プリンタとしての機能よりもワンランク上の写真画質を実現しており、Canonのプリンタ人気ランキングでも上位にランクインしています。

詳しい機能は下記で紹介するため、ランキングの項目を注目してください。

EPSON EP-982A3

EPSON EP-982A3は2019年8月1日に発売された最新機種で、「ふだんはA4、ときどきA3プリント」をキャッチフレーズにしているモデルです。

6色インク仕様で写真と文書のどちらも綺麗に印刷できたり、スマートフォンと接続ができたりと高性能でありながら、サイズは非常にコンパクトなため家庭用として置き場所を選びやすいのも嬉しいポイントです。

L判写真であればおよそ13秒で印刷が可能なため、スムーズに多くの写真をプリントできます。「オートフォトファイン!EX」・「つよインク。」・「純正写真用紙」の3つに対応していることから、誰でも簡単に写真をプリントできる点も人気に繋がっています。

家庭用A4プリンタ人気ランキング

Canon

4位:キヤノン CANON インクジェット複合機 PIXUSTS6330BK

CANON インクジェット複合機 PIXUSTS6330BKは充実した機能性を誇るプリンタで、スマートフォンから写真をプリントできる「おうちでスマホアプリ」が搭載されています。

写真や文字をくっきりと表現してくれる5色ハイブリットインクにより、にじみにくいプリントを可能にしている点も商品の特徴です。写真だけでなく文書の印刷にも使いたいと考えている人にはおすすめできるモデルといえます。

公式サイトを参照する

3位:キヤノン CANON インクジェット複合機 PIXUSTS5330BK

 

キヤノン CANON インクジェット複合機 PIXUSTS5330BKは、エントリーモデルとして初心者におすすめされている商品です。2019年度のグッドデザイン賞を受賞しており、コンパクトなサイズで丸みを帯びたおしゃれな見た目をしています。

スマートフォンからデータを送りプリントできる「おうちでスマホプリ」に対応しており、気軽に使える点は高く評価されています。また写真だけでなく文字もくっきりと写しだしてくれる4色ハイブリッドインクを採用しているため、文書を扱う人にもおすすめです。

公式サイトを参照する

2位:キヤノン CANON インクジェット複合機 PIXUSTS8330WH

キヤノン CANON インクジェット複合機 PIXUSTS8330WHは高画質なプリントができるハイスペックモデルです。スマートフォンから簡単に写真をプリントできる「おうちでスマホプリ」を搭載しているモデルで、PIXUSトークプリントを活用することでLINEを送る感覚でプリンタを使い写真や文書の印刷が可能です。

また、無料アプリである「Message in Print」を使えば写真にスマートフォンをかざすだけでメッセージの入った写真を簡単に作れます。誕生日のお祝いや年賀状など、さまざまなシーンで活用してみてください。

公式サイトを参照する

1位:キヤノン XK60 インクジェット複合機 XK60 PIXUS

1位に輝いたモデルはキヤノン XK60 インクジェット複合機 XK60 PIXUSです。上記でも紹介したCanonの最新機種のひとつで、繊細な描写を可能にしていることから美しい写真をプリントできます。

デザインもメタリックシルバーにより特別感を演出しているためおしゃれで、家庭用として人気を集めている商品です。またL判写真は1枚あたりおよそ13.8円でプリントできるため、今までの商品よりも大幅なコストダウンに成功している点も人気の理由です。

写真を多くプリントする人におすすめで、Canonの人気機能である「おうちでスマホプリ」にも対応しています。

公式サイトを参照する

EPSON

3位:エプソン EW-452A インクジェット複合機 colorio [EW452A]

エプソン EW-452A インクジェット複合機 colorio [EW452A]は無線LANに対応しており使い勝手が良いエントリーモデルとして人気を集めています。

スマートフォンやタブレットに対応している「Wi-Fi Direct」を搭載しているため、端末にある写真等のデータを簡単に送ることが可能です。

また高性能なうえコンパクトなサイズとなるため家庭用に最適で、写真だけでなく文書の印刷も顔料インクにより綺麗にできるため用途も幅広いです。

公式サイトを参照する

2位:エプソン EP-812A インクジェット複合機 colorio [EP812A]

エプソン EP-812A インクジェット複合機 colorio [EP812A]は染料インクを6色に増やしており、写真をプリントした際の再現性が向上しています。

コンパクトなデザインで家庭用として最適で、ラックやデスクの横などに置きやすいです。また、2.7型の液晶モニターを搭載しているので操作も簡単で、初心者でも扱いやすいモデルといえるでしょう。

公式サイトを参照する

1位:エプソン EPSON インクジェット複合機「Colorio(カラリオ)」EP−882AB

 

エプソン EPSON インクジェット複合機「Colorio(カラリオ)」EP−882ABは2019年に発売された商品のなかでハイスペックなモデルであり、4.3型の大きな液晶を搭載した操作性抜群のプリンタです。

プリンタだけで写真をトリミングできるため、好きなサイズにすぐ調整することが可能です。またインクのカートリッジ数は6色が独立しており、増量インクカートリッジに対応しているため印刷にかかるコストを削減できます。

公式サイトを参照する

brother

4位:ブラザー(brother) A4インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J973N

ブラザー(brother) A4インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J973Nは家族みんなで使える便利な機能を搭載した人気モデルです。

写真を美しく仕上げるための「画彩写真仕上げProモード」を搭載しており、メリハリのある綺麗な写真を印刷できます。またWi-Fiにより接続ができることから、スマートフォンなどに保存している写真を簡単にプリントできるのも嬉しいポイントです。

A4用紙を最大で20枚まで連続スキャンができるため、文書を印刷する際にも役立ちます。

公式サイトを参照する

3位:ブラザー(brother) インクジェットプリンター複合機 PRIVIO DCP-J968N

ブラザー(brother) インクジェットプリンター複合機 PRIVIO DCP-J968Nは「家族で使うプリンタ選びに迷ったらこれ」といわれるモデルで、高性能で低価格なためコストパフォーマンスに優れた商品といえます。

プリンターとしてだけでなくコピーやスキャンもできるのでビジネスにも活用できるのが特徴です。また無線LANでの接続に加えてUSBでもデータを読み込める点もおすすめされている理由となります。

公式サイトを参照する

2位:ブラザー(brother) A4インクジェット複合機 PRIVIO MFC-J893N

ブラザー(brother) A4インクジェット複合機 PRIVIO MFC-J893Nは、プリンタとスキャン、さらにFAXにも対応しているモデルです。

2.7型のTFT液晶を搭載しているため操作もしやすく、染料インクと顔料インクを使っているため写真と文書の両方を綺麗に印刷できます。

PC-FAXにも対応していることからビジネスにも活用しやすく、家庭用のプリンタとしてFAX機能を求めている人には最適な商品といえるでしょう。

公式サイトを参照する

1位:ブラザー(brother) A4インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J572N

ブラザー(brother) A4インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J572Nは、シンプルな使い方ができるスタンダードモデルとして人気を集めており、家庭用のプリンタとして最低限の機能があれば良いという人におすすめです。

USBや無線LANでスマートフォンやタブレットなどのデータを送りプリントすることが可能で、「画彩写真仕上げProモード」により綺麗な写真に仕上げてくれます。

公式サイトを参照する

家庭用A4プリンタ3強比較まとめ

  Canon TS8330 EPSON EP-882AW brother DCP-J982N
解像度 4800×1200dpi 5,760×1,440dpi 1200×6000dpi
インク 6色(染料5×顔料1) 6色(染料6) 4色(染料3×顔料1)
印刷サイズ 最大A4 最大A4 最大A4
自動両面印刷
スキャナー機能
ファックス機能 × × ×

気軽に写真を印刷したり年賀状を作ったりと、家庭用としてプリンタを購入する人は年々増加傾向にあります。3強といわれるCanonとEPSON、そしてbrotherのおすすめ商品を把握し、それぞれの機能を理解したうえで用途に合った商品を選ぶようにしましょう。

便利に活用するうえで無線LANへの対応は外せない機能であり、プリンタによっては無料のアプリと連携させることでバラエティに富んだ写真を印刷できるモデルも登場しています。

またインクを長持ちさせられるようにエコタンクを搭載したモデルを購入することで、ランニングコストを削減できます。プリンタの寿命を迎えるまで長く使い続けるには、コストを意識した選び方も大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

  • ノジマあんしん出張設定サポート

    パソコン・スマホのお困り事は出張設定で解決いたします!

  • ネットでお買い物するならノジマオンライン

    ネットでお買い物するならノジマオンライン

  • ノジマがおススメする高品質・高速な@nifty光

人気記事ランキング