【2020年】現行のiMacは何種類?iMac ProとかMac Proとか何が違うの?Windowsユーザーにも違いを教えて!

公開日時 : 2020-09-27 15:37
更新日時 : 2020-10-11 17:37

【2020年】現行のiMacは何種類?Windowsユーザーにも違いを教えて!のTOP画
※出典元:iMac – Apple(日本)

現行の新型iMacは、21インチの下位・上位モデル、27インチモデル、iMac Proの全部で4種類があります。MacにはiMac以外にもノート型PCのMacBookやデスクトップ型のMac Pro・Mac miniもあります。

iMacもデスクトップ型ですが、ディスプレイとパソコン本体が一体となっているオールインワンのデスクトップ型PCです。

Macの中にも大きく分けると「iMac」「iMac Pro」「Mac Pro」「Mac mini」の4種類あります。

すでにディスプレイやキーボードなどを持っていて、とにかく安くMacを使いたい方にはMac mini、好きなデバイスを使ったプロ仕様が欲しい方はMac Pro、よりスタイリッシュでスペックが高いPCが欲しい方はiMac、とにかくパフォーマンスが高い最強スペックが欲しいプロの方はiMac Proをオススメします。

この記事では他にも、WindowsよりもMacが優れている点(マジックトラックパッド・iPhone連携・セキュリティなど)もくわしく紹介します。

ノジマでも一部の店舗を除いて、ご来店頂くとMacコーナーがあります。その軽さや大きさ、画面のキレイさなども体感して頂けるので、ぜひ、ノジマへご来店をおすすめします。

一度Macを使ってみたいけど、いまいちわからない方のために、「MacとWindowsは何が違うの?」「Macにもいろいろと種類があるけどどれがオススメ?」などの疑問に、くわしく・わかりやすく説明します。

それぞれの違いはどんなところなのか、現行のiMacの中にも「21.5インチiMac」「21.5インチiMac(4K)」「27インチiMac」「iMac Pro」の4種類もあるので、以前から「Macを使ってみたいけどよくわからない」という悩みや、「初めて買うけどMacとWindowsのどっちがいいのかわからない!」という悩みの方向けに、それぞれの違いなどを解説します。

ご紹介するMac

  インチ数 ディスプレイ 分類
iMac 21.5インチ LEDバックライトディスプレイ 一体型デスクトップパソコン(オールインワンパソコン)
iMac 21.5インチ Retina 4Kディスプレイ 一体型デスクトップパソコン(オールインワンパソコン)
iMac 27インチ Retina 5Kディスプレイ 一体型デスクトップパソコン(オールインワンパソコン)
iMac Pro 27インチ Retina 5Kディスプレイ 一体型デスクトップパソコン(オールインワンパソコン)
Mac Pro タワー型デスクトップパソコン
Mac mini 小型デスクトップパソコン

目次

そもそもMacってなに?Windowsとなにが違うの?Macのメリットを紹介!

Macのメリット

Macとは、Apple社がつくったパソコンの総称のことを言います。Windowsとは、Microsoft社がつくったOS(オペレーティングシステム)やサービスのことを指します。Windowsとの比較も含め、Macのメリットとデメリットを説明します。

Macのメリット1. とにかくオシャレ

とにかくオシャレ

Macと聞いて多くの方がオシャレなパソコンを思い浮かべるのではないでしょうか。種類はいろいろあるが統一感があって、スタイリッシュなデザインとなっています。また、パソコン周辺機器やアクセサリーもオシャレです。Macのデザインに合わせた周辺機器も多くあるため、パソコン本体だけではなくトータルでオシャレなんです。

Macのメリット2. マジックトラックパッドが使いやすすぎる

トラックパッド

トラックパッドとは、ほとんどのノートパソコンに搭載されている、カーソルを動かしたりクリックができる平面状のもので、マウスの代わりになるものです。タッチパッドとも呼ばれます。Macのマジックトラックパッドがとにかく優秀です。

1. 反応速度と正確性が段違い

以前のトラックパッドはマウスよりも速度が遅かったり、正確でなかったりしましたが、Macのトラックパッドはそんなことはありません。反応速度も驚くほど早く、自分が思う通りの動きをしてくれます。

2. 傾斜があって疲れにくい

マウスよりも手が疲れやすい、痛くなりやすいという声もありますが、Macのマジックトラックパッドは傾斜がついているため疲れにくいです。Apple製のキーボードと同じ傾斜になっているところが、デザイン製・機能性を重視したAppleらしさでしょう。

3. 大きくて使いやすい

MacBookのトラックパッドの広さ

一般的なノートパソコンに搭載されているトラックパッドの2倍くらいの大きさのため、デカければいいということでもないが、スクロールできる長さが違うなどより使いやすくなっています。拡大したり、斜めにスクロールしたりが容易であり、タッチパネルを触っているように操作できる点もトラックパッドの魅力です。

4. フォースタッチ機能がある

フォースタッチとは、少し強めにタッチすることで、通常のクリックとは異なる動作が行われることです。

例えば、「住所を強めにクリックすると、その場所の地図のプレビューが表示」されたり、「Webページに表示されているテキストやメールメッセージのテキストをグッと強めに押し込むと、そのテキストに関する詳細な情報が表示」されたり、「Safariやメールに表示されている伝票番号をグッと強め押し込むと、ポップオーバーに配達状況が表示」されるなどです。

他にも様々な使い方があります。慣れるまで少し使いにくいかもですが、慣れると使いやすくとても便利な機能です。

Macのメリット3. セキュリティが強い

Macはデザイン製だけではなくセキュリティ面にも力を入れており、Windowsよりも強いです。Apple製品はApple IDが必ず必要になり、本人しか認証できないようになっています。iPhoneやiPadなどの別端末を使っての認証システムや遠隔操作でパスワードロックをかけたり、個人データを削除することもできます。

WindowsもWindow10になってからよりセキュリティ面を強化したため、脆弱というわけではないです。

Macのメリット4. iPhoneと連携しやすい

iPhoneとの連携

他のApple端末と連携・同期しやすいところもMacの魅力の1つです。iPhoneユーザーは多いので、画像・動画はもちろん、アプリ・カレンダー・メモなどがほぼ自動的に同期してくれるのは助かります。Windowsでも同期することは可能ですが、複雑で面倒です。

他にも、電源ボタンを押してからの立ち上げの速さやフリーズが起こりにくいなどのメリットがあります。

関連記事はこちら

Macのデメリットを紹介!

Macのデメリット

Macのデメリット1. PCの種類が少ない

残念ながらMacはメリットばかりではありません。Macのデメリットの1つ目は、選べるパソコンの種類が少ない点です。

MacはソフトもハードもAppleが作っているが、WindowsはOSなどのソフト面だけであり、ハード面は各メーカーが作っています。同じWindowsでも、パナソニックが作っているLet’s note(レッツノート)やNECが作っているLAVIE(ラヴィ)のように、さまざまなメーカーが多くのパソコンを独自に作っているため、種類が豊富です。

価格が安いもの、軽くて持ち運びしやすいもの、耐久性に優れているもの、動画編集しやすいものなど、パソコンに求めるものは人それぞれ違うが、それぞれにあったパソコンを選ぶことができるのがWindowsのメリットです。

Macのデメリット2. Windows向けのアプリが多数

Windowsを利用している方の数は日本でも世界でも圧倒的なシェアです。約80%以上もの方がWindowsを使っており、それに伴ってアプリの数もWindowsが圧倒的に多いです。特にビジネスで使われるソフトはWindowsが多いです。ただ、MacもWindowsに比べると少ないだけであり、十分な量のアプリはあります。OfficeもMacの純正ソフトがあったり、代替のものがあったり、互換性があるので、WordやExcel・PowerPointなどをストレスなく使えます。

Macのデメリット3. 価格が高い

同スペックのWindows PCと比べると、Macの方が割高です。ただし、Macは価格が下がりにくいため、売ることまで視野に入れているのであれば、そこまで割高ではないでしょう。

Macのデメリット4. キーボードの配列が違う

キーボードレイアウト

Windowsを使い慣れている方からすると、Macのキーボードは使いにくいと感じると思います。Macの「delete」はWindowsの「backspace」と同じ機能であったり、「control」はWindowsの「ctl」とは異なり、文字入力の際にカーソルを移動させたりするなど、他にも細かい違いが多くあります。

しかし、慣れてしまえば、違和感を感じずに利用できます。

Macは全部で6種類!iMac/iMac Pro/MacBook Air/MacBook pro/Mac Pro/Mac miniの特徴を紹介!

Macには「 i 」がつくものとつかないものがあり、“i”がつくiMacはディスプレイ一体型のデスクトップパソコンです。一方で“i”がつかないMacはノート型パソコンとデスクトップ型パソコンです。

Macには大きく分けて、ノート型の「MacBook Air」「MacBook Pro」、ディスプレイ一体型デスクトップの「iMac」「iMac Pro」、デスクトップ型(ディスプレイは別途)の「Mac Pro」「Mac mini」の合計6種類あります。それぞれの特徴を見てみましょう。

ディスプレイ一体型デスクトップPCのiMac・iMac Proとは?

iMac正面画像iMac側面画像

※出典元:iMac – Apple(日本)

まずは、iMac・iMac Proをご紹介します。“i”がつくiMacはディスプレイ一体型のデスクトップパソコンです。

ディスプレイ一体型とは、パソコン本体とディスプレイが一体になっているパソコンのことを言います。オールインワン型デスクトップと呼ばれることもあります。

一般的なデスクトップ型PCは、本体とディスプレイが別になっており、線でつないで使用しますが、ディスプレイ一体型PCは一体となっているためコンパクトであることや、配線が複雑にならないなどの利点があります。詳細は後ほど説明します。

ノート型PCのMacBook Air・MacBook Proとは?

MacBook
※出典元:MacBook Air – Apple(日本)

日本国内のパソコンのうち7割以上を占めるノート型パソコンですが、Macのノート型PCはMacBookです。MacBookは、エントリーモデルのMacBook Airとプロセッサやグラフィックなどの性能が高いプロ向けのMacBook Proの2種類あります。

  MacBook Air MacBook Pro13インチ下位モデル MacBook Pro13インチ上位モデル MacBook Pro16インチプロモデル
画面 13.3インチ 13.3インチ 13.3インチ 16インチ
高さ 0.41~1.61cm 1.56cm 1.56cm 1.62cm
30.41cm 30.41cm 30.41cm 35.79cm
奥行 21.24cm 21.24cm 21.24cm 24.59cm
重量 1.29kg 1.4kg 1.4kg 2.0kg
解像度 2,560×1,600 2,560×1,600 2,560×1,600 3,072×1,920
スピーカー ステレオサウンド ハイダイナミックレンジステレオ ハイダイナミックレンジステレオ フォースキャンセリングウーファーを備えた、原音に忠実な6スピーカーシステム
ポート(左サイド/右サイド) USB-C×2/イヤホン USB-C×2/イヤホン USB-C×2/USB-C×2・イヤホン USB-C×2/USB-C×2・イヤホン
CPU世代 第10世代 第8世代 第10世代 第9世代
CPU型式 Core i3-1000G1@1.1GHz/Core i5-1030G7@1.1GHz Core i5-8257U@1.4GHz Core i5-1038NG7@2.0GHz Core i7-9750H@2.6GHz
CPUコア数 2コア/4コア 4コア 4コア 6コア
SSD容量 128GB 256GB 512GB 512GB
SSD読込速度 1700MB/s 2366MB/s 2200MB/s 2531MB/s
SSD書込速度 425MB/s 998MB/s 1848MB/s 2630MB/s
バッテリー容量 49.9Wh 58Wh 58Wh 100Wh
駆動時間 11時間 10時間 10時間 11時間
価格 104,800円~ 134,800円~ 188,800円~ 248,800円~

※スマホの方は、表が横にスライドできます。

デスクトップ型PCのMac Pro・Mac miniとは?

iMacとは異なり、ディスプレイを別途用意しないといけないデスクトップ型PCにMac ProとMac miniがあります。

Mac Proはその形状からネットで、チーズおろし器とも言われてしまいましたが、非常にハイスペックで拡張性の高いタワー型デザインのパソコンです。

Mac miniに関しては、パソコン本体もとてもスタイリッシュでおしゃれなデザインになっています。詳しいスペックについては、次にiMacと比較しながら紹介します。

iMac 4つのモデル!どんな方にオススメ?

ディスプレイ一体型デスクトップPCのiMacには、「21.5インチiMac」「21.5インチiMac(4K)」「27インチiMac」「iMac Pro」の4種類が現在販売されています。デスクトップPCのMac proとMac miniとも比較した詳細なスペックは下記の通りです。

  21.5インチiMac 21.5インチiMac(4K) 27インチiMac iMac Pro Mac Pro Mac mini
画面 21.5インチ 21.5インチ 27インチ 27インチ
サイズ 52.8 × 45.0 × 17.5cm 52.8 × 45.0 × 17.5cm 65.0 × 51.6 × 20.3cm 65.0 × 51.6 × 20.3cm 65.0 × 51.6 × 2.03cm 19.7×19.7×3.6cm
重量 5.44kg 5.48kg 8.92kg 9.7kg 18.0kg 1.3kg
解像度 1,920 x 1,080 4,096 x 2,304(4K) 5,120 x 2,880(5K) 5,120 x 2,880(5K)
ディスプレイ ディスプレイ Retina 4Kディスプレイ Retina 5Kディスプレイ Retina 5Kディスプレイ
CPU世代 第7世代 第8世代 第10世代 第10世代 第10世代 第8世代
CPU型式 Core i5 2.3GHz Core i3 3.6GHz/Core i5 3.0 GHz Core i5 3.1GHz/Core i5 3.7GHz/Core i9 3.6GHz Intel Xeon Wプロセッサ Core i5 2.3GHz Core i3 3.6GHz
CPUコア数 2コア 4コア/6コア 6コア/8コア/10コア 8~18コア 6コア/8コア/10コア 4コア
RAM 8GB 2,133MHz DDR4 8GB 2,400MHz DDR4 8GB 2,666MHz DDR4 32GB 2,666MHz ECC 8GB 2,133MHz DDR4 8GB 2,666MHz DDR4
SSD容量 256GB 256GB 256/512GB 1TB 256/512GB 256GB
価格 120,800円~ 142,800円~ 194,800円~ 558,800円~ 599,800円~ 82,800円~

※スマホの方は、表が横にスライドできます。

iMacのメリット

iMac②
※出典元:Mac – Apple(日本)

iMacはデスクトップPCなので、MacBookと違って持ち運ぶことはできないが、それでも多くのメリットがあります。

1. 画面が大きく作業しやすい

画面が大きく作業しやすい

※出典元:iMac Proを購入する – Apple(日本)

iMacだけではなく、デスクトップPCのメリットにはなるが、ノートパソコンと異なり画面が大きいためとても作業しやすいです。複数のウィンドウを開いたり、2つアプリを同時に開いて使えたり、作業効率を高める方法はさまざまです。

2. 画像がキレイ

Macは綺麗

21インチの上位モデルと27インチモデルはRetinaディスプレイを採用しているので、iMacの中でも21インチの上位モデルや27インチの画像はとてもキレイです。特に27インチは5Kに対応しているため、他のパソコンと比較すると段違いのキレイさです。

画質がキレイだと、目が疲れにくく、より集中して長い作業を行うことができるメリットもあります。毎日仕事でパソコンに向かう時間が多くて目が疲れるなーと感じる方は、より画質がキレイなiMacに替えてもいいかもです。

3.コスパがいい

iMacの下位モデルとMacBookの下位モデルを比べると、CPUの性能は多少iMacが劣るが、グラフィック性能やカスタマイズ面で優っており、それでいて5万円ほどiMacの方が安いため、コスパがとても良いです。

iMac ProとMac Proのメリット

iMac ProとMac Proは完全にプロ仕様のデスクトップPCです。Officeソフトを使ったり、インターネットを見るだけなどの普段使いにはオーバースペックかも知れません。

1. とにかく性能が最強すぎる

iMac Pro・Mac Proともに約60万円以上もするだけあって、圧倒的なスペックです。3.0GHz 10コアIntel Xeon Wプロセッサ、64GB 2,666MHz DDR4 ECCメモリ、Radeon Pro Vega 56、1TB SSDとなっています。Xeonプロセッサはスーパーコンピューターでも採用されています。

動画の書出がMacBook Proの5分の1以下で、どれだけのアプリを同時に開いても遅くなることがないくらい、快適なPCライフを送れます。また、冷却装置も優秀で熱くなることがほとんどありません。

2. 画像がキレイすぎる

iMac綺麗すぎる

※出典元:iMac – Apple(日本)

iMacに関しては10億色に対応しているRetina 5Kディスプレイがキレイすぎます。一度使ってしまうと、他のパソコンが使えないくらいキレイです。
画質だけではなく音質も優秀です。たかが内蔵スピーカーだと思うかもだが、特別なスピーカーを搭載しており、重低音も素晴らしく音質はとても良いです。もちろん外付けのスピーカーは必要ありません。

勿論、MacProも最大6台の4Kディスプレイ、2台の5Kディスプレイ、または2台のPro Display XDRに対応しているので、ディスプレイを用意すればキレイにご覧いただけます。

3. 十分な接続と拡張性

十分な接続と拡張性

※出典元:iMac Proを購入する – Apple(日本)

3.5mmヘッドフォン、SDXCカードスロット、USB3×4、Thunderbolt3(USB-typeC)×4、10Gb Ethernetなど、iMac Proには十分なくらいのポート数があります。拡張ハブは必要ないでしょう。

4. 美しすぎるスペースグレー

美しすぎるスペースグレー

※出典元:Apple公式HP

iMac Proのデザインに惚れて購入した方は少なくないのではないでしょうか。スタイリッシュなフォルムに美しすぎるスペースグレーの筐体色‥‥一目見て圧倒的な存在感に驚く方も多いでしょう。周辺アクセサリーも全てスペースグレーであり、置いておくだけで最高のインテリアです。

Mac Proをいろんなところに置いてみよう!

Mac Pro

※出典元:Mac Pro – デザイン – Apple(日本)

iPhoneかiPadのSafariブラウザから、Appleのホームページを見ると、AR(拡張現実感)でMac Proが置けるのをご存知でしたか?

道路にも置けます。

Mac Proをどこにでも旅させられます。

空も飛べます。

どの角度からも確認できます。このようにARを使うと、ご自宅に置けるかどうか、買う前に確認ができます。

Mac miniのメリット

Mac mini

※出典元:Mac mini – Apple(日本)

デスクトップ型のMac miniにもメリットがあります。

1. とにかく安い

第8世代Intel Core i3プロセッサ、Intel UHD Graphics 630、8GB 2,666MHz DDR4、128GB 超高速SSDストレージなどといった、そこそこのスペックのMacを約8万円で手に入れることができる点は魅力です。

ただし、ディスプレイやキーボードなどを別途用意しないといけないため、新しく買いそろえる場合結局のところ高くなってしまいます。今までもデスクトップPCを使っており、周辺機器が揃っている方には特にオススメです。

2. コンパクトかつポート数充実

Mac miniの端子

※出典元:Mac mini – Apple(日本)

デスクをもっとスッキリさせたい方にはMac miniのコンパクトさは魅力でしょう。ただ小さいだけではなく、ノートパソコンのMacBook Proには2ポートしかないのに対して、Mac miniには4つのThunderbolt 3だけではなく、USB3.0やHDMI・Ethernetポート・イヤホンジャックなどポート数がとても充実しています。

初代のMacは?

初代マッキントッシュ

Macの初代は、Apple Macintosh(アップル マッキントッシュ)です。1984年1月24日(火曜日)にスティーブ・ジョブズが個人向けに低価格にも関わらず、描写性能を重点に置いた設計のパーソナルコンピューターが発表されました。

当初名称は、「Apple Macintosh」でしたが、512Kという拡張版の発売に伴い、「Macintosh 128K(マッキントッシュ 128K)」と再命名されています。

発表もAppleの定時株主総会でスティーブ・ジョブズが、マッキントッシュをバッグから取り出し、「Hello!」と文字を出しながら合成音声でのスティーブ・ジョブズを紹介するパフォーマンスが話題となりました。初代Macは飛ぶように売れたようです。そのお値段、現在の価格で日本円にして66万円です。

40年近く前に発表され、名前と形を変えていき、今の形に辿り着きました。

まとめ

今回の記事では、「そもそもMacとWindowsはどのような違いがあるのか」からMacの種類や性能の比較を行いました。

上記を見てわかるように、iMac ProとMac Proは価格もスペックもずば抜けています。デスクトップ型のiMac・iMac Pro・Mac Pro・Mac miniそれぞれに向いている方をまとめてみました。

Macの種類 サイズ どのような方向けか?
iMac 21.5インチ officeやウェブサイト閲覧などの日常使いがメインであり、画像や動画の編集もあまり行わない方向け。
iMac(4K) 21.5インチ 写真編集をすることが多い方向け。
iMac 27インチ 動画編集を行う方向け。
iMac Pro 27インチ 完全にプロ仕様。動画編集者や3Dアニメーターなど、繊細で膨大な量のデータを使い続ける方向きであり、少しでもパフォーマンスが欲しいユーザーにオススメ。
Mac Pro iMac Proより少し性能は落ちるが、一体型ではなく、自分好みのデバイスを使いたい方にオススメの完全プロモデル。
Mac mini コンパクトにまとめたい方、ディスプレイやキーボードなどがあり安くMacを使いたい方にオススメ。

※スマホの方は、表が横にスライドできます。

Apple製品についてお悩みやお困りごとがございましたら、ぜひノジマへご相談ください。

ノジマのApple取扱店はこちらです。

この記事は2020年9月時点の情報を元に更新されています。

関連記事

ペンタブおすすめ5選!ワコムの液タブ&板タブの初心者向けの選び方をご紹介【2020年8月版】

最新Mac OS Catalinaにアップグレードする際の注意点!Catalinaの読み方は?

iPhoneを買うならどれが一番おすすめ?最新モデル徹底比較!

【まとめ】最新iPhoneは?歴代iPhoneと比較して何が違う?

AirPodsの片方が聞こえない…故障? それとも…対策・対処法はどうすればいい?

AirPods Pro(エアーポッズ プロ) & AirPods(エアーポッズ) 第1世代と第2世代との違いとは?最新徹底比較まとめ

今さら聞けないiPhoneのギガ節約ライフハック 23の方法

iPhone iOS13 新機能 ダークモードとは?新しい壁紙も対応!

Appleがゲーム業界に参入!Apple Arcadeとは?やり方は?対応機種は?

Apple Pencil対応は?使い方は?第2世代と第1世代の違いは?

Apple Watch 最新シリーズ6まで徹底比較まとめ!シリーズ3 or SEなにが買いなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は役に立ちましたか?

ピックアップ

  • ノジマあんしん出張設定サポート

    パソコン・スマホのお困り事は出張設定で解決いたします!

  • ネットでお買い物するならノジマオンライン

    ネットでお買い物するならノジマオンライン

  • ノジマがおススメする高品質・高速な@nifty光

人気記事ランキング