【2021年版】コーヒーメーカーのおすすめ8選、全自動タイプやデロンギなど人気製品を紹介

公開日時 : 2020-04-02 16:57
更新日時 : 2021-04-24 10:53

【2020年版】コーヒーメーカーのおすすめ8選、全自動タイプやデロンギなど人気製品を紹介

自宅で手軽においしいコーヒーが飲めるコーヒーメーカー。
見た目のデザインはもちろん機能面も異なるため、どれを選んだらいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、2021年版コーヒーメーカーのおすすめ8選と題して、スタンダードなドリップ式やエスプレッソマシン、カプセル式のコーヒーメーカーを幅広く紹介します!

自宅でコーヒーメーカーを使って美味しいコーヒーを飲みたい!と考えている人は、ぜひ選び方とともにおすすめ商品を参考にしてみてください。

コーヒーメーカーとは

コーヒーメーカーとは

コーヒーメーカーは電気により自動的にお湯を沸かし、コーヒーを作ってくれる機械です。
主な種類は「ドリップ式」「エスプレッソマシン」「カプセル式」の3種類があります。

種類により金額が異なりますが、フィルター代などのランニングコストがかかる機種もあるので、自分に合ったものを購入しましょう。

ドリップ式

ドリップ式

ドリップ式はコーヒー豆を砕いた粉と水をセットして抽出する方法です。
コーヒーメーカーの中では比較的スタンダードなモデルです。

価格も幅広く、シンプルなものから多機能なものまでさまざまな種類があるので、ご家庭ではもちろんオフィスでもよく使用されています。
一人暮らしの人でも購入しやすいタイプでしょう。

ドリップ式は「ミルなしタイプ」「ミル付きタイプ」「全自動タイプ」と大きく3つの種類に分けられます。

エスプレッソマシン

エスプレッソマシン式

エスプレッソマシンは コーヒー豆に圧力をかけて抽出する方法です。
1回につき、1~2杯分のエスプレッソを作ることができます。

ミルクフォームが搭載されているモデルを使用すれば、カフェラテやカプチーノをなども作れます。
またミルクスチーマーが搭載されていれば、ラテアートを作って楽しむことができます。

コーヒーメーカーとしては比較的高価ですが、エスプレッソが好きな人や、カフェで飲むようなコーヒーを作りたい人にかなりおすすめです。

カプセル式

カプセル式

カプセル式は、メーカーが用意しているコーヒーエキスが入っているカプセルを使用する方法です。
カプセルをセットしてボタンを押すだけなので、 最も簡単に操作ができます

コーヒーだけでなく、ティーラテやココアなどさまざまな種類を楽しめるモデルもあります。

製品によっては、月額プランを契約すれば、カプセルを届けてくれるサービスもあるのでとても便利です。

コーヒーメーカーの選び方

フィルターで選ぶ

フィルターで選ぶ

コーヒーメーカーにはドリップするときのフィルターは「紙」「メッシュ」があります。
紙の場合は使い終わったらフィルターごと捨てられるためお手入れが楽です。

ただし、フィルターが使い捨てになるためなくなった場合は購入しなければならず、フィルター購入代がかかります。

一方でメッシュフィルターの場合は何度でも使用できるので、とても便利でしょう。

保温機能

保温機能

コーヒーメーカーにはドリップしたコーヒーをサーバーに溜められるものがあります。
その場合、溜めているコーヒーが冷めにくいように保温機能を備えているかチェックすることをおすすめします。
コーヒーメーカーによっては保温プレートを搭載しているものがありますので、淹れたコーヒーを温かい状態で保存できます。

他にも、水分が蒸発して発生するコーヒーのえぐみに繋がる煮詰まりを防止するコーヒーメーカーもあります。

蒸らし機能

蒸らし(アロマ)機能

コーヒーは蒸らすことで豆の中にお湯が浸透し、程よい味わいに仕上げることができます。
最近のコーヒーメーカーには自動で蒸らしてくれるモデルがたくさん発売されています。

自分好みの濃さを選びそれに合わせて蒸らしてくれるものや、スチームによりコーヒーの旨味をすべて抽出してくれるものなどがあります。

ミル機能

ドリップ式のコーヒーメーカーには「ミルなしタイプ」「ミル付きタイプ」「全自動タイプ」3種類があります。

「ミルなしタイプ」…本体にミルが内蔵されておらず、挽いた豆を使用して抽出する方法です。
「ミル付きタイプ」…本体に内蔵されているミルで豆を挽き、手動でドリッパーに移動させて抽出する方法です。(ミルのみでも使用可能。)
「全自動タイプ」…コーヒー豆をセットしてボタンを押すだけで残りの動作を自動で行ってくれる方法です。

最近のトレンドは全自動タイプで、価格は高くなりますが挽き方や抽出方法なども選べるため非常に高性能です。

容量

容量

一回に淹れられる容量は、当然コーヒーメーカーによって異なるため、購入前には容量をチェックをすることをおすすめします。

一人暮らしや二人の場合であれば、1回で1杯もしくは2杯ほどであれば問題ないかもしれません。
しかし頻繁に来客がある場合や家族の人数が多い場合は、もう少し容量の大きいコーヒーメーカーを選ぶ必要があります。

商品によっては10杯程度淹れられるタイプもありますので、自宅用なのか、オフィス用なのか用途によって選択することが重要です。

【2021年】コーヒーメーカーのおすすめ|ドリップ式

象印マホービン コーヒーメーカー 「珈琲通」EC-TC40-TA

象印マホービン コーヒーメーカー 「珈琲通」EC-TC40-TA

誰でも簡単に本格的なコーヒーを味わえます!

象印マホービンの「珈琲通」EC-TC40-TAは浄水機能により、カルキを98%取り除いてくれるため、コーヒー豆本来の味を引出し本格的なコーヒーを味わうことができます。

ドリッパーがサーバー側に付いてるので、お手入れも簡単。水洗い一つでささっと済ませることができるでしょう。

サイズもコンパクトなのでキッチンやリビングにおいても場所を取ることはありません。
価格も比較的安いので、一人暮らしの人やコーヒーメーカーを試したい初心者の人にもおすすめです。

種類 ドリップ式
フィルター ペーパーフィルター
保温機能 保温機能あり
ミル機能 ミル機能なし
容量 540ml
サイズ(幅×高さ×奥行) 20.5×23.0×15.5cm
重さ 1.1kg
蒸らし機能 蒸らし機能なし
消費電力 650W

シロカ 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351-S

シロカ 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351-S

累計50万台を突破した大人気商品が、リニューアル!

シロカの全自動コーヒーメーカーは累計台数50万台を突破した大人気商品です。
こちらのモデルは以前のモデルの形を残しつつ、さらに進化したリニューアル版です!
本体にはマットな質感を取り入れ、デジタル表記を搭載したことにより、スタイリッシュで高級感のある見た目に仕上がりました。

また機能面でもかなり充実しており、起きる時間にタイマー機能を使用すれば、自動的に目覚めた時間にコーヒーを淹れてくれます。
忙しい朝でも、ゆとりのある時間を過ごすことができるでしょう。

さらにコーヒー豆とコーヒー粉の両方に対応しているので、香りを楽しみたい人はコーヒー豆から、時間を短縮したい人はコーヒー粉を使用することもできます。

種類 全自動ドリップ式
フィルター メッシュフィルター
保温機能 保温機能有り
ミル機能 ミル機能有り
容量 580ml
サイズ(幅×高さ×奥行) 16.2×26.4×28.0cm
重さ 2.2kg
蒸らし機能 蒸らし機能有り
消費電力 600W

デロンギ ドリップ式 コーヒーメーカー アクティブ ICM12011J-BK

デロンギ ドリップ式 コーヒーメーカー アクティブ ICM12011J-BK

人気メーカーのお手軽価格の商品!アロマを引き出せる機能を搭載

大人気「デロンギ」というメーカーのおしゃれなコーヒーメーカーです。

アロマ機能によって、本格的なハンドドリップの手法に近い間欠抽出で、コーヒーの風味を最大限に引き出してくれます。
また、シャワードリップ機能では、お湯を全体的にムラなく注ぐことができます。

フィルターにはペーパーレスフィルターを採用しており、コーヒーの油分を逃すことなく抽出することが可能です。
紙フィルターのように購入する手間も省けるので、経済的でエコにもなります。

種類 ドリップ式
フィルター メッシュフィルター
保温機能 保温機能あり
ミル機能 ミル機能なし
容量 650mL
サイズ(幅×高さ×奥行) 15.5×27.5×28.5cm
重さ 1.4kg
蒸らし機能 蒸らし機能あり
消費電力 750W

トフィー 全自動コーヒーメーカー K-CM5-SG

トフィー 全自動コーヒーメーカー K-CM5-SG

インテリアとしても絵になる、レトロでおしゃれなデザイン!

「間欠抽出」により、ハンドドリップのような本格的なコーヒーを作ることができます。
また、マイルドミディアムストロングの3段階の味わいを選ぶことが可能なので、より自分好みの味を堪能できるでしょう。

保温から30分後、自動で電源をオフにしてくれる「消し忘れ防止機能」が付いているので、コーヒーが煮詰まる心配もありません。

おしゃれなデザインでありながら、本格的なコーヒーを楽しみたい人におすすめです。

種類 全自動ドリップ式
フィルター メッシュフィルター
保温機能 保温機能あり
ミル機能 ミル機能あり
容量 650mL
サイズ(幅×高さ×奥行) 16.0×27.5×20.0cm
重さ 1.5kg
蒸らし機能 蒸らし機能あり
消費電力 600W

【2021年】コーヒーメーカーのおすすめ|エスプレッソマシン

デロンギ 全自動エスプレッソマシン マグニフィカS ECAM23120BN / ECAM23120WN

デロンギ 全自動エスプレッソマシン マグニフィカS ECAM23120BN / ECAM23120WN

高性能でありながらお手頃価格!フワフワミルクも簡単に作れる

デロンギ 全自動エスプレッソマシン マグニフィカSは高性能なコーヒーメーカでありながら価格はお手頃というコストパフォーマンスに優れた人気商品です。

カフェ・ジャポネーゼ機能により、エスプレッソのうまみとドリップのすっきりとした後味を融合して楽しめます
また、ミルクフロッサーを使うことで、カフェで味わうようなフワフワのミルクを作れる点も特徴です。

豆を挽く際はコーン式グラインダーを採用していることにより、低速回転で豆を挽くので摩擦熱が生じにくく、その結果アロマを逃さず豊かな香りも楽しめます。

さらに2杯同時に抽出が可能で、カップの大きさもデミタスカップからマグカップなどに対応しています。

種類 全自動エスプレッソマシン
フィルター フィルターなし
保温機能 保温機能なし
ミル機能 全自動ミル機能あり
容量 1.8L
サイズ(幅×高さ×奥行) 23.8×35.0×43.0cm
重さ 9kg
蒸らし機能 蒸らし機能あり
消費電力 1450W

デロンギ エスプレッソ・カプチーノメーカー デディカ EC680BK

デロンギ エスプレッソ・カプチーノメーカー デディカ EC680BK

置くだけでおしゃれに見えるデザイン!業務用マシンと同様のポンプ式抽出を採用

デロンギ エスプレッソ・カプチーノメーカー デディカは、業務用マシンと同様のポンプ式抽出を採用した高性能な商品です。

高性能でありながら本体幅は15cmのスリムなサイズとなっており、置き場所を選ばないのも人気のポイント。
また、メタリックなボディはおしゃれな雰囲気を醸し出しており、自宅に置くだけで空間をスタイリッシュに彩ります。

カフェポッドとコーヒーパウダーの両方で淹れられることができ、手軽にエスプレッソを楽しめます。
さらに二重構造高性能ミルクフロスターを採用しており、誰でも簡単にきめ細かいフォームミルクが作れます。

おしゃれなカフェで味わうエスプレッソを自宅で楽しみたい人におすすめのモデルです。

種類 エスプレッソマシン
フィルター 1杯用フィルター、2杯用フィルター、カフェポッド用フィルター
保温機能 保温機能なし
ミル機能 ミル機能なし
容量 1L
サイズ(幅×高さ×奥行) 15.0×30.5×33.0cm
重さ 4kg
蒸らし機能 蒸らし機能なし
消費電力 1300W

【2021年】コーヒーメーカーのおすすめ|カプセル式

ネスレ カプセル式コーヒーマシン ドルチェグスト エスペルタ MD9779-RM

ネスレ カプセル式コーヒーマシン ドルチェグスト エスペルタ MD9779-RM

おしゃれな形が特徴的!2つの抽出機能を搭載したコーヒーメーカー

コーヒー豆本来の味わいを楽しめるように「エスプレッソブースト」「ハンドドリップモード」という2つのモードを搭載しているのが特徴です。

「エスプレッソブースト」は、蒸らす工程を加えることでコーヒー豆の味わいを強く楽しめるようになっています。
一方で「ハンドドリップモード」は時間をかけることでじっくりと抽出し、香りが強調されています。

Bluetoothに対応しているため、スマートフォンで抽出量やお湯の温度などを設定できるところも魅力的です。

種類 カプセル式
フィルター カプセル式のため設置なし
保温機能 保温機能なし
ミル機能 ミル機能なし
容量 1400mL
サイズ(幅×高さ×奥行) 21.5cm×36.5cm×26.7cm
重さ 2.7kg
蒸らし機能  蒸らし機能あり
消費電力 1460W

ネスレ カプセル式コーヒーマシン「ドルチェグスト ジェニオアイ」 MD9747S-CR / MD9747S-WH

カプセル式コーヒーマシン「ドルチェグスト ジェニオアイ」  MD9747S-CR

スマートフォンとの連携が可能!人気の高い最新商品

ネスレの中でも人気が高いモデルが、スマートフォンに対応して新登場した商品です。

また、機能面だけでなくサイズもコンパクトになったことで、おしゃれな製品をさらに設置しやすくなった点もおすすめの理由です。
アプリに好みの設定を保存することで、温度やコーヒーの濃さなどをその都度設定する必要がないため操作も楽になります。

CMでも放送されている人気商品で、 デザインの良さと機能性を兼ね備えているコーヒーメーカーをお探しの人は、ぜひ購入商品の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

種類 カプセル式
フィルター カプセル式のため設置なし
保温機能 保温機能なし
ミル機能 ミル機能なし
容量 650mL
サイズ(幅×高さ×奥行) 16.5×30.0×23.1cm
重さ 2.6kg
蒸らし機能 蒸らし機能なし
消費電力 1460W

まとめ

まとめ

今回は、おすすめのコーヒーメーカーについて紹介しました。

CMで有名な商品から本格派な人向けの商品まで幅広く種類があることがわかりましたね。

メーカーや種類によって価格帯は大きく異なりますので、用途によって性能面を比較し、購入を検討することをおすすめします。
お手入れ方法や、フィルター購入代などのランニングコストで比較しても良いかもしれません。

なかなか外に出れずリフレッシュしたい!という今、素敵なカフェタイムが過ごせるよう、お気に入りの1台を見つけてみてください。

ノジマでは、お手頃な価格なものから人気の商品まで、さまざまなコーヒーメーカーを取り扱っています。
お客様一人ひとりに合った製品を提案してまいりますので、ぜひお近くの店舗までお立ち寄りください。

ノジマ店舗情報

関連記事

エスプレッソとコーヒーの違いは何?

【人気】1枚焼きなのに売れている!高級トースター三菱ブレッドオーブンとは?

無水調理機ヘルシオ ホットクックの本音レビューを聞いてみた!実際買いなの?本当においしいの?

電気圧力鍋で簡単調理!ボタンひとつで安全かつ時短できる!

【2021年版】オーブンレンジのおすすめ10選、安い機種や人気メーカーの特徴など紹介

【糖質33%カット!】家電のプロもおすすめ!糖質カット炊飯器とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は役に立ちましたか?

ピックアップ

  • ノジマあんしん出張設定サポート

    パソコン・スマホのお困り事は出張設定で解決いたします!

  • ネットでお買い物するならノジマオンライン

    ネットでお買い物するならノジマオンライン

人気記事ランキング