【2021年版】オーブンレンジのおすすめ13選、安い機種や人気メーカーの特徴など紹介

公開日時 : 2021-07-14 18:00
更新日時 : 2021-09-02 16:38

手作りパンの写真

食べ物や飲み物を手軽に温めることができる電子レンジに、パンやお肉を美味しく焼き調理ができる機能がついたオーブンレンジ。

オーブンレンジはオーブン機能はもちろんのこと、グリル焼きやノンフライ調理、蒸し料理などさまざまな調理機能が備わっているモデルが多く、一台あるだけで料理の幅がぐんと広がるキッチン家電のひとつといえるでしょう。

しかし、製品ごとに機能が違っていたり種類が豊富にあるため「どのオーブンレンジを選べばいいのかわからない」「高い買い物だから後悔したくない」という人もTwitterなどの口コミで多く見受けられます。

そこで今回は、オーブンレンジのおすすめをご紹介していきます。
また、オーブンレンジの選び方や人気メーカーも解説するので、購入を検討している人は参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること

  • 「単機能電子レンジ」「オーブンレンジ」「スチームオーブンレンジ」の違い
  • オーブンレンジの選び方や人気メーカー
  • 「ヘルシオ」「ビストロ」「石窯ドーム」「ヘルシーシェフ」のブランド比較
  • テレビで話題のオーブンレンジ

動画でもご覧いただけます!

目次

オーブンレンジとは

「オーブンレンジ」とは、食材を「温める」機能に加えて「焼く」機能がついている電子レンジのことをいいます。
温める機能のみを搭載している単機能電子レンジと違い、活躍するシーンの多さがオーブンレンジの魅力です。

ただ、その分価格も高くなるので「温める機能だけあれば十分」という人は単機能電子レンジ、「調理するときにもレンジを使いたい」という人はオーブンレンジを選ぶといいでしょう。

単機能電子レンジを検討している方は、電子レンジのおすすめ記事もチェック!

焼く機能「オーブン」と「グリル」の特徴

オーブンレンジの焼く機能には主に「オーブン」と「グリル」の2種類があります。
それぞれの特徴を理解し、食材にあった使い分けが大切です。

両機能の特徴をふまえると、食材全体をまんべんなく焼くときは「オーブン」機能、食材の表面を短時間でこんがりと焼くときは「グリル」機能が最適といえるでしょう。

そう言われても、いまいち違いがピンとこないと感じる方も多いと思います。
そこで家電機能になる前の「オーブン」と「グリル」の調理方法の成りたちと、オーブンレンジでの「オーブン機能」「グリル機能」をご説明いたします。

マカロニグラタンの写真

オーブン

オーブンは、ギリシャ人がパンを焼くために発明したかまが発祥由来だと言われています。
火を使い壁と空間を熱し、赤外線の力で加熱する調理法です。ピザ窯を想像するとわかりやすいかもしれません。
かつて薪燃料だったオーブンは、現在ではガスや電気を使って加熱するものが一般的です。

オーブンレンジの「オーブン機能」は、レンジの中を加熱して温度を高めることで食材に火を通します
高めた温度を一定に保ち、全方向から同時に熱を送るため食材全体にじっくり火を通すことが可能です。
パン、ケーキなどの調理や、全体をムラなく焼きたい大きなお肉に活躍するのがオーブン機能といえるでしょう。

マフィンの写真

グリル

グリルは、本来は「焼き網」という意味の名詞で、調理方法の呼び名ではありませんでしたが、そこから調理方法として「グリルする」という動詞に変化したそうです。
現在は焼き網だけでなく、フライパンなどの鉄板での調理も含め焼き目をつけて火を通す調理法をグリルと呼びます。
バーベキューやステーキ、七輪で焼く魚などが該当します。

オーブンレンジの「グリル機能」は、食材に高温の熱を直接当てて火を通します
一方向または二方向から食材の表面を加熱するため、こんがりと焼くことができます。
ただ、厚みのある食材の調理に使うと、中まで火が通る前に表面が焦げてしまうことがあるため注意が必要です。
グリル機能の主な用途としては、薄いお肉や魚、グラタンなどがあげられます。

焼き目のついたステーキの写真

スチーム機能を追加した「スチームオーブンレンジ」

オーブンレンジのなかにはスチーム機能を追加した「スチームオーブンレンジ」があります。

「スチームオーブンレンジ」とは、レンジ内に水蒸気(スチーム)を発生させて食材を温めたり焼いたりできるオーブンレンジのことです。

水蒸気を利用することによって、温めたときに食材の水分が蒸発するのを抑え、乾燥を防ぎます。
高温の水蒸気を使って温めるため、通常のオーブンレンジより素早い調理が可能です。

また、オーブンレンジに備わっている「温める」「焼く」機能以外に「蒸す」機能が使えるのが魅力といえるでしょう。
スチームオーブンレンジなら茶碗蒸しやプリン、肉まんなどの蒸し料理でも活躍が期待できます。

なお、スチームオーブンレンジは本体価格が高く、多機能なモデルが多いので「基本的な機能が使えれば十分」という人には向きません。

手作りプリンの写真

スチームオーブンレンジは「スチーム式」と「過熱水蒸気式」の2種類があります。
それぞれの特徴をみていきましょう。

スチーム式

「スチーム式」は、レンジ内にスチーム(蒸気)を発生させて食材を温めたり蒸したりすることが可能です。
「温め」と「蒸し」に特化していて「焼く」機能はついていません。

比較的シンプルな機能であるスチーム式のオーブンレンジは、過熱水蒸気式より安いモデルが多いです。
予算をおさえてスチームオーブンレンジを購入するなら「スチーム式」を選ぶといいでしょう。

過熱水蒸気式

「過熱水蒸気式」は、熱を加えた高温スチーム(過熱水蒸気)を放出して調理する方式です。
食材の「温め」と「蒸し」だけでなくスチームで「焼く」機能も使うことができます

100℃以上の高温の熱風を食材に当てて焼くため、食材の栄養素を保ちつつ余分な油分や塩分を落とし、ヘルシーな調理が可能です。
ただ、過熱水蒸気式のオーブンレンジは本体価格が高いので、予算に余裕がある人や健康的でヘルシーな調理をしたい人以外には向いていないでしょう。

手作り肉まんの写真

単機能電子レンジ・オーブンレンジ・スチームオーブンレンジの比較

以下に、「単機能電子レンジ」「オーブンレンジ」「スチームオーブンレンジ」の機能比較を簡単にまとめました。

  単機能電子レンジ オーブンレンジ スチームオーブンレンジ
基本機能
  • あたため
  • 解凍
  • あたため
  • 解凍
  • オーブン
  • グリル
  • あたため
  • 解凍
  • オーブン
  • グリル
  • スチーム
  • 発酵
メリット
  • 値段が安い
  • あたため機能だけなのでシンプル構造
  • コンパクトなモデルも多い
  • 大手メーカー以外の選択肢も豊富
  • 比較的お手頃価格のモデルも多い
  • あたため機能だけでなくグリルやオーブンで調理の幅が広がる
  • トーストやピザが焼ける
  • 機種によっては発酵ができるモデルも
  • 単機能レンジ、オーブンレンジの基本機能を網羅
  • スチームを使えば、金属製の容器を使ってあたため可能
  • 保湿や発酵など、パンやお菓子作りに嬉しい機能がある
  • スチームを使って蒸し料理ができる
  • ヘルシーな調理に向いている
  • 過熱水蒸気式なら、スチームを使って焼くことも可能
デメリット
  • トーストやピザが焼けない
  • 調理に使うには限られた用途しかない
  • アルミホイルや金属製容器は使えない
  • 安値モデルはヘルツフリーではないことも
  • お弁当のあたためしか使わない場合は、グリルやオーブンは不要な機能
  • 低スペックのオーブンレンジだと調理に不満を感じる場合も
  • 本格的にパンやお菓子を作るには少しものたりない可能性
  • 基本的にハイスペックなので値段が高い
  • 一人暮らしサイズが少ない(大容量モデルが多い)
  • 料理しない場合は使わない機能が多い
  • 機能が多く、使いこなせない可能性も

単機能電子レンジ
基本機能
  • あたため
  • 解凍
メリット
  • 値段が安い
  • あたため機能だけなのでシンプル構造
  • コンパクトなモデルも多い
  • 大手メーカー以外の選択肢も豊富
デメリット
  • トーストやピザが焼けない
  • 調理に使うには限られた用途しかない
  • アルミホイルや金属製容器は使えない
  • 安値モデルはヘルツフリーではないことも
オーブンレンジ
基本機能
  • あたため
  • 解凍
  • オーブン
  • グリル
メリット
  • 比較的お手頃価格のモデルも多い
  • あたため機能だけでなくグリルやオーブンで調理の幅が広がる
  • トーストやピザが焼ける
  • 機種によっては発酵ができるモデルも
デメリット
  • お弁当のあたためしか使わない場合は、グリルやオーブンは不要な機能
  • 低スペックのオーブンレンジだと調理に不満を感じる場合も
  • 本格的にパンやお菓子を作るには少しものたりない可能性
スチームオーブンレンジ
基本機能
  • あたため
  • 解凍
  • オーブン
  • グリル
  • スチーム
  • 発酵
メリット
  • 単機能レンジ、オーブンレンジの基本機能を網羅
  • スチームを使えば、金属製の容器を使ってあたため可能
  • 保湿や発酵など、パンやお菓子作りに嬉しい機能がある
  • スチームを使って蒸し料理ができる
  • ヘルシーな調理に向いている
  • 過熱水蒸気式なら、スチームを使って焼くことも可能
デメリット
  • 基本的にハイスペックなので値段が高い
  • 一人暮らしサイズが少ない(大容量モデルが多い)
  • 料理しない場合は使わない機能が多い
  • 機能が多く、使いこなせない可能性も

オフィスの休憩室など、お弁当や飲み物のあたためにしか電子レンジを使わない場合は、単機能電子レンジで十分でしょう。自身で冷凍したお肉など、ワット数が高すぎるとうまく解凍できない場合もあるので、選べるワット数を確認しておくと安心です。

単機能電子レンジでも、あたため機能を使ったレシピ調理やピザのあたためは可能ですが、トーストのようにカリッと焼くことができない点は注意が必要です。

トーストやピザを焼きたい人、オーブンでグラタンを焼いたりするなど焦げ目をつける料理や、クッキーやマフィンなど簡単なお菓子を作りたい場合はオーブンレンジを選ぶといいでしょう。
特にはじめての一人暮らしで、自炊にチャレンジしたい人にはオーブンレンジがおすすめです。

オーブンレンジをある程度使っていて、もっと便利に使いたいと感じている人、蒸し料理などヘルシーな調理に興味がある人、パンを本格的に作りたいなど、調理に力をいれたい人はスチームオーブンレンジがおすすめです。

しかしスチームオーブンレンジは高機能かつ大容量モデルがほとんどで、高価な買い物になります。機能を持て余す可能性もありますので、頻繁に料理するからと無理してスチーム付きのオーブンレンジを買う必要はありません。

食器

オーブンレンジの選び方

オーブンレンジを選ぶ際は、下記のポイントに注目して選択すると、自分にあったものをみつけやすいでしょう。

電子レンジ(オーブンレンジ)購入後に後悔してしまうケースとしては、「高機能のモデルを買ったけれど使いこなせない」「安さを重視して買ったら温め機能にムラができ不満」「単機能電子レンジを買ってしまいオーブン機能がなく不便」といった意見が多いようです。

オーブンレンジは日常的に使うものですし、後悔したくないですよね。
値段はもちろんのこと、「容量が家族の人数にあっているか」「置き場所は困らないか」といったサイズの問題や、「あたため機能を重視するか」「時短調理をしたいのか」「食べたい料理に本当に使えるか」など、自分が重視したい機能をランク付けしておくと絞りやすいでしょう。

「容量・使用人数」で選ぶ

オーブンレンジを選ぶときに大切なのが「容量」です。
容量は一度にどれくらいの食材を温められるかに影響します。
基本的には、使用する人数にあわせて容量を選んでおくと失敗しないでしょう。

オーブンレンジの容量の目安は下記を参考にしてみてください。

容量 使用人数
20L以下 一人暮らし
21L〜25L 二人暮らし
26L〜30L 3人〜4人
31L以上 5人以上

「20L以下」のオーブンレンジは比較的コンパクトでリーズナブルなモデルが多いため、一人暮らしの人に向いているといえるでしょう。

「21L〜25L」は中型サイズのスタンダードモデルで二人暮らしにぴったりです。
一人暮らしでも料理をよくする人はワンサイズ大きいこちらのモデルを選んでみるのもいいでしょう。

「26L〜30L」「31L以上」は大型サイズのハイスペックモデルです。
スチームオーブンレンジなど高性能なモデルが多く、3人以上の家庭で活躍が期待できます。

上記で紹介した数値はあくまで目安です。
オーブンレンジを使う頻度や料理の量などを考慮して、自分にとって最適なサイズのモデルを選ぶようにしましょう。

芝生の上に後ろ姿で並ぶ家族の写真

「テーブル」で選ぶ

オーブンレンジの中にある食材を置くテーブルは「ターンテーブル」と「フラットテーブル」の2種類あり、種類によって価格や仕上がりに影響します。

「ターンテーブル」の特徴

温めている最中に食材を乗せたテーブルが回転するオーブンレンジが「ターンテーブル」タイプです。
テーブルを回転させることで1カ所のアンテナから放出されるマイクロ波を食材全体に当て、まんべんなく温めることができます。
ただし、ターンテーブルより大きいサイズのものを温める場合、レンジ内で引っかかって回転が止まり、加熱ムラが起きやすくなるので注意しましょう。

また、メンテナンス性が悪く、レンジ内の掃除をするときはテーブルを取り外す必要があって面倒です。

ターンテーブルは構造のシンプルさから製造コストが低く、リーズナブルなモデルがほとんど。
コスパ重視で安いオーブンレンジを探している人は、ターンテーブルタイプを選ぶといいでしょう。

ターンテーブルの電子レンジの写真

「フラットテーブル」の特徴

オーブンレンジの底面に直接食材を置いて温めるのが「フラットテーブル」タイプです。
アンテナから放出されるマイクロ波を拡散して食材全体を温めるため、ターンテーブルタイプのような回転が不要です。

フラットテーブルはレンジ内を広々と使えるので、お弁当など大きいサイズのものでも全体をまんべんなく温めることができます。
テーブルがついていないことによりメンテナンス性にも優れていて、汚れたレンジの中を手軽に掃除可能です。

ターンテーブルタイプのオーブンレンジに比べて価格が高めですが、使いやすさや性能面を重視する人はフラットテーブルタイプを選びましょう。

フラットテーブルの電子レンジの写真

「センサー」で選ぶ

オーブンレンジの中にはセンサーを搭載しているモデルがあります。
センサーは下記の4種類で、検知した情報から最適な加熱を行い、仕上がりを良くしてくれます。

加熱ムラなどによる温め直しが気になる人は、センサーの有無や種類もチェックするといいでしょう。
高性能なモデルになれば搭載しているセンサーの種類が多くなります。

「温度センサー」の特徴

「温度センサー」は、レンジ内の温度を検知するセンサーです。
このセンサーによってレンジ内を設定した温度で保ち、最適な時間で食材を加熱することができます。

しかし、食材の温度とレンジ内の温度は一致しないことがほとんどです。
食材にラップをかけていたり、厚い容器に入れていたりするとレンジ内の温度だけがどんどん上ってしまい食材を加熱しすぎてしまう恐れがあります。

ラップした器を電子レンジで温めた写真

「湿度・蒸気センサー」の特徴

「湿度・蒸気センサー」は、加熱された食材から出る蒸発した水分量(蒸気)を検知して湿度を測るセンサーです。
ただ、食材にラップがかかっていると蒸気がなかなかででこないため、センサーが蒸気を検知できずに加熱しすぎてしまうことがあります。

ですから「湿度・蒸気センサー」を搭載したオーブンレンジを使うときは、食材にラップをかけないようにしましょう。
また、食材を入れる器によって蒸気の出る量がかわるので注意が必要です。

白米がよそってあるごはん茶碗の写真

「重量センサー」の特徴

「重量センサー」は、食材の重さを検知するセンサーです。
食材を温めると水分が蒸発して重さが減ります。
水分が蒸発する前と後の重量差を測ることで、食材の加熱温度を調整するというものです。

しかし、重量センサーは「食材」と「食材を入れる容器」の重さを分けて測ることができません。
そのため、重い容器に食材を入れてしまうと水分蒸発による重量差の検知精度が落ちます。

重量センサーを搭載したオーブンレンジを使うときは、なるべく軽い容器に食材を入れるようにしましょう。

重さのイメージ写真

「赤外線センサー」の特徴

「赤外線センサー」は、加熱された食材が発する赤外線を検知して食材の温度を測り、加熱の加減を調整するセンサーです。
ほかのセンサーと比べて精度が高く、検知する情報の誤差がほとんどありません。

赤外線センサーはハイスペックなオーブンレンジに搭載されるセンサーです。
「優秀なセンサーつきのオーブンレンジが欲しい!」という人は、最も精度が優れている赤外線センサー搭載モデルを選ぶことをおすすめします。

マグカップのサーモグラフィ画像

「便利機能」で選ぶ

オーブンレンジには調理やお手入れの際に役立つさまざまな便利機能があります。
用途にあわせて自分にあった便利機能を搭載したオーブンレンジを選ぶようにしましょう。

ここでは「2段調理(2段オーブン)」機能、「ノンフライ」機能、「トースト」機能をご紹介します。

2段調理(2段オーブン)機能

パンやお菓子を焼くときに便利なのが「2段調理(2段オーブン)」機能です。
2段調理機能があれば上下2段で一度にたくさん焼けるため、お菓子作りの際に重宝するでしょう。

また、上下で異なる調理も可能です。
本来なら2度に分けて調理するところを1度にまとめて調理できたりするので、時短や電気代の節約も期待できます。

2段オーブンでクッキーを焼いている写真

ノンフライ機能

油を使わずに揚げ物をヘルシーに調理するなら「ノンフライ」機能を搭載しているオーブンレンジがおすすめです。
熱風や過熱水蒸気を利用して調理するため、油分の少ないヘルシーな揚げ物を作ることができます。

健康管理に気を使っている人やダイエット最中の人にぴったりな機能といえるでしょう。

揚げない鳥のから揚げの写真

トースト機能

朝食でパンをよく食べる人は「トースト」機能を搭載したオーブンレンジを選ぶといいでしょう。
トースト機能があれば別でトースターを買わなくても、オーブンレンジだけでおいしくパンを焼くことができます。

トーストした食パンの写真

オーブンレンジの人気メーカー

オーブンレンジを提供している人気メーカー4社の特徴をご紹介します。
またスチームオーブンレンジの人気ブランドの比較もわかりやすく解説していますので、スチームオーブンレンジを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

シャープ

シャープ株式会社のロゴ

シャープ(SHARP)は、高性能なオーブンレンジ「ヘルシオ」シリーズが人気のメーカーです。
通常のオーブンレンジと違い、ヘルシオは基本的に調理の始まりから終わりまで過熱水蒸気のみを使っています。
そのような特徴からヘルシオシリーズのオーブンレンジは「ウォーターオーブン」と呼ばれているのです。

ヘルシーで健康的な調理をしたい人にぴったりなメーカーといえるでしょう。

パナソニック

パナソニック株式会社のロゴ

パナソニック(Panasonic)は、手軽に選べるオーブンレンジ「エレック」シリーズやハイスペックなスチームオーブンレンジ「ビストロ」シリーズが人気のメーカーです。

エレックシリーズは、コンパクトでシンプルなデザインデザインが魅力。
必要最低限の機能があればいい人におすすめです。

一方ビストロは、高い精度を誇る「高精細・64眼スピードセンサー」や「凍ったままグリル」などの時短調理機能が魅力的なシリーズです。

東芝

株式会社東芝(TOSHIBA)のロゴ

東芝(TOSHIBA)は、ハイクラスモデル「石窯ドーム」シリーズが人気のメーカーです。

石窯ドーム最大の特徴は火力の高さです。

業界最高といわれる「350℃贅沢火力」によって食材のうまみや水分を維持しながらおいしく調理します。
肉や魚であれば外はこんがり、中はジューシーに仕上がるでしょう。
また、高火力で生地の水分を逃さないため、通常よりふんわりとしたパンを焼くこともできます。

日立

株式会社日立製作所のロゴ

株式会社日立製作所(HITACHI)は、過熱水蒸気式のスチームオーブンレンジ「ヘルシーシェフ」シリーズが人気のメーカーです。

ヘルシーシェフの特徴のひとつが日立独自の「Wスキャン」のセンサー技術で、トリプル重量センサーで重さを、センター赤外線センサーで表面温度を測り、ローストビーフのように火加減が難しい調理でも美味しく作ることができます。

ヘルシオ・ビストロ・石窯ドーム・ヘルシーシェフのブランド比較

スチームオーブンレンジの「ヘルシオ」「ビストロ」「石窯ドーム」「ヘルシーシェフ」の名前はよく聞くけど、違いがよくわからない!とお悩みの人も多いのではないでしょうか。そこでスチームオーブンレンジのブランドの違いを比較して、簡単にまとめました。

※スマホでは横スクロールで表全体を確認できます

  ヘルシオ(HEALSIO) ビストロ(Bistro) 石窯ドーム ヘルシーシェフ
メーカー シャープ パナソニック 東芝 日立
種類 過熱水蒸気(ウォーターオーブン) スチーム 過熱水蒸気/スチーム 過熱水蒸気
展開容量 18L/22L/26L/30L 26L/30L 23L/26L/30L 22L/30L/31L
センサー※ 64眼赤外線ムーブ/らくチン!(絶対湿度センサー) 高精細64眼スピードセンサー/とろみ検知センシング ねらって赤外線センサー Wスキャン(トリプル重量センサー+センター赤外線センサー)
レンジ出力 1000W/600W/500W/200W相当 800W/600W/500W/300W/150W相当/300Wスチーム 600・500W/200相当/100相当 800W/600W/500W/200W相当/100W相当
オーブン温度※ 最大300℃ 最大300℃ 最大350℃ 最大300℃
グリル※  ウォーターグリル 大火力極め焼きヒーター(最大1,330W)/両面グリル 大火力石窯ドームグリル(最大1,430W出力) 最大1,300W出力
発酵 30・35・40・45℃ 30~60℃ 30・35・40・45℃ 30・35・40・45℃
注目ポイント 水だけで焼く調理/まかせて調理 両面グリル/芯までほぐせる解凍/2品同時あたためエコナビ 業界最高の最大350℃贅沢火力/ドーム型庫内 多機能でお手頃価格

※センサー、オーブン温度、グリルはハイスペックモデルの情報を元に記載しています
※モデルによっては、紹介機能が備わっていない場合があります

どのブランドもフラット庫内で縦開きですが、20L以下の容量展開はヘルシオの18Lモデルのみです。

加熱水蒸気式をお探しの場合は、ヘルシオ、ヘルシーシェフ、またはハイスペックの石窯ドームを。スチーム式ならビストロ、または石窯ドームの2択です。

ウォーターオーブンとも呼ばれるヘルシオは「通常の加熱水蒸気式とは異なり、大量の水蒸気を高気密で調理することにより、低酸素調理が可能」と水だけで焼く機能をプッシュしています。
シャープがヘルシオのブランドとは別に加熱水蒸気式のオーブンレンジも展開している点でも、ヘルシオへのこだわりが見えます。

ビスロトは「両面グリル」に力をいれており、ナナメの線が入ったグリルパンが付属。トーストも裏返すことなく両面こんがり焼け、下ごしらえして冷凍したお肉を解凍せずにグリルできるのも魅力です。

高機能なセンサーであたためや解凍にも強いのもポイント。冷蔵と冷凍の食品を2品同時にあたため可能なほか、ムラを抑えて自動解凍してくれるので、一度の解凍で芯までほぐせてストレスフリーです。

石窯ドームは、石窯の特徴を追求したまるでピザ窯のようなドーム型庫内のモデルが特徴的。また業界唯一の350℃高温オーブン調理が可能です。

最大出力が高いのでオーブン温度も安定しています。今までオーブンの焼きムラが気になっていた人や、コンベクションオーブンでパンやピザを本格的に焼きたい人は、石窯ドームを検討してみてください。

ヘルシーシェフは、多機能にも関わらずお値段が魅力的。他のメーカーなら税込10万以上する機能が、もっとお手頃価格で入手できます。初めてのスチームオーブンレンジにもぴったりです。

クックパッドのレシピを導入していたり、食品メーカーとのコラボしたオートメニューがあるほか、好みを登録するとアプリで毎日のレシピをおすすめしてくれる機能も。

【2021年】オーブンレンジのおすすめモデル13選

それでは、おすすめのオーブンレンジを項目ごとにご紹介していきます。

一人暮らしにおすすめなコスパの高い小型モデル|20L以下

KOIZUMI(コイズミ)
オーブンレンジ [Gourmena](16L)レッド KOR1602R

KOIZUMI(コイズミ)オーブンレンジ レッド KOR1602R JAN:4981747066305

小容量でもフラットテーブルだから広々使える!

こちらは非常にコンパクトなオーブンレンジですが、フラットテーブルを採用しているため隅々まで広々と使うことができます。

レンジ内の底面がフラットなので汚れても拭きやすく、メンテナンス性が高いです。
においが気になる時にはメニューで「換気」を選べば手間をかけずケアできます。

使いやすさや機能面だけでなくメンテナンス性も重視したい人におすすめなモデルといえるでしょう。

種類 オーブンレンジ
容量 16L
テーブル フラットテーブル
センサー 湿度センサー・温度センサー
本体サイズ 幅450mm×奥行366mm×高さ300mm
扉の開閉方向 縦開き

TWINBIRD(ツインバード)
オーブンレンジ(18L)50・60Hz|ホワイト系 DR-E852-W

TWINBIRD ツインバード オーブンレンジ【18L/50・60Hz/センサー付きフラットオーブンレンジ/ホワイト系】  DR-E852-W JAN:4975058585211

シンプルだけど無駄がない!

フラットな庫内が使い勝手ばつぐん。さっと拭けるのでお手入れも簡単です。

赤外線センサーを使った「自動あたため」機能がついているので、ワット数や時間を設定せずに温められます。
他にも使用頻度の高いごはん・飲み物・おかず・解凍・フライ・ピザなら、専用のメニューボタンが搭載されているのでお手軽です。

グリルやオーブン機能は欲しいけど、使いこなせないほど機能があっても…という人にぴったりのオーブンレンジです。

種類 オーブンレンジ
容量 18L
テーブル フラットテーブル
センサー 赤外線センサー
本体サイズ 幅470mm×奥行360mm×高さ295mm
扉の開閉方向 縦開き

SHARP(シャープ)
ウォーターオーブン [ヘルシオ](18L)50・60Hz|ホワイト系 AX-CA450-W

SHARP(シャープ)スチームオーブンレンジ[ヘルシオ] 【18L/50・60Hz/ホワイト系】  AX-CA450-W JAN:4974019968018

おしゃれでコンパクトな「ヘルシオ」!

こちらはシャープの人気ウォーターオーブンレンジ「ヘルシオ」の一番小さなタイプ、18Lモデルです。

「水で焼く」ことで余分な脂や塩分を落として健康的なお料理ができることがヘルシオの人気の秘訣。一人暮らしだからと言って手抜きはしたくない、ヘルシオの健康効果を確かめたいこだわる人におすすめです。

過熱水蒸気のスチーム機能がついているので、パンやお惣菜のフライをできたてのように温めることが可能です。自動メニュー数が115種類もあるので、どれから試そうか目移りしてしまいますよ。

分量と温度を見分けてほどよく解凍してくれる「スチーム解凍」も活躍してくれること間違いありません。お料理がもっと好きになる魅力的なモデルです。

種類 過熱水蒸気オーブンレンジ
容量 18L
テーブル フラットテーブル
センサー 蒸気センサー
本体サイズ 幅490mm×奥行400mm(ハンドル込み450mm)×高さ345mm
扉の開閉方向 縦開き

二人暮らしや料理をよくする人におすすめな中型モデル|21L〜25L

HITACHI(日立製作所)
過熱水蒸気オーブンレンジ [ヘルシーシェフ] (22L) レッド MRO-S7X-R

HITACHI 日立製作所   過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ【22L/赤外線センサー搭載/レッド】   MRO-S7X-R JAN:4549873089652

コンパクトなのに多機能!

右・背面は壁ぴったりに設置できるので、スペースの限られたキッチンでも場所を取りません。

ターンテーブルがないフラット庫内はお掃除がらくちん。この機種のさらにすごいところは、天面のヒーターが内蔵型なので天面までフラットなのです。シリコン系塗装の庫内は汚れを落としやすく、その場でささっと拭いてきれいをキープできます。

100℃以上の加熱水蒸気や、レンジ・オーブン・グリル加熱を組み合わせた調理は操作パネル下部にあるメニュー番号表を確認しながらボタンを押すだけ。ヘルシーシェフの名前の通り、「ヘルシーメニュー」を活用すれば、ノンフライで各種揚げもの、油を使わない炒めものなどのヘルシーなおかずが簡単に作れます。

しかも1人分、2人分の分量が自動で調理できる「少人数」ボタンは中型レンジにありがたい機能。設定しやすく、活躍間違いなし!

種類 加熱水蒸気オーブンレンジ
容量 22L
テーブル フラットテーブル
センサー 赤外線センサー・温度センサー
本体サイズ 幅483mm×奥行388mm(ハンドル込み433mm)×高さ340mm
扉の開閉方向 縦開き

Panasonic(パナソニック)
オーブンレンジ フラットタイプ(23L)ホワイト NE-FS300-W

Panasonic(パナソニック) オーブンレンジ  23L ホワイト NEFS300 JAN:4549980634035

余計なものはなし!よく使う機能に特化したスタイリッシュなデザイン

たくさん機能があってもどうせ使わない、見た目がごちゃごちゃ妙にカラフルなのもイヤ…という人にはこちらのモデルがぴったり。
よく使う機能だけを厳選した結果、デザイン家電のようなスタイリッシュな外観を実現しています。

直感的に使えるフラットなボタンはシンプルなデザインで、ホワイトバックライト液晶のため、暗くても見やすく操作しやすいのが助かりますね。
チャイルドロック機能がついているので、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でも安心です。

一番使う「あたため」も、蒸気センサーが搭載されているので、食べ物から出る蒸気の熱を検知し、自動で時間を調整してくれます。
難しい発酵もオーブン機能を使えば簡単にできるので、憧れの手づくりピザも作れます。

種類 オーブンレンジ
容量 23L
テーブル フラットテーブル
センサー 蒸気センサー
本体サイズ 幅483mm×奥行396mm(ハンドル込み440mm)×高さ310mm
扉の開閉方向 縦開き

SHARP(シャープ)
過熱水蒸気オーブンレンジ[PLAINLY](23L)50・60Hz RE-WF231-W

SHARP(シャープ)過熱水蒸気オーブンレンジ【23L/50・60Hz/ホワイト系】 RE-WF231-W JAN:4974019155500

シンプルで使いやすい過熱水蒸気オーブン!

こちらはシンプルで使いやすさにこだわった、シャープの「PLAINLY」シリーズのオーブンです。

過熱水蒸気のスチーム機能やヒーター過熱機能で、自動調理が可能です。自動メニューから選べば油を使わなくても表面はカリッサクッ、中はジューシーなノンフライの揚げ物や焼き物を作ることができます。

冷凍食品を並べるだけでワット数や加熱時間を自動で設定してくれる「らくチン!センサー」は思った以上に便利で、時短に活躍してくれること間違いありません。もう1品欲しいという時に威力を発揮します。

種類 過熱水蒸気オーブンレンジ
容量 23L(1段)
テーブル フラットテーブル
センサー らくチン!(絶対湿度)センサー・温度センサー
本体サイズ 幅468mm×奥行384mm(ハンドル込み440mm)×高さ338mm
扉の開閉方向 縦開き

3人以上の家庭におすすめな大型モデル|26L〜30L以上

Panasonic(パナソニック)
オーブンレンジ [エレック] (26L)NE-MS267-K

Panasonic(パナソニック)オーブンレンジ 「エレック」(26L) NE-MS267 JAN:4549980634004

自動メニューが豊富な「エレック」モデル!

こちらはPanasonicのお手頃シリーズ「エレック」のオーブンレンジです。

自動メニューは59種類あり、日持ちに配慮した簡単に作れるレシピが揃っているので、休みの日などの時間があるときに充実したメニューの中から手軽につくりおきすることが可能です。料理の負担を減らしたい人にとって重宝する機能になるでしょう。

また、時間のかかる煮物を10分で作れる「煮物10分」や、新搭載の「パスタ10分」も非常に便利な機能です。

チャイルドロック機能やタイマー機能なども魅力の、時短調理に優れたコスパの高いモデルといえるでしょう。

種類 オーブンレンジ
容量 26L(1段)
テーブル フラットテーブル
センサー スイングサーチ赤外線センサー
本体サイズ 幅500mm×奥行400mm(ハンドル込み449mm)×高さ347mm
扉の開閉方向 縦開き

TOSHIBA(東芝)
スチームオーブンレンジ [石窯ドーム] (26L)ブラック ER-VD70-K

TOSHIBA 東芝 スチームオーブンレンジ 石窯ドーム【26L/50・60Hz/ブラック】  ER-VD70-K JAN:4904530412257

パンにこだわりのある人におすすめ!

ナポリピザのお店で見かける石窯、食材のうまみや水分をギュッと閉じ込める加熱スピードがおいしさの秘密だとご存じでしたか?この「石窯ドーム」は350℃の高い火力で食材に一気に火を通し、ご家庭でも同じおいしさを再現します。

赤外線センサーがお好みの温度に上手にあたためてくれるので、お菓子作りの基本、バターをやわらかくする、チョコを沸騰させずに溶かす、も失敗なし。もう湯煎にかける手間はいりません。発酵温度も30・35・40・45℃と選べるので温度管理も安定、パン作りのハードルがぐっと下がりますね。

日常使いで活躍してくれる自動調理メニューも充実していますが、特に家飲みに嬉しいのが食材と調味料をボウルに入れてスタートするだけで作れる「おつまみ1分」メニュー。
おうち時間を充実させたい人におすすめのモデルです。

種類 スチームオーブンレンジ
容量 26L(1段)
テーブル フラットテーブル
センサー 赤外線センサー・温度センサー
本体サイズ 幅480mm×奥行390mm(ハンドル込み432mm)×高さ350mm
扉の開閉方向 縦開き

SHARP(シャープ)
過熱水蒸気オーブンレンジ[PLAINLY](26L)ホワイト系 RE-WF261-W

SHARP シャープ 過熱水蒸気オーブンレンジ PLAINLY【26L/50・60Hz/2段調理対応/ホワイト系】  RE-WF261-W JAN:4974019161518

熱風が効率良く循環する過熱水蒸気オーブン!

こちらは21~25Lのカテゴリーでもご紹介した、シャープ「PLAINLY」シリーズの26Lサイズです。スタイリッシュなデザインでコンパクト設計な、バランスのとれた過熱水蒸気オーブンレンジです。(ヘルシオの30Lを検討している人はこちら

ユーザー目線で機能に工夫がこらされているので、センサーが食材と分量を見分けて自動で調理してくれたり、ダイヤルであたため時間を微調整できたり、左右後ろ壁ぴったりに設置できたり、音が静かだったり…その名の通り「シンプル」で使い勝手の良いモデルと言えます。

ちなみに26Lサイズで2段調理ができるモデルは少ないので、1度にたっぷりお料理したい人、パンやお菓子作りを考えている人におすすめです。

種類 過熱水蒸気オーブンレンジ
容量 26L(2段)
テーブル フラットテーブル
センサー らくチン!(絶対湿度)センサー・温度センサー
本体サイズ 幅487mm×奥行450mm×高さ367mm
扉の開閉方向 縦開き

Panasonic(パナソニック)
スチームオーブンレンジ[ビストロ] (26L)ホワイト NE-BS607-W

Panasonic パナソニック スチームオーブンレンジ Bistro(ビストロ)【26L/ホワイト】  NEーBS607-W JAN:4549980633991

人気の「ビストロ」モデル!

パナソニックで人気の「Bistro(ビストロ)」シリーズのスチーム式オーブンレンジです。

「こんがり10分」「蒸し物15分」「煮物10分」など豊富な自動メニューが充実。スチーム機能ならではの蒸し料理を含めた定番のおかずが時短で作れるので、忙しい毎日に活躍するでしょう。

ひき肉など冷凍食材の解凍も「芯までほぐせる解凍」でムラなく中央からじんわり温めるので、温めなおすことなく下ごしらえできる状態に解凍が可能。

グリル機能では付属のビストログリル皿と遠赤ヒーターで、裏返す手間なく両面をこんがり焼けます。余分な油分や塩分をカットしたい人にもおすすめです。

種類 スチームオーブンレンジ
容量 26L(1段)
テーブル フラットテーブル
センサー スイングサーチ赤外線センサー
本体サイズ 幅500mm×奥行400mm(ハンドル込み449mm)×高さ347mm
扉の開閉方向 縦開き

HITACHI(日立製作所)
過熱水蒸気オーブンレンジ [ヘルシーシェフ](30L)ホワイト系 MRO-W1Z-W

HITACHI(日立製作所)過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」【30L/2段調理対応/ホワイト系】  MRO-W1Z-W JAN:4549873133959

2021年7月発売のヘルシーシェフ!

重さと温度の2つを計るW(ダブル)スキャンで、過熱時間やパワーを自動でコントロール。絶妙な火加減で野菜から水を出さない「野菜シャキシャキ」メニューを搭載。スマホと連携して「クックパッド」殿堂入りレシピを手軽にオートで作ることもできます。

ヘルシーシェフシリーズで好評なお手入れのしやすさはもちろん受け継いでいます。ガバッと取りはずせるセラミック製の白いトレイは吹きこぼれや油汚れも丸洗いOK、天面までフラットな庫内はその都度ささっと全体を拭けるので“きれい”が維持できます。

常備菜を作り置きしたい時には30Lの大容量が「一度にたくさん」の味方です。家族みんなの毎晩の夕飯もお弁当のおかずも、週末にまとめて作り置きできますね! 

種類 過熱水蒸気オーブンレンジ
容量 30L(2段)
テーブル フラットテーブル
センサー 重量センサー・センター赤外線センサー・温度センサー
本体サイズ 幅497mm×奥行442mm(ハンドル込み500mm)×高さ375mm
扉の開閉方向 縦開き

テレビ番組「アメトーーク!」の家電芸人でも紹介された人気シリーズ

BALMUDA(バルミューダ)
バルミューダ ザ・レンジ(18L)ブラック K04A-BK

balmuda(バルミューダ) バルミューダ ザ・レンジ K04A-SU JAN:4560330118814

インテリアに馴染むスタイリッシュデザイン!

こちらは容量18Lと非常にコンパクトなサイズで、使い勝手に優れたバルミューダのオーブンレンジです。
無駄のないスタイリッシュなデザインをしているため、おしゃれなインテリアにも馴染みます。
また、操作方法が非常にシンプルなので誰でも簡単に使えるでしょう。

機能面ではレンジとオーブン機能をさまざまな調理モードで使い分けられるのが魅力です。
パンを焼くことが多い人にとって40℃の低温で調理する発酵モードは重宝するでしょう。

見た目と性能両方にこだわりたい人におすすめなモデルです。

種類 オーブンレンジ
容量 18L
テーブル フラットテーブル
センサー
本体サイズ 幅450mm×奥行412mm(ハンドル含む)×高さ330mm
扉の開閉方向 縦開き

SHARP(シャープ)
ウォーターオーブン [ヘルシオ](30L)2段調理|レッド系 AX-XA20R

SHARP シャープ ウォーターオーブン [ヘルシオ](30L)2段調理|レッド系 AX-XA20R JAN:4974019184463

人気のヘルシオ、充実の30Lタイプ!

ヘルシオの一番大きな30Lサイズなので、大家族や食べ盛りのお子さんがいても安心です。

自慢の「水で焼く」機能、水蒸気をさらに加熱し100℃以上の高温状態にした「過熱水蒸気」で一気に調理するので、食材の鮮度は活かしつつ、栄養素も破壊しない仕上がりになります。買ってきたお惣菜、特にてんぷらや唐揚げ、パンを温める時にその真価が発揮されます。作り立て・焼き立てと錯覚する感動レベルの美味しさになると評判です。

熱風を庫内に効率よく循環させるコンベクションオーブン機能で、焼きムラなく短時間で焼き上げます。

ヘルシオシリーズは「2019年度グッドデザイン賞」を受賞しており、クールなキッチンにもぴったりのおしゃれ家電です。お料理好きには最強のおすすめモデルといえます。

種類 過熱水蒸気オーブンレンジ
容量 30L(2段)
テーブル フラットテーブル
センサー 64眼赤外線ムーブ・らくチン!(絶対湿度)・温度センサー
本体サイズ 幅490mm×奥行430mm×高さ420mm
扉の開閉方向 縦開き

まとめ

今回は、オーブンレンジのおすすめ商品と選び方をご紹介しました。

オーブンレンジの中には、温めと焼く機能に蒸し機能を追加した「スチームオーブンレンジ」があります。
価格は高めですが、パンやヘルシーな蒸し料理を作りたい人はスチームオーブンレンジを検討してみるといいでしょう。

また、スチーム機能以外にも、オーブンレンジを選ぶときにチェックしておきたいポイントが以下です。

  • 容量・使用人数
  • テーブルの種類
  • センサー
  • 便利機能

購入の際は置く場所も気をつけてくださいね。以前使用していたサイズよりも一回り以上大きくなることがあります。
「以前は置けていたのに、新しく買ったオーブンレンジが置けない!」なんて後悔しないように、購入前には置く場所のサイズも調べておくと困らないです。

この記事が、皆さんの豊かな食生活のお助けになりましたら幸いです。

※この記事でおすすめしている商品はノジマオンラインでご購入いただけます。
※ノジマ店頭では店舗により在庫状況が異なるため、お取り寄せ対応になる場合がございます。

この記事は2021年7月14日時点の情報を元に作成しています。

関連記事

電子レンジのおすすめ10選、安い機種や一人暮らし向け、メーカーの特徴など解説

電子レンジの掃除方法を汚れ別に紹介!重曹の使い方やにおいを取る方法は?

オーブンレンジでトーストは焼ける?焼き方やトースターとの違い、両面焼けるかなど紹介

ホームベーカリーのおすすめ6選!食パンやお餅が作れるなど人気機種を紹介

【人気】1枚焼きなのに売れている!高級トースター三菱ブレッドオーブンとは?

炊飯器のおすすめ10選|3合、5合別や一人暮らし用、人気メーカーも紹介

電気圧力鍋で簡単調理!ボタンひとつで安全かつ時短できる!

無水調理機ヘルシオ ホットクックの本音レビューを聞いてみた!実際買いなの?本当においしいの?

【ジェイム】らくらく設置できる食器洗浄機があるのをご存じですか?

【糖質33%カット!】家電のプロもおすすめ!糖質カット炊飯器とは?

IHクッキングヒーターの選び方、比較や特徴をまとめ

簡単インスタ映え料理が作れる!オーブンレンジおすすめ6選

ホットプレートのおすすめ10選!おしゃれなタイプや人気製品を紹介

コーヒーメーカーのおすすめ8選、全自動タイプやデロンギなど人気製品を紹介

冷蔵庫のおすすめ10選、400L、500Lなど容量別や人気メーカーの特徴も紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

  • ノジマあんしん出張設定サポート

    パソコン・スマホのお困り事は出張設定で解決いたします!

  • ネットでお買い物するならノジマオンライン

    ネットでお買い物するならノジマオンライン

人気記事ランキング