待望のiPadお絵かきアプリ“Adobe Fresco”登場。無料でも十分すぎるかも!

2019年09月30日

待望のiPadお絵かきアプリ“Adobe Fresco”登場

Photoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)など、クリエイティブ業界に欠かせないソフトウェアを開発しているAdobe(アドビ)から、待望のiPad向けお絵かきアプリが2019年9月24日リリースされました。

Adobe Fresco - ペイント・お絵描きアプリ

Adobe Fresco(アドビフレスコ)

App storeでダウンロード

開発が発表された2018年当時はProject Geminiの名で注目を浴び、2019年6月に製品名をAdobe Frescoと発表。
絵を趣味や仕事にしている人たちの間ではリリース前からかなり注目の話題でした。

Apple PencilとiPadのセットを持っていらっしゃるなら、迷わずにぜひダウンロードして遊んでほしい超多機能ペイントアプリです。

絵の具のタッチがリアル

Frescoは「ともかくアナログの絵の具表現がすごい」の一言につきるのですが、それは動画をご覧いただいたほうが早いかもしれません。
(※Frescoでの描写シーンは2分あたりから)

Digital Watercolors with Yellena James and Adobe Fresco | Adobe Creative Cloud

今まで、ここまで絵の具の表現を追従したアプリはほとんどありませんでした。
絵の具のアナログ表現度が高いと言われきたProcreateを超え、パソコンのドローイング専用アプリCoral Painterに匹敵する書き心地と言ってもいいかもしれません。

もちろん、完全にアナログと同等の書き心地とは言いませんが、今まで「アナログの質感や表現がイマイチだな…」と思っていた人でも、かなり納得がいくレベルのものではないでしょうか。

特に絵の具の色の混ざり方がかなりリアルです。

アプリを使ってみた一人としては、ぜひFrescoを実際に触って感動してほしいです。

多機能すぎる

レイヤー機能もあり、ダブルタップで取り消し・ピンチでズームインなど、今までお絵かきアプリを使ったことのある人なら直感的に使えるインターフェイスです。

ブラシの種類は大きく3つあり、その下にもジャンル別複数のブラシがプリインストールされています。

ピクセルブラシ

ピクセルブラシ サンプル描画
Jクリエイター/インク/コミック/スケッチ/ドライメディア/ペイント/マーカー/レタリング/レーキ/凡用/特殊効果
全135種類。エアブラシ・クレヨン・パステル・ペンなどのブラシで、オリジナルデータの読み込みもできます。 ※…有料版ツール

ライブブラシ

ライブブラシ サンプル描画
水彩/油彩
全11種類。アナログ絵の具の色の混ざり具合や水量でのニュアンスを追求したブラシです。

ベクターブラシ

ベクターブラシ サンプル描画

全5種類。ぱっと見はわかりませんが拡大縮小が無限大、PDFで取り込めばパスデータとして使用可能な、Illustratorユーザーに嬉しいベクターブラシです。

無料でも十分すぎるほど使える

利用にはAdobeアカウント、Googleアカウント、Facebookアカウントのいずれかが必要なだけで、無料でほとんどの機能が使えます。
絵を描いてPNG/JPGで保存するだけなら、無料ユーザーで十分です。

もしすでにAdobe Creative Cloudユーザー(単体プランではなく全製品のサブスク)であれば、すべての機能を使用できます。

またはApp内課金で月額1,080円で利用可能です。
いまだと6ヶ月無料なので、気軽に有料プランをお試しできますね。(2019年9月26日時点)

プレミアム機能(有料)

Adobe Fresco プレミアム機能

  • すべてのブラシ(コミック、特殊効果)の使用
  • Adobeクラウドの容量100GB
  • 高画質JPGの書き出し、PSDとPDF書き出し

目玉ともいえる絵の具系のブラシは無料で使えますし、コミック・特殊効果ブラシはMedibang Paint、CLIP STUDIO PAINTなど他に漫画描写を得意としているペイントアプリも多いので、Frescoで無理に使うこともないかと思われます。

PSDやPDFで書き出してパソコンのフォトショやイラレで使いたい方は、Adobeのヘビーユーザーに多いと思いますので、これを機にCCのサブスクリプションを検討してもいいかもしれません。

使えるiPadはどれ?

Apple Pencilが使えるiOS12.4以上の端末と、無印iPad第5世代もOK!
ただしiPad第5世代はApple Pencilは使えません。

すべてのiPad Pro、2019年発売のiPad Air と iPad mini、2017年以降のiPad

iPad Pro

iPad Pro 12.9インチ(2015)
iPad Pro 12.9インチ 第2世代(2017)
iPad Pro 12.9インチ 第3世代(2018)
iPad Pro 11インチ(2018)
iPad Pro 10.5インチ(2017)
iPad Pro 9.7インチ(2016)

iPad Air iPad Air 第3世代(2019)
iPad mini iPad mini 第5世代(2019)
iPad(無印) iPad 第5世代(2017)
iPad 第6世代(2018)
iPad 第7世代(2019)

iOS 12.4以上

対応iOS未満だと、ダウンロードページが表示されない場合があります。
お手元のiOSをご確認のうえダウンロードへお進みください。

設定アプリを開き
一般 > 情報 > バージョン
でiOSのバージョンを確認できます。

iPadの世代やiOSのバージョンの調べ方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

今後のアップデートでさらに期待!

Adobe Fresco 追加予定の機能

現時点でもハイクオリティなFrescoですが、今後さらなる機能のアップデートを予定しているそう。
さらにAdobeからはパソコンと同じぐらいの性能のPhotoshopアプリが年内にリリース予定なので、Adobeから目が離せませんね。

Adobe Frescoを使いたくて、新しいiPadとApple Pencilが欲しくなってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ノジマのiPad取り扱い店舗(※一部扱いのない店舗もございます)ではApple Pencilの試し書きもできますので、ぜひ気になった方はお近くの店舗にご来店くださいね。また、オンラインストアもあわせてご利用くださいませ。

※この記事は2019年9月26日執筆されたものです。

関連記事はこちら
Apple Pencil対応は?使い方は?第2世代と第1世代の違いは?
iPad Air 第3世代、iPad6と徹底比較まとめ
iPad mini 第5世代、4と徹底比較まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング