エアコンの冷房と除湿はどう使い分けたらいいですか?

更新日時 : 2018-07-24 15:33

この質問に対する回答

冷房

部屋の温度を下げる機能です。空気中の暑い熱を部屋から追い出して、涼しくします。空気中の熱は室外機へ運ばれ、そのまま外へ排出されます。熱を取った涼しい空気を、部屋に戻します。

除湿

部屋の湿度を下げる機能です。空気中の水分を部屋から追い出して、空気をさらさらにします。湿った空気を吸い込み、冷却します。冷やされた空気中の水分は水滴になり、ホースから外へ排出されます。水分を取ったさらさらの空気を、部屋に戻します。

また、除湿機能には、2つの種類があります。

弱冷房除湿

水分を取るために冷却された空気をそのまま部屋に戻します。そのため、部屋の温度は下がります。

再熱除湿

水分を取るために冷却された空気をあたためなおして、部屋に戻します。そのため、部屋の温度はあまり下がりません。温度は下げたくない方や、冷え性の方にはおすすめです。

電気代で比べると 再熱除湿>冷房>弱冷房除湿 の順になります。

・真夏など、温度の高いとき→冷房
・少し暑くて、湿度が高いとき→弱冷房除湿
・梅雨など、暑くはないが湿度が高いとき→再熱除湿

と、状況によって使い分けることをおすすめします。

※除湿の種類は機種によって異なります。

この回答は役に立ちましたか?

この情報で解決できなかった場合

店頭で相談する

家電に関するご相談は、お近くのノジマ各店舗までお気軽にお問い合わせください。商品知識や経験の豊富なスタッフが、お客様のご要望に合わせて丁寧に対応いたします。

店舗案内

よくあるご質問

検索機能から直接キーワード検索をしていただくか、各分類カテゴリ、製品カテゴリからの絞り込み機能をお試しください。

よくあるご質問トップ