扇風機はDCモーター型が主流?ACとの違いやメリットなどを徹底解説!

公開日時 : 2020-06-21 19:17
更新日時 : 2020-06-21 19:17

扇風機はDCモーター型が主流?ACとの違いやメリットなどを徹底解説!のTOP画

従来の扇風機は、ACモーターを搭載した機器がほとんどでしたが、近年はDCモーターを搭載した機器が販売されるようになりました。

しかし、家電に詳しくない人にとっては、ACモーターの扇風機との違いが気になることでしょう。今回はDCモーターの扇風機について、特徴やメリット、おすすめしたい人、選び方などを解説します。

扇風機を選ぶときにDCモーター型とACモーター型で迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

扇風機はDCモーター型とACモーター型で何が違う?

はじめにACモーターの扇風機とDCモーターの扇風機の特徴をご説明します。扇風機は、搭載されているモーターの種類によって性能が異なります

そもそもDCとACの意味は?

DCとACの違いの説明

DCはDirect Current(ディレクト・カレント)の略で、直流を意味します。身近な例として、乾電池やバッテリーなどは直流電源です。直流は常に電圧が一定で、一方向にしか電流が流れません

一方、ACはAlternate Current(オールタネート・カレント)の略で、交流をさします。壁に設置されているコンセントは交流電源です。電圧が一定周期でプラスとマイナスに切り替わるので、電流の流れる向きが常に変化します

一般的な家電製品はAC電源に対応していますが、最新の扇風機はDCモーターを搭載した機器が主流です。

扇風機の種類1.DCモーター搭載型

DCモーターの扇風機は超低速回転でも送風できるため、風量を細かく調整できます。たとえば、弱風でも強すぎると感じる場合、風量をさらに弱められます。

机の上にある紙が飛ばないくらいの風量や、自然のそよ風に近い風量などに設定可能です。体にかかる負担を減らせるのは、DC扇風機ならではの特徴でしょう。

扇風機の種類2.ACモーター搭載型

ACモーターの扇風機は、羽によって空気を切り裂くような風を発生させます。代表的な特徴は風量を細かく調整できないことです。

一般的には弱・中・強の3段階に調整する扇風機が多い傾向です。就寝時に適切な風量に調節できず、寝苦しさを感じてしまうこともあるかも知れません。そのほか、消費電力が高い点運転音が大きい点も見過ごせないポイントです。

ただし、価格はお求めやすい金額になっているのも特徴です。

DCモーター扇風機を選択するメリット

メリットのイメージ図

ここからはDCモーター扇風機の魅力を知ってもらうためにメリットをご紹介します。DCモーターとACモーターの選択に迷っている人はぜひ参考にしてください。

メリット1.自分に適した風量に調整できる

ACモーターでも風量を調整できますが、弱・中・強の3段階だけではユーザーにとって快適な風量に調整できないケースも少なくありません。その点、DCモーターであれば、さらに細かい段階で風量を調整できるため、適切な風量に設定しやすいといえます。

メリット2.電気代を節約できる

DCモーターを搭載した扇風機は、ACモーターを搭載した扇風機より消費電力が少なく、電気代が安い傾向です。たとえば、1時間あたりの電気代が最小風量時に0.04円しか発生しない扇風機があります。

中には、電気代がAC扇風機の1/10で済む製品も登場しています。長期的に使用するのであれば、節約効果も大きくなっていくことでしょう。

メリット3.静音性に優れている

ACモーターの扇風機は音が大きく、就寝時にうるさいと感じてしまう人もいるかもしれません。その点、DCモーターの扇風機は音が静かな特徴があります。睡眠の質を落としたくない人におすすめできます。

DCモーターの扇風機にデメリットはない?

デメリットのイメージ図

ここまでDCモーター扇風機のメリットをお伝えしましたが、一つだけデメリットがあります。ACモーター扇風機と比べて本体価格が高い傾向です。たとえば、家庭向けの扇風機に5万円の価格が設定されているケースもあります。

ただ、風量を調節しやすい点や電気代を節約しやすい点に目を向ければ、仕方がないと割り切れる人もいるのでしょう。価格にこだわらないのであれば、後で不自由しないようDCモーターの扇風機を選択するのも一つの考え方といえます。

関連記事はこちら

DCモーターの扇風機がおすすめな人

どんな人に向いてるの?

家電は生活スタイルにあわせて選択するのが基本であり、扇風機を選ぶ際も同様です。DCモーターの扇風機のほうが機能性には優れていますが、人によっては活用しきれないケースも当然ありえます。

たとえば、夏にしか扇風機を使用しない人や、強い風で涼めればよいと思う人は、ACモーターの扇風機でも不都合は生じないでしょう。

ここまでお伝えした特徴とメリットを踏まえると、DCモーターの扇風機がおすすめな人は下記の通りです。

  • 電気代を節約したい人
  • 1年中エアコンと一緒に扇風機を利用する人
  • 扇風機の風で体調を崩した経験がある人
  • 洗濯物の部屋干しを行う人
  • 家庭に赤ちゃんがいる人
  • 就寝時に熟睡したい人

機能性に惑わされて安易にDCモーターを購入してしまう人も少なくありません。扇風機を購入する際はDCモーターである必要性を検討し、余計なコストをかけ過ぎないように注意しましょう。

DCモーターの扇風機を選ぶ際のポイント

選ぶポイント

扇風機ごとに機能や性能が異なるのは当たり前です。DCモーターの扇風機についても同様でしょう。したがって、DCモーターの扇風機を選ぶ際にも、機能や性能を比較するのが大切です。具体的に比較すべき機能や性能についてご説明します。

温度センサー

DCモーターの扇風機は風量を細かく設定できますが、室内の温度が変われば、その都度調整する手間がかかります。

その点、温度センサーを備えた扇風機は、室内の温度を感知して風量を自動で調整してくれます。寝ている際に体温が下がりすぎてしまうケースを防ぎたい人にピッタリです。体温調節が苦手な赤ちゃんがいるご家庭にも適しているでしょう。

音の大きさ

DCモーターの扇風機は音が小さいですが、各商品によっても音の大きさは異なります。そこで、音の大きさを比べるために、騒音の大きさを示すdB(デシベル)という単位に着目するとよいでしょう。

目安として20dBは、木の葉が触れ合うくらいの音で、30dBはささやき声に近い音の大きさです。扇風機には、最小風量と最大風量に対応した値が記載されているので、音の大きさを比較する際に確認しましょう。

首振り機能

DCモーターの扇風機は節電しやすいことから、部屋干しの洗濯物を乾かすのに利用する人もいることでしょう。その場合、より広範囲に送風できる扇風機が役に立つため、首振り機能について検討する必要があります。

DCモーターの扇風機の中には、左右だけでなく上下の首振りに対応した機器も浸透してきました。また、首振りの角度を段階的に選択できる機器もあります。洗濯物を乾かすという目的があるのなら、首振り機能の詳細を見落とさないようにしましょう。

安すぎる扇風機には注意

ネット通販などでは、DCモーターの扇風機が5,000円前後で出回っており、ACモーターの扇風機より安い機器も少なくありません。

DCモーターのメリットは享受できるかもしれませんが、部品のかみ合わせが悪く、カタカタと音が鳴る機器もあります。音の静かさを重視する人にとってはストレスを感じることでしょう。

DCモーターの扇風機が安く手に入ると思ったときは、衝動買いしないよう注意してください

DCモーターの扇風機で日常を快適に

まとめ

以上、DCモーターの扇風機について解説しました。風量を調節しやすい点や騒音が発生しにくい点など、ACモーターにはないメリットに魅力を感じた人もいるのではないでしょうか。

DCモーターの扇風機は値段が高いとお伝えしましたが、型落ちや手軽にお求めやすいモデルであれば1万円前後で購入するのも難しくはありません。自分のライフスタイルを考慮し、DCモーター扇風機の導入を検討してみてください。

ノジマでもDCモーター扇風機だけではなく、ACモーター扇風機も取り扱っております!詳細はノジマ店頭までお気軽にお問い合わせください。

関連記事

ゲーム機のファンの音がうるさい時・熱い時の5つの対処法

簡単にできる家電の節電方法はありますか?

夏のエアコン節電対策は何がありますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

  • ノジマあんしん出張設定サポート

    パソコン・スマホのお困り事は出張設定で解決いたします!

  • ネットでお買い物するならノジマオンライン

    ネットでお買い物するならノジマオンライン

  • ノジマがおススメする高品質・高速な@nifty光

人気記事ランキング